こんまり片付けで救われました。食器を捨てるとき今も続けているのはこのやり方

スポンサードリンク





プロフィール・ブログ村       

こんまりさんの「ときめき片付け」で食器を整理してみた


もう嫌になってしまった食器を捨てました。嫌になったというより飽きてしまった食器です。この気持ちは、こんまり(近藤麻理恵さん)流片付けでいうところの「ときめき」がなくなった状態です。

私は、こんまりさんのこの「ときめく」か「ときめかないか」という物の分けかたに救われました。



大々的に家の片付けをはじめた8年前、すでにこんまりさんの片付け方は広まっており、私も著書を拝読して真似してきました。

はじめのうちは、この「物にときめく」という感覚はなかなかつかめませんでした。それが、片付けを続けて多くの物にふれるうち、少しずつ理解できるようになりました。

今日は、こんまりさんの片付け方に救われてきた私が、食器を捨てるときに今も続けている2つのことについて書きます。


目次
好きだったはずの食器に飽きたときにしている2つのこと
食器の片付けはどのようにしてきたか
使わないのに持ち続けていた理由を知ると、捨てる自分を許せるようになる
 ▶結婚するときに実家で寄せ集めた頂き物の良い食器
 ▶結婚後すぐ同居し、嫁姑で集めたパン祭りの白い食器
 ▶地元の銀行からもらう景品の食器
終わりに

食器整理イメージ ガラス食器と白いお皿
*2019年10月17日更新、2022年4月17日加筆更新


好きだったはずの食器に飽きたときにしている2つのこと


今回の食器の処分も、もったいないとはもう思いませんでした。

限られたスペースには、好きな食器だけをいれておきたいという思いが強くなっているからです。

そう思えなくなった食器を捨てる前にしていることが、2つあります。


●最後にもういちど使う
●不燃ごみ用の袋にいれるとき「ありがとうね」と声に出して言う


「ありがとうね」と本当に声に出していうと、心が軽くなります。捨てる罪悪感は消え、サッパリします。

最後にもういちど使うのもそう。”物に感謝してお別れする”というこんまり流(近藤麻理恵さん)の片付け方を、今も参考にさせてもらっています。


 

食器の片付けはどのようにしてきたか


50歳で重い腰をあげ家じゅうの大片付けををはじめた頃、食器は、狭いキッチンに収まりきらないほどの数になっていました。

そのため、入りきらない食器を押入れや納戸にも収納していました。

量が多かった食器ですが、服や本に比べると、整理するのはさほど迷わなかったです。自分が好きな食器はごく一部だったからです。



2014年、はじめの頃の記事はこちら。

キッチンの片付けてアクセスの多い記事はこちらです。


ときめかない食器を捨てる断捨離1


使わないのに持ち続けていた理由を知ると、捨てる自分を許せるようになる


使わないのに持ち続けていた食器には訳があったと、片付けている最中に気付きました。

母が私のために用意してくれたから。頂きものだったから。欲しくてもお金に余裕がなくて好きな食器を買えず、間に合わせのもので我慢していたから。

捨てられなかった理由に気付くと、自分のことも少しずつ許せるようになりました。



結婚するときに実家で寄せ集めた頂き物の良い食器


好みではありませんでしたが、母の思いを遮ることはできませんでした。

田舎に嫁いで同居するためトラック3台分の嫁入り道具を持たせてくれた両親に、中身のすべてを私の思うようにしてほしいなどと願うことはできなかったのです。当たり前ですよね。



結婚後すぐ同居し、嫁姑で集めたパン祭りの白い食器


シールを集めていただいた白い食器は使い勝手がよく、重宝しました。

でも、本当にその食器を欲しかったからパンを買ってシールを集めたのではありませんでした。

ギクシャクしがちな同居で話のネタとして利用したり、シールのマスを埋めていく小さな達成感を得たりするために役立てていたのでした。



地元の銀行からもらう景品の食器


夫の実家で同居した5年半、地元の銀行で少額の積み立てをいくつもしていました。満期がくるたび乗り換えたので、よく小さなお皿やお湯のみをいただきました。

でも、申し訳ないのですが景品でもらった食器は全く好みではありませんでした。



このように考えながら食器を整理しているうちに、本当は自分がどんな食器を使いたいか、どういうものなら使いやすいかということもわかってきました。

55歳で再び同居をするためにしたLDKのリフォーム。

そのとき、食器棚の大きさをそれまでの半分以下にし、使い続けたい食器だけを残したのでした。

ARABIA アラビアエステリボウル (3)

終わりに


「ときめかなくなった」とか「飽きてしまった」とかいう理由だけだとたしかに捨てにくいです。

それでも、この先の暮らしでは、そのときの自分が好きな食器を使ってご飯を食べたいです。そのためにときどき見直して、ときめく食器棚にしておきたいです。

2つのブログランキングに参加しています。

次のバナーにクリックしていただくと更新の励みになり嬉しいです。いつも応援してくださってありがとうございます!

シニアライフ人気ブログ、ランキング1位は
 



ブログ村ハッシュタグ
#50代からの片付け
#50代からのシンプルライフ
#わが家の家計簿
#50代からのファッション
#髪が痛まない白髪染め




書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

原田さよ

整理収納の基本、ものを減らしてゆったり暮らせるようになったこと、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
整理収納アドバイザー1級
生前整理アドバイザー1級
FC2ブログ公式ブロガー

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

PVアクセスランキング にほんブログ村

月1回のペースで片付けセミナーを開催しております。少人数制のため、おひとりおひとりのご質問にもお答えしやすい環境です。
みなさまのご予約をお待ちしています。

*終了しました。1年間、ありがとうございました。次回のセミナーが決まりましたら、またお知らせいたします。2022年6月25日

最新記事

人は見た目で決まる Jun 30, 2022
ついていけるか?義母の変化、孫の変化、私どうする? Jun 28, 2022
50代でも遅くなかった、はじめて良かったこともあった Jun 27, 2022
憧れる60代ブロガーさんのことと、私の今後と Jun 25, 2022
洗濯OK夏も安心。プチプラ大人Tシャツと、つば広帽子で楽しもう Jun 24, 2022
結婚した娘とは、距離を取りながら仲良くするのが理想 Jun 23, 2022
この化粧水と乳液は、がんばる主婦の強い味方 Jun 22, 2022
亡くなった子の家具を捨てる前にしたこと Jun 21, 2022
親の家の片付け。私がしないと決めていること・続けていくこと Jun 20, 2022
着物買取、やっと終了、びっくりするほど価格が低い? Jun 19, 2022

気になるタグで記事を検索

月別アーカイブ

 

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る