さよのシンプルライフブログ (片付け・収納・家事) - 【公開】 家事嫌いだからこそ使ってきた大掃除計画表


【公開】 家事嫌いだからこそ使ってきた大掃除計画表

スポンサードリンク

①家事嫌いだからこそ使う、大掃除計画表
②大掃除計画表2016
「実り多き人生」みのりさんの記事を参考に、チェック欄を改善
④苦手意識を利用する

この順番で書いています。


家事嫌いだからこそ使う、大掃除計画表


私は、家事全般苦手だし、出来ればやりたくないといつも思っているようなタイプです。でも、断捨離をしてきて、片づけよりは掃除の方が好きだということに気付きました。

掃除と片付けでは、踏まねばならないプロセスの数に違いがあるからだと思います。

コツコツとは出来ないので、夏前に中掃除、11月12月の2ヵ月かけてボチボチやる大掃除をしています。

記事はこちら⇒ 年末までにやれば楽になる家事リスト

今日は、こんな私がずっと使ってきた、シンプルな大掃除計画表を紹介します。

大掃除といっても、普段より丁寧にするか、普段していない場所をするかという程度の掃除です。


大掃除計画表2016


大掃除計画表
*今年はイオンのカジタクを利用したので、お風呂の大掃除はOKとしました。リビングのエアコンとレンジフードも今年はお掃除サービスを利用する予定です。

■頭の中で家を上から見て、項目をわけています。私がやりやすいかどうかで、ざっくりな所と細かい所を決めています。
■チェック欄を二段にしているのは、一度で出来なかったときのための予備として。
■色の濃淡は、冷たい水をたくさん使うか使わないかで。
■濃い色のボーダーを境に、2階と1階の区別。

私は利き脳の”右左”タイプ。色・形・配置などで直感的に物事をとらえ、論理的にアウトプットしていきたい方です。

いったんつまづくとすぐ投げ出したくなるのも右左タイプの特徴ですので、このような表を使ってきました。

利き脳片づけ術 [ 高原真由美 ]



みのりさんの記事を参考に、チェック欄を改善


今まではチェック欄に日付を入れるだけだったのですが、みのりさんの記事を拝見してヒントをもらい、日付の横に◎・〇・△という印もつけてみました。

参考にしたみのりさんの記事はこちら「記号」ひとつでゴキゲンな自分になれる、手帳の使い方を教えます。

記号があると、日付だけのときより、次にどこを優先すれば良いかわかりやすくなりました。また、△より〇を増やそうと思う気持も出てきます。

こうすると、視覚でとらえて満足度をアップさせることができるので、右左タイプの私にぴったりなのです。

大掃除計画表3
慣れていることもあって、今はまだ日付を取れませんが、いずれは記号だけのチェックにしてみようと思いました。

■しっかりやれた日は◎⇒その欄は2回目のそうじはなしか、簡略化。
■思っていたところまで出来た日は〇⇒余裕があるときは、年末に、もう一度そうじする。
やりかけたけれど体力も気力も持たなかったときは△⇒その項目は、もう一度そうじする。

単に日付を入れるだけでなく、記号をふることで目に入る情報が増え、できたときは達成感もアップする。その先の計画も立てやすくなる。いつも気に留めておきたいです。


苦手意識を利用する


せっかちなくせにズボラな私は、リスト作りも、それを守り切ることも大の苦手です。にもかかわらず、この大掃除表を使い続ける理由は3つだけです。

「大掃除がいらないくらい、普段からマメに掃除しない」。
「かといって、一気にできない」。
「でも、年明けは気分よく迎えたい。汚いのは辛い」。

苦手だから先延ばしにすると、もっと苦手な状態になるというのを、掃除に関しては感じていて、防ごうとしてきました。

こんなざっくりな表ですが、よかったら参考にしてみてください。

関連テーマはこちら。家事も片づけもラクになるアイデア満載です。

ブログ村テーマ
家事がラクできる家づくりの工夫

掃除・掃除・掃除ー♪

キッチンの片付け・断捨離・収納


「読んだよ」の合図にでも下の2つのバナーをクリックして下さると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます。


書籍を出版いたしました。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。
お知らせ記事はこちらです。


kindle版でサンプルページが読めます(PC・スマホ・タブレット)→
楽天kobo(アプリで立ち読みページへ)→
amazon
今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ
楽天
今日からだれでも、片づけ上手。



関連記事

スポンサードリンク