さよのシンプルライフブログ (片付け・収納・家事) - 2016年03月


やってもやってもスッキリしないと思っていた時に捨てたもの。


スポンサードリンク


物が多くてなんとかしたいのか、人生行き詰っているから物を捨てたいのか。
そんなことで迷っていた時期がありました。
片付けて広くなった場所を見ても、何も感じなくなっていたんです。なんのためにこんなことしてるんだろうって。


その時「もう、捨てよう!」と決めたのが、悪いところ探しをする癖です。


CIMG5577.jpg


物事が上手くいかなくなると、私はすぐ、その原因を追究したくなります。わかるまでとことん。
納得できる答えを導ければステップアップに繋げられるけれど、判断力も衰え過去への執着度合も増してきた私には、足かせになる場合が多いとわかってきました。


そこで、原因を追求する癖や、悪いところ探しをする癖が出ないよう意識してみました。
ずっとは無理です、もう染みついていますから。
けれども、こうすると、同じ片付けでも結果を素直に喜べるようになってきたんです
この気持ちがあるとないとでは、継続する意欲の持ちが全然違います。



難しく考えない。
複雑にしない。


簡素に単純にしていくことこそがシンプル。
自然に出来るようになるといいなと思いながら、今日はこれから造り付け収納の中を整理します。
思い出の魔窟と化していますが、悩み癖さえ発動させなければ、作業は進むと見込んでいます。


机の断捨離後


私と似たタイプの方、おられますか?
一緒に手放しませんか、悪いところ探しをする癖。


今日もご訪問ありがとうございます。
参加中です。バナー二つ、「読んだよ!」とクリックして下さると嬉しいです。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ




書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。
お知らせ記事はこちらです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

関連記事
スポンサードリンク

関連記事2
 

物がないと、こんなに気持ちいい◆断捨離を加速させるシンプルな考え2つ。


スポンサードリンク


押入れ、さらにスッキリ


週明け、フォーマルワンピースと子供服などを、リサイクルショップに持ち込みました。

時期的によかったようで、買い取ってもらえました。


押入れ 2016年3月24日

押入れにいま入っているのは、夏用の布団と敷パッド、扇風機1台と、夫の趣味の物が少しです。

9割がた空っぽになってしまいましたが、これでやっと使っていない物が入っていない状態になりました。

動けるうちに少しずつでも自分で・・・と思っているので、ホッとしています。

こんな記事も書いています。

・押入れの断捨離の順番、5ステップでスッキリ◆椅子を持ってこないと届かない場所は無い場所と思おう。

押し入れ全体ビフォー2



自分で捨てられないときは


子供服やフォーマルウエアは、状態もまあまあだったため、欲しい人に使ってもらいたい気持ちが強く残っていました。

アプリで出品すれば、需要があるからすぐ決まるだろうとも思っていたから捨てられずにいました。

「でも、もう今の私には若い頃のような元気がない」と割り切ったら、かえって片付けやすくなりました。

持っていって買い取ってもらうのが、一番ラクで納得いくやり方だと思えるようになったのです。



この時期の断捨離はおススメ


誰かに使ってもらえたら手放せると思っている人には、この時期の断捨離は特におススメです。

入学入園入社引越しなど、人生の節目を迎える人が多く、譲りやすいからです。

しかし、いちばんの理由は気温と湿度。

暑くなったうえに湿気が多くなっていくと、自分も物もクタクタになりますよね。

気が早いなんてことはありません。ギリギリで嫌々するより、今から少しずつ片付けるほうがラクだと思うからです。


*気持ちがラク・・誰かに使ってもらえるなら手放せると思っている人は、人に任せてみる。
*身体がラク・・・今の時期は快適な気温と湿度で疲れにくい。年度替わりは引き取り手が見つかりやすい。


2、クローゼットの一角に

物が減っていくと、「この荷物をどうしよう」という漠然とした不安も減ってきます。まずそれだけでスッとします。

心身ともにラクな状態を保ちながら片づけるのが、継続のコツだと思います。



書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。
お知らせ記事はこちらです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

