*当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

50代60代、そろそろ収納は安全でわかりやすい形へ変えていく

///

50代60代、収納は安全でわかりやすい形へ変えていく


年齢を重ねていくこれからの収納をラクにするポイントについて、文字入りの画像も作り、それを説明するかたちでまとめました。

収納の基本は、これまでもお伝えしてきたように…

■使っている場所の近くで収納する
■なにかをするとき使うものを、グループでまとめて収納する
■使用頻度が高いものほど、使いやすい場所に置く


この基本をおさえたうえで、50代以降の収納で気をつけてほしいことは以下の通り。

●面倒くさくない収納にする
●家族もわかりやすい収納にする
●危なくない収納にする


文房具 9

面倒くさくない収納にする


出したままのものが増えてきて、欲しいときに欲しいものがさっと見つからない、というようなことがおきていませんか。

これはもしかしたら、年齢を重ねたことで億劫になってきたことが原因かもしれません。現に私がそうなのてすよ。

たぶん頻繁に使うものほど、出しっぱなしになっているはずです。今までなら元の引き出しや棚に戻せたのに、それが面倒になってしまって出したままにしているというようなこと。

逆に言えば、頻繁に使うものなら出しっぱなしでもいいように置いておくのがいいでしょう。ただし、出しておくのは、本当によく使うものだけにします。

下駄箱 玄関 ファブリックパネル (1)
たとえばこちらは、下駄箱の上にまとめて置いている、認印や油性ペンの様子です。置き配が増えたとはいえ宅配の荷物を受け取ることがまだ多いわが家は、認印や油性ぺんをここにおいています。蓋つきの入れ物にではなく、トレーにそのまま。

このように、よく使うものを出しておく際も、収納の基本をおさえながら考えてみてください。

■使っている場所の近くで…(玄関で)

■なにかをするとき使うものをグループでまとめて…(宅配の荷物を受け取ったり、回覧板を回したり)

■使用頻度が高いものほど使いやすい場所に置く…(手がサッと出せる高さの下駄箱の上)
 

家族もわかりやすい収納にする


頻繁に使うものをまとめて出しておく場所は、家族がふだん長く居る場所の近くにするのがおすすめです。

「見えていること、種類でまとまっていること、手が届きやすいこと」を意識して収納していきます。

2023年リビング 文字入り3
足の悪い義母と同居しているため、リビングテーブルやラグは処分しました。

文房具 (7)
頻繁に出し入れしないものは、収納や引き出しの中に。こちらはリフォーム前の収納のなかですが、リフォーム後も基本は同じです。


●種類や目的で”グループ”にしてざっくりまとめ、見えるようにしておく

●使用頻度の高いものほど手が届きやすい位置に置いておく

頻繁に使うものも、それほどでもないものも、この2点を意識して収納しておけば、年齢を重ねてきても家族みんながわかりやすいです。


危なくない収納にする


危ない収納は、そろそろやめていきたいもの。危ない収納とは、無理な姿勢を取らないと出し入れできないような収納です。

脚立を持ってこないと手が届かない場所にある収納、天井の低い屋根裏収納や階段下収納などは、使いにくくなってきていませんか。

かがみこまないといけない床下収納なども、辛くなってきていると思います。

玄関と下駄箱の整理収納そうじ202105231
下駄箱の一番上の棚は、昔はいっぱい収納していましたが、整理を終えた今は空っぽのままにしてあります。

収納スペースに余白があっても、無理に入れる必要はありません。高い場所でも、ついつい何かを収納して置きたくなりますが、そのままにしておいてもいいのです。


手が届きにくい場所には、できるだけものを収納しなくていいよう、減らしていきたいですね。

どうしても減らせない場合は、そこには、滅多に使わないけれど置いておきたいものか、思い出の品などを入れておくといいと思います。

危なくないという意味でいえは、廊下や床に物を置きっぱなしにせず、なるべく広く開けておくことも大事です。躓くと危ないというのと、シンプルに「広い方が歩きやすい」ということがあるからです。



忙しい人ほど、時間を作って片付けの仕組みを作りよけいなストレスを減らす


整理収納というのは、暮らしをスムーズにするための手段にすぎません。けれど上手くやれていれば、家事や仕事がスムーズにできるようになってストレスが減るのはたしかです。

逆に言うと、忙しくてストレスが多い人ほど、整理収納をすすめて片付けやすくしておくのがいいということ。

探し物が多かったり同じものを買ってしまったりというのが無くなるだけで、時間の無駄が減ってきますから。



片付けやすいことで少しでも無駄が減れば、頑張っているその何かに、集中しやすくなります。

時間があるから片付けるのではなく、時間がなくて忙しいときほど余計なストレスを生まないよう片付けるのがいいと思うのです。

「なんだか最近、暮らしにくくなってきた」と思ったら、収納の見直しどきです。とくに年齢を重ねてからは、この見直しが大事になってきます。

気づいたら私も後回しにせず、わが家の収納を見直してみます。



読者登録バナーもご利用ください。更新のお知らせが届きます。

2冊目となる書籍を発売中です。人生後半を身軽に暮らしていきたいという人に向けて書きました!年齢を重ねていても片付けが苦手でも、変えていくことができます。30代や60代の人からも「わかりやすかった」という感想をいただいています。手にとっていただけると嬉しいです。
記事:今の暮らしを変えて、人生後半を身軽に楽しく生きる

:::

原田さよ

PVアクセスランキング にほんブログ村人気ブログランキング

考・衣・食・住、すべてをシンプルに。片付けやすい順番や罪悪感のないものの減らし方、家族のだれもがわかりやすい収納、身体も心もラクでいられる家事のやり方について書いています。少ない服でも楽しめる着回しの工夫なども。
ものを減らしてゆったり暮らせるようになりました。自分に使える時間が増えたことが一番嬉しいです。

整理収納アドバイザー
住宅収納スペシャリスト
生前整理アドバイザー1級


くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『エッセオンライン』
『毎日が発見ネット』

最新記事

固定記事②増えすぎたパスワードの整理の仕方、整理が必要な理由 May 10, 2025
片付けが最低だった私を救ってくれた May 21, 2024
ベッド下がカビだらけ?予防にはこの方法で。継続のコツは May 20, 2024
自分を良い状態にしておく。本田圭佑さんの言葉に励まされた日 May 19, 2024
親の家の片付け【大量の贈答品】姑の価値観にガツンとやられた件 May 17, 2024
実家の古いアルバムを整理してしまおう。その①まずはスペース作り May 16, 2024
昨日の記事につきまして/配信のお知らせ May 15, 2024
初めて明かす強気な人との付き合い方 May 14, 2024
貧乏な家は無駄な買いものが多い?私の無駄買いを防ぐお手軽な方法 May 13, 2024
古い家具でも売れる?リサイクル店で知った現実 May 11, 2024

気になるタグで記事を検索

ページトップへ戻る