シンプルライフの服装。断捨離3年目で、捨てるルールはこう変わりました。


スポンサードリンク



断捨離3年目、捨てにくかった服を手放すタイミング

ようやく、バブル時代に着ていた服の最後の一枚を捨て、300枚以上あった服も60枚くらいになりました(