嫁入り道具の片付け◆お金と体力の不安を、行動することで減らしていく

スポンサードリンク



はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

「捨てる物ではなく、残したいものを選ぶ。」片付け関係の本などで度々目にしてきた言葉ですが、私には、残す物より捨てる物を選ぶ方が易しいです。

それでも迷ったのが、親が用意してくれた嫁入り道具でした。それらの断捨離、第2のスタートを切りました。

●嫁入り道具。これまで捨ててきたものと、これから捨てていくもの
●嫁入り道具を捨てることに抵抗が無くなってきた理由
●お金の不安、体力の不安、行動することで減らしていくことが出来る

この順番で書いています。


嫁入り道具の断捨離 座布団箱 (14)

1年目2年目の片付けで、満杯だったこの場所もだいぶスッキリしてきました。残っているのが嫁入り道具の一部です。

客用布団は処分し終えました。だいぶ迷いましたが、何に困っているかを考えながら、決めてきました。

嫁入り道具の断捨離 座布団箱 (16)


嫁入り道具。これまで捨ててきたものと、これから捨てていくもの


嫁入り道具と言われる物のうち捨ててきたのは、布団、ピアノ、ローボード、テーブル、食器棚、食器、まだ使えた家電(ミシン)などです。(壊れた家電などは除外しています)

この先は、屋根裏部屋や納戸に入れたままになっている別のものと、着物を処分していこうと思っています。

和ダンスは着物以外の整理が進んで、引き出し3段分はすでに空っぽになっています。

こんな記事も書いています。

→押入れの片付けの順番、5ステップでスッキリ◆椅子を持ってこないと届かない場所は無い場所と思おう。


嫁入り道具を捨てることに抵抗が無くなってきた理由


座布団の箱の底に見えている白いものは、樟脳が入っていた袋です。

ちょっと気持ち悪い画像ですみません。先に座布団を投げたのでこうなりました。

嫁入り道具の断捨離 座布団箱 (2)

丈夫に作られているとはいえ、27年も前のものなので衛生面でかなり不安でした。これで、ストレスがまたひとつ解消されます。

抱えておりることは出来なかったので、座布団を先に落とし、その上に箱を投げ落としました。

(*マスクは必須ですね。花粉症対策のメガネを持っておられる人は、こういう場所の片付けの際、使った方が良さそうです。とても痒かったです)


~体力気力の衰えをますます実感するようになった~
親への申し訳なさは今もあるし、置いておく場所もある。

それでも捨てていこうと決めたのは、布団を捨てた頃より体力が落ちているのを実感しているからです。わずか2年のことですが、やはり違います。

「何時か使うかも」という気持ちより、「いつ捨てに行く体力気力が失せるかわからない」という不安の方が、上になってきました。

自分で出来るだけ減らしておきたいです。

残してしまったものをいずれ処分するのは娘であり、その際に必要なのはお金だけではないと、自分の経験からもわかっているからです。


~必要なものが何か、判断しやすくなってきた~
今回は、屋根裏部屋に収納していた座布団の箱だけを捨てます。

座布団だけを残すのは、息子の7回忌までは親戚を呼ぼうと思っているのと、月一回ご住職をお迎えする際に、そのうちの数枚は使っているから。

箱だけを捨てるのは、大きくて扱い辛かったのと、これさえ捨てれば、断捨離で空いた二つの押し入れ内のスペースに収納することが出来るからです。


押入れ 

座布団を箱に入れず、すぐ出せる押入れに収納しておけば、屋根裏部屋にあった時より手入れも楽。

干す→取りこむ→収納するという一連の作業が、断然しやすくなると思います。


お金の不安、体力の不安、行動することで減らしていくことが出来る


お金の不安、体力の不安、行動することで減らしていくことが出来ると思っています。


●何時か使うかもの、「何時か」を、具体的に考えること。
●親や物に対する罪悪感も、使うことで減らせると思うこと。


レンタルすれば、座布団1枚3日で500円程度が相場のようです(座布団の種類や数によって違う)。手入れして持ち続けるか、捨てて必要な時だけ借りるかは、自分のライフスタイルと照らし合わせての判断になりますよね。

お布団の方がレンタルするにも高額ですが、使う可能性はわが家の場合もうかなり低いです。

右手が使いずらい私には手入れも大変なので、どうしても必要になった時は買うか借りると決め、処分しました。

対して座布団は、普段も使っているものもあるのと、手入れも布団ほど大変ではないので、今回は残しておくことにしました。

箱を捨て屋根裏から押入れに移せたことで、それまでより使いやすくなり、身近なものになりました。

週明け、ゴミ処理センターへ運びます。

ブログ村テーマ
捨てても、大丈夫だったもの。
50代を考え暮らす
幸せについて
 
自分のものだけでなく、親の家のことも気になるし、子供が結婚するとなればまた考えねばならないことが増えます。考えねばならないことは、少しずつでも減らしておきたいです。




書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク

原田さよ

片付けられなかった経験をもとに、物を減らしてゆったり暮らせるようになった過程や、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

服や雑貨をご提供いただいています

PLSTオンラインストア

オンワードクローゼット、楽天のショップからも一部の商品をご提供いただいています。

最新記事

トラブル?認知症の義母がデイサービスで問題をおこさないようこんな対応をしています Jan 15, 2021
来客用の食器を捨てても困らなかった、私のやり方と考え方 Jan 13, 2021
頑固な高齢の親とのつきあい方 Jan 11, 2021
みんなに教えたくなる美味しいもの。巣ごもり生活にもぴったり Jan 09, 2021
片付け下手でも緊急事態宣言であわてない。トイレットペーパーや食材のストック方法 Jan 07, 2021
キッチン快適!キャンドゥの白黒キッチンスポンジとかや織ふきん、おすすめです Jan 06, 2021
【固定記事】50代、もう着てはいけなかった服 Jan 04, 2021
苦手でもできた【書類の断捨離】紙も情報もためないコツ Jan 03, 2021
ブログに欠かせなくなった意外なもの Jan 02, 2021
帰省中ですか?長男の嫁は辛い。でも迷いを手放していく1年にします!今年もよろしくお願いします。 Jan 01, 2021

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る