さよのシンプルライフブログ (片付け・収納・家事) - 家事嫌いだけど世間体を気にする主婦が、捨ててラクになった考え2つ


家事嫌いだけど世間体を気にする主婦が、捨ててラクになった考え2つ

スポンサードリンク


家事が嫌いで下手な自分を許す


私は、「主婦というからには、家事が出来ないなんてこと許されない」と、ずっと自分をしばりつけてきました。

これは逆に言えば、家事のできない主婦を否定していたということ。自分が出来ないからこそ、相手が出来ていない部分も見えてしまうということ。

だれかを否定すればするほど、否定される側に回ることを極端に恐れるようになるんですよね。これは、家事に限らず言えること。

私はズボラでめんどくさがりで家事も下手なのに、自ら自分を追い込んでいたことになります。

でも長いあいだ、そのことに気付きませんでした。

旧ブログでこんな記事も書いています。


家事も自分も否定しないですむために捨てたこと


①隠れ完璧主義を捨てる(やめる)。

「いっしょにいると、完璧主義なところが気になって疲れる」と言われたことがあります。

私は見栄っ張りなゆえ手抜きやズボラを必死で隠していたため、気付かれなかったのだと思います。

でも、それも40代半ばくらいからしんどくなってきました。体力的にも精神的にも続かなくなってきたからです。

もう無理して”出来る主婦”を目指すのはやめることにしました。



②自分を良く見せようという考えを捨てる。

家事が下手でも家の中は回ります。ただ、スムーズに回らないというだけ。疲れるだけ。

この部分がひっかかるなら、自分が不得手だと感じていることから、ひとつずつ手放していけばいいと考えました。

最初にやってみたのが、日曜の夕食に出来合いの物を買ってきて出すという、今では笑えるくらい小さなことでした。

母がそういう物を食卓に出さない人だったため、なかなか出来なかったことなのです。力量が違うのに、私は自分を「良く」見せたくて、家族に対してさえも無理をしていました。


調理中

①隠れ完璧主義を捨てる(やめる)。
②自分を良く見せようという考えを捨てる。

こんなこと一つ変えるだけで、体だけでなく、気持ちが軽くなってきました。

「あっちもこっちも痛いし怠いし、日曜はラクすることにしたよ」と言ってしまう。これで責められることはありませんでした。

気にしていたのは、私だけだったということかもしれません。



今日の記事タイトルを見て読みに来てくださった方は、きっと私よりお若くて誠実な人が多いと思います。

お互い、肩の力を抜いて、目の前の気になっている部分からやっつけていきましょう。主婦を30年近くしてきてもダメな私がおります。でも、なんとかやれてますから。

関連テーマはこちら。人それぞれのやり方があって参考になります。

ブログ村テーマ
・ 家事が楽しくなるモノ・工夫

・ 暮らしになくても、なんとかなるもの

・ 捨てても、大丈夫だったもの


「読んだよ」の合図にでも下の2つのバナーをクリックして下さると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます。


書籍を出版いたしました。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。
お知らせ記事はこちらです。


amazon
今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ
楽天
今日からだれでも、片づけ上手。
kindle→  楽天kobo→


関連記事
スポンサードリンク

関連記事2