スポンサードリンク

  • 息子の部屋を出産後の娘が帰ってきたときに使う部屋にするため、さらに片付けました。最後まで迷ったベビーダンスも、解体して処分することにしました。▶亡くなった子の家具を捨てる前にしたこと中身を出して空っぽにし、しばらく置いていたそのタンス。日曜はいよいよ外へ出すことに。家具がなくなり、片側は壁だけに。これで、娘たち3人分の布団は敷けそうです。息子のタンスはそのままでは一階へ降ろせないので、お婿さんに手伝... 続きを読む
  • 9年前に亡くなった息子のベビーダンス。その中にあった衣類やおもちゃなどを全て出し、中をからっぽにしました。この部屋を有意義に使おうと思い、遺品整理を再開したかっこうです。家具を捨てる前にしたのは、途中で挫折しないよう、目標をたしかめることでした。▶過去記事とプロフィールはこちら・ブログ村このベビータンス。地元でどなたかにもらっていただけないかということも考えました。ですが、ジモティーで調べると、現実... 続きを読む
  • 息子は入所して8ヶ月後の5月下旬に亡くなりました。先日、9回目の命日を無事に迎えることができ、ホッと一息ついているところです。ここまでを長く感じますトップの画像は、9年前に購入した仏壇の棚のようす。毎年この日だけは、特別に息子が好きだったお菓子もお供えしています。息子には重い知的障害がありました。ブログ村ではこんなテーマの記事も集めています。障害のある子と暮らす家族の記事に興味を持ってくださった方は、... 続きを読む
  • 夫婦で決めた、息子の遺品の残し方・手放し方息子が生きていたころ家族で行った水族館に、23年ぶりに行ってきました。物があってもなくても思い出は心の中にしっかり残っているというのを、あらためて確かめたくなったからです。息子の遺品整理をさらにすすめようと考えていて、思いつきました。来年の5月がきたら、亡くなってちょうど10年になります。その節目と、もうひとつの目的に合わせ、最後に残した息子の家具(タンス)を... 続きを読む
  • 昨日ご紹介したリペアトリートメントを、多くの方に購入していただいたことがわかりました。ありがとうございます。髪が決まると一日気分がいいですよね。お気に入りになりますように。これなら納得、髪がまとまり艶が出るトリートメントどこまでお金をかける?年齢を重ねた髪の悩み 髪の状態が悪くなりボリュームが減ると、白髪もそれまでより目立つように感じるもの。髪の衰えは顔の衰えより他人から見てもわかりやすいと思いま... 続きを読む
  • 息子の命日が来るということで、お経をあげに来ていただきました。毎月、月命日に合わせてお経をあげてもらっているのですが、今月は祥月命日にあたります。お供えするものは普段とはちがう、息子の好物にさせてもらいました。飲み物のたぐいをお供えするのも、この日だけです。息子は缶コーヒーが大好きでした。2013年の5月に亡くなって8年。今日は、この8年で私のどういう面が変わってきたかについて書いてみたいです。あのとき... 続きを読む
  • 息子が亡くなってまる7年。今日27日は月命日です。そんな日の早朝に考えたことを書きました。ゆうべのtweet。息子が発する言葉の意味。重い自閉症だった息子は 5歳か6歳ぐらいまでは1語文がありました。「ちょうだい」とか「ジュース」とか本当に少しだけ。あとは、コマーシャルのフレーズを真似していうような自閉症児に特徴的なものも。でも養護学校に入る頃には、完全に言葉はなくなりました。言いたいことがあるときは、そばに... 続きを読む
  • 今日は、息子の部屋の片付けをしていて気づいた、私がどうしても捨てられなかったものと、あらたに捨てはじめたものについて書きます。ズボラだけどせっかちな私の欠点であり長所でもあると思えるのが、「ずっと気になってウジウジしているぐらいならサッサと動いてみよう」と、考え続けるのをやめて行動に移してしまうところです。ただ、思い出の品だけはそうはいきませんでした。とくに亡くなった息子のものはそうです。夫も娘も... 続きを読む
  • まもなく息子の5回目の命日が来ます。そろそろ処分しようと思って久しぶりに手をつけたのは、私が息子の障害についての資料を集め、スクラップしていったファイルです。28年前はまだネット環境が今のように整っていませんでしたから、なんでも紙で残すしかありませんでした。捨てにくいものにも、優先順位を睡眠時間や食事、その日の機嫌、発作の有無などを記録したグラフや日記など、自分で直接書いた物は、まだ見ることができて... 続きを読む
  • 今日は、息子と私と鯉のぼりにまつわる思い出を整理したことと、そうしようと思った理由について『毎日が発見ネット』のコラムに書いたことをご報告します。毎日が発見ネットのコラムはこちら。ぜひごらんください。↓「亡き息子との思い出を整理。『過去を生きる』のをやめるためにはじめたこと/原田さよ」鯉のぼりを寄付私の息子は重度の知的障害を持っていました。その子が亡くなったのが、5年前の5月でした。数日前、両親が息... 続きを読む

スポンサーリンク

原田さよ

PVアクセスランキング にほんブログ村

整理収納の基本、ものを減らしてゆったり暮らせるようになったこと、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
整理収納アドバイザー1級
生前整理アドバイザー1級
FC2ブログ公式ブロガー

くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『エッセオンライン』
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」


月1回のペースで片付けセミナーを開催しております。少人数制のため、おひとりおひとりのご質問にもお答えしやすい環境です。
みなさまのご予約をお待ちしています。

*終了しました。1年間、ありがとうございました。次回のセミナーが決まりましたら、またお知らせいたします。

最新記事

50代、変えたらラクになったもの4つ【楽天やアマゾンで買える】 Oct 05, 2022
なぜ一度失敗した同居にまたトライしたか Oct 04, 2022
50代。時間とお金を有効につかうため、やめて良かったこと Oct 02, 2022
50代で捨ててよかった大きなものと、9月の人気記事 Oct 01, 2022
ふだん使いのロングカーディガンを120%生かしたい 50代シンプルコーデ Sep 30, 2022
嫁として軽蔑されてもいい。名もなき介護でも、調査のときありのままに伝えた理由 Sep 29, 2022
遅ればせながら、アラビアのお皿の良さを知りました。ふつうのご飯が美味しく見える気がします Sep 28, 2022
こんな家族とは離れたいと思ったときは Sep 27, 2022
また強い頭痛と吐き気でダウン、これからの対策は Sep 26, 2022
もう頑張らない、親のことも自分のことも Sep 24, 2022

気になるタグで記事を検索

利用した着物の出張買取

月別アーカイブ

 

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る