関連記事
スポンサードリンク

関連記事2
 

服を減らすのは何のため?春のクローゼット整理前に確認したい基本ポイント2つ


スポンサードリンク


今日は、春のクローゼット整理前にいまいちど確認したいポイント2つについて書きます。

何のために服を減らすの?基本の確認ポイントとは。

①現状で、服のことについて、どう困っているのか。
②理想のクローゼットのイメージとは、どんなものか。


先日、無料の片づけワークセミナーに参加しました。
そこで最初に問われたのが、この2つです。
ワークシートへ書き込むかたちで、思考の整理を促されました。


この二つの点を具体的にイメージできていると、もし途中で作業の手が止まったとしても、次に何をすべきか考えやすくなるそうです。
私は、しばし固まってしまったあと、以下のような答えを書きました。


①現状で、服のことについて、どう困っているのか。
・服をサッと出せない。
・着ていない服が残っているのが、気になってしようがない。
・着用後だがクリーニング前の服があるとき、それを置く場所が一定してしない。


②理想のクローゼットのイメージとはどんなものか。
・服をサッと出せるクローゼット。
・好きな服の全てが収まっているクローゼット。
・服決めで迷わないことや、お洒落度を上げるなどの目標は、もっと後で良いと思っている。



服の整理についてのトラックバックコミュニティ(トラコミュ)を参考にする


このブログはブログ村のランキングに参加しています。
そこでは、特定のテーマに絞って他のブロガーさんの記事を集められる「トラコミュ」という物を作ることが出来ます。
春や秋は服の整理に関する記事がたくさんアップされますので、活用なさってください。
私がよく読んでいるのは下の4つです。


トラコミュ  服の断捨離 ・ 整理収納
トラコミュ  少ない服で着回す
トラコミュ  50代からのファッション



どうしたいかがわかったら、どうするかを決めていこう。


こういう思考の整理方法は、学生時代にも教わったように思います。
片付けとしての授業は無かったけれど、勉強方法は活かせるのですね。


私がスッと回答できなかったのは、捨てればそれで問題解決すると思っていた部分が大いにあったからだと、後になってわかりました。
どうしたいかがわかったら、次に何をすればいいかが見えてくると思っています。それは自分だけのやり方だから、迷っても回答は自分で見つけられると思います。


4月からのスタートに向け、3月は服の整理をしやすい時期。
私も、「捨てたあと」のことをもっと楽しくイメージしながら、片づけていきます。


書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。
お知らせ記事はこちらです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

関連記事
スポンサードリンク

関連記事2
 

シンプルライフ的ストールの選び方を、石田純子さんに学ぶ


スポンサードリンク


服の断捨離をしてきてクローゼットにも余白部分が増えました。今年の春は、今ある服にプラスできる小物を探して楽しもうと思っています。

今の私は、好きで集めていたストールを、少ない服にどう合わせるかということに関心があります。

服や小物を選ぶ時は、石田純子さんの本を参考にします。ストールだと、「ストールの巻き方選び方」

コーデも物選びも、この人と決めて見続けているので、迷わずに済んでいます。

・50代・ストールの巻き方選び方


 石田純子のストールの巻き方選び方   (楽天)


石田さんのこの本では、ストールの巻き方よりも、「選び方」「服との合わせ方」に焦点が当てられています。

参考になったのは次の4点。年齢を重ねてきた今、「使えるストール」を新たに選ぶならという前提です。


~選ぶ時参考にした点~
①1枚目は大きめの長方形のストールを選ぶ・・・身長より長さのある物。アレンジが効く。
②薄手でしなやかな生地のもの。大きいサイズなので必然。
③無地。
④好きな色を。


コーディネートする服に合わせた巻き方をすることで、体型の弱点をカバーできることも解説されています。

石田さんの本でいつも良いなと思う点は、NG例が出されていること。

私はたくさんやってました、NGな着方。

長年親しんできたやり方が、今の自分に合っているかどうかという点もわかっていませんでしたので、勉強になっています。


CIMG8248.jpg


石田さんは、慣れてきたら大柄のストールでぜひ楽しんで、と書いておられます。私もそうなれるよう、まずは無地のものを合わせて、気軽に春ファッションを楽しんでいこうと思います。

同世代の方、シンプルなファッションが好きな方、ぜひ石田さんの本を手に取ってみて下さい。

トラコミュは同じテーマで書かれた記事が集まっています。こちらも参考にどうぞ。

大人が着る無印とユニクロの服

少ない服で着回す


書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。
お知らせ記事はこちらです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

関連記事
スポンサードリンク

関連記事2
 

もう迷わない。3つの思考パターン別、服の断捨離のやり方


スポンサードリンク


断捨離で出る服の処分。方法はいろいろありますよね。
今日は、大量のモノを処分してきた中で考えた、思考のクセ別処分方法について書いてみます。


片づけられない時に発動しているクセ3つ

ここで書く思考のクセは、全て私の中にあるもの。
ざっくり分けて3つにしました。
「上手くいかない」と感じるたび、この癖が出ているんだと思い出す習慣もつけていったら、焦らなくなりました。


~片づけられない時に発動しているクセ3つ~

①課題を先延ばしする癖(ダラダラ型)
②自己批判だけが先行する癖(クヨクヨ型)
③責任を人や環境のせいにしたくなる癖(イライラ型)



買取2




①課題を先延ばしする癖が発動して、捨てられないとき

片付けを先延ばしする原因は、主に二つ。
・とにかく面倒くさい。
・片付け=振り返り。自分が傷付くかもしれないと恐れる。


私は、この先延ばし願望が強く出ていた時、「まずは5分だけ!」とポリ袋を手に家の中をウロウロ歩き、不用品集めをしました。
主に、ゴミ回収日の前夜です。
そして、集めたものは未使用品も含めゴミとして捨てていました。(リサイクル回収含む)


問題を先送りすればするほど、モヤモヤした気持ちが堆積していき負のループにもはまり、部屋はどんどん散らかっていきます。
そういう状態の時は、軽く動いて片付けスイッチを入れ、一刻も早く目の前から不用品を無くすことに集中します。
回収日が先のときは、集めて次に備えておくだけでもOKとしていました。


こんな記事も書きました
・行動力を奪うネガティブな発想の捨て方。




②自己批判だけが先行する癖が発動して、捨てられないとき

「どうしてこんなに買ってしまったんだろう」
「使わないなら買わなければよかった。お金がもったいない。モノにも申し訳ない。私はダメな人間だ。」
ウジウジと考え込んで前へ進めないこういう時は、ゴミとして無理に捨てると、さらに自己批判の沼にはまっていきます。


私は、この自己批判の癖が強く出ていたとき、自治会や福祉作業所のバザーへ提供したり、リサイクルショップで買い取ってもらったりしました。
迷う原因の大半が、「まだ使えるが自分はもういらない」「誰かに使ってもらえたら自分を責めなくて済むのだけど・・・」だったからです。
そういう状態の時は、人に渡すのが、一番かんたんで納得できる手放し方だと思います。




③責任を人や環境のせいにしたくなる癖が発動して、片付かない時

「こんな状況で片付けていても楽しくない。」
「一人では出来ない。」
反省ばかりでも進みませんが、変えようのない環境に対してブツブツ文句をいっていても何も良いことはおきませんでした。
言いたくなる気持ちは今もありますが、考え方を変え実践してくるうちに、これらの言葉は使わなくなりました。


私は、こういう責任転嫁型の思考パターンに陥ったとき、どうすれば楽しくなるか?を考えるように矯正してきました。
ただ思考を変えるだけでは辛いので、物をお金に変える作業に徹したんです。
オークションやフリーマーケットを介し、自分で価格設定をして売るという手放し方です。


手間はかかりますが、人や環境を攻撃するのに使っていた時間に比べると、ずっと有益でした。
(宅配買取も利用しました。ただ、これは主体が自分ではないため、少々時間がかかりました。)




まとめ

①課題を先延ばしする癖(ダラダラ型)
→ゴミとして出す。(リサイクル回収含む)

②自己批判だけが先行する癖(クヨクヨ型)
→寄付・あげる、近所で買い取ってもらう。

③責任を人や環境のせいにしたくなる癖(イライラ型)
→物を(自分で設定した価格で)お金に変える。フリマ・オークションなど。


自分をうまくコントロールしながら、片づけていきたいです。今日もご訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。「読んだよ」の合図にでもバナーをクリックして下さると嬉しいです。

 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。
お知らせ記事はこちらです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

関連記事
スポンサードリンク

関連記事2