*当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

こんまり片付けで救われました。食器を捨てるとき今も続けているのはこのやり方

3/30(土)オンライン講座(NHKカルチャー)を開催します。人生後半を身軽に暮らしたい人に向けて、片付けの順番や迷ったときの対処法などを具体的にお伝えする内容です。ぜひご参加ください。

「何歳からでも始められるシンプルライフ」
お申し込みはこちら(NHKカルチャーのサイト)
詳しい内容はこちら(このブログの記事に飛びます)

こんまりさんの「ときめき片付け」で食器を整理してみた


もう嫌になってしまった食器を捨てました。嫌になったというより飽きてしまった食器です。この気持ちは、こんまり(近藤麻理恵さん)流片付けでいうところの「ときめき」がなくなった状態です。

私は、こんまりさんのこの「ときめく」か「ときめかないか」という物の分けかたに救われました。



大々的に家の片付けをはじめた8年前、すでにこんまりさんの片付け方は広まっており、私も著書を拝読して真似してきました。

はじめのうちは、この「物にときめく」という感覚はなかなかつかめませんでした。それが、片付けを続けて多くの物にふれるうち、少しずつ理解できるようになりました。

今日は、こんまりさんの片付け方に救われてきた私が、食器を捨てるときに今も続けている2つのことについて書きます。


目次
好きだったはずの食器に飽きたときにしている2つのこと
使わないのに持ち続けていた理由を知ると、捨てる自分を許せるようになる
 ▶結婚後すぐ同居し、嫁姑で集めたパン祭りの白い食器
 ▶地元の銀行からもらう景品の食器
終わりに

食器整理イメージ ガラス食器と白いお皿
*2019年10月17日更新、2022年4月17日加筆更新


好きだったはずの食器に飽きたときにしている2つのこと


今回の食器の処分も、もったいないとはもう思いませんでした。限られたスペースには、好きな食器だけをいれておきたいという思いが強くなっているからです。

私は今、食器を捨てる前にしていることが2つあります。


●最後にもういちど使う
●不燃ごみ用の袋にいれるとき「ありがとうね」と声に出して言う


「ありがとうね」と本当に声に出していうと、心が軽くなります。捨てる罪悪感は消え、サッパリします。

最後にもういちど使うのもそう。”物に感謝してお別れする”というこんまり流(近藤麻理恵さん流)の片付け方を、今も参考にさせてもらっています。


 

使わないのに持ち続けていた理由を知ると、捨てる自分を許せるようになる


使わないのに持ち続けていた食器には訳があったと、片付けている最中に気付きました。


✔母が私のために用意してくれたものだから
✔頂きものだったから捨ててはいけないと思っていた
✔欲しくてもお金に余裕がなくて好きな食器を買えず、間に合わせのもので我慢していたから


もうこう言う思い込みは捨てていいと考えました。自分が抱えていた思い込みは、人のためのものだからです。

捨てられなかった理由に気付くにつれ、自分のことも許せるようになりました。思い込んでいて捨てられなかった食器を手放し、今ほんとうに使っている食器だけにしたら、出し入れがラクになりました。



結婚後すぐ同居し、嫁姑で集めたパン祭りの白い食器


シールを集めていただいた白い食器は使い勝手がよく、重宝しました。

でも、本当にその食器を欲しかったからパンを買ってシールを集めたのではありませんでした。

ギクシャクしがちな同居で話のネタとして利用したり、シールのマスを埋めていく小さな達成感を得たりするために役立てていたのでした。



地元の銀行からもらう景品の食器


夫の実家で同居した5年半、地元の銀行で少額の積み立てをいくつもしていました。満期がくるたび乗り換えたので、よく小さなお皿やお湯のみをいただきました。

でも、申し訳ないのですが景品でもらった食器は全く好みではありませんでした。



このように考えながら食器を整理しているうちに、本当は自分がどんな食器を使いたいか、どういうものなら使いやすいかということもわかってきました。

ARABIA アラビアエステリボウル (3)

終わりに


「ときめかなくなった」とか「飽きてしまった」とかいう理由だけだとたしかに捨てにくいです。

それでも、この先の暮らしでは、そのときの自分が好きな食器を使ってご飯を食べたいです。これからもときどき見直して、「ときめく食器棚」にしておきたいです。

2つのブログランキングに参加しています。下のバナーにクリックしていただくと更新の励みになり嬉しいです。

シニアライフ人気ブログ、ランキング1位は
 

ブログ村ハッシュタグ
#50代からの片付け
#50代からのシンプルライフ
#わが家の家計簿
#50代からのファッション
#髪が傷まない白髪染め


読者登録バナーもご利用ください。更新のお知らせが届きます。

2冊目となる書籍を発売中です。人生後半を身軽に暮らしていきたいという人に向けて書きました!年齢を重ねていても片付けが苦手でも、変えていくことができます。30代や60代の人からも「わかりやすかった」という感想をいただいています。手にとっていただけると嬉しいです。
記事:今の暮らしを変えて、人生後半を身軽に楽しく生きる

:::

原田さよ

PVアクセスランキング にほんブログ村人気ブログランキング

考・衣・食・住、すべてをシンプルに。片付けやすい順番や罪悪感のないものの減らし方、家族のだれもがわかりやすい収納、身体も心もラクでいられる家事のやり方について書いています。少ない服でも楽しめる着回しの工夫なども。
ものを減らしてゆったり暮らせるようになりました。自分に使える時間が増えたことが一番嬉しいです。

整理収納アドバイザー
住宅収納スペシャリスト
生前整理アドバイザー1級


くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『エッセオンライン』
『毎日が発見ネット』

最新記事

親の家の片付け、成功のカギは意外なこと Feb 25, 2024
婚礼家具の処分、私がしてきたこと Feb 23, 2024
ああすっきり。50代60代の片付け、先延ばししないための2つのコツ Feb 22, 2024
真似したい、70代お洒落な人 Feb 20, 2024
心が満たされる、楽天お買いものリスト(美味しいもの・家事をラクにしてくれるもの・PR) Feb 19, 2024
やって良かった!古いアルバムの整理。お金がかかっても節目写真館を選んだ理由と片付けの順番 Feb 17, 2024
可愛いだけじゃない、セリア北欧柄のキッチンガードが使いやすい理由 Feb 15, 2024
お知らせ Feb 13, 2024
思い出のものの整理をすすめて大満足、その理由は Feb 11, 2024
60代、友達から学ぶ年金生活の未来 Feb 10, 2024

気になるタグで記事を検索

ページトップへ戻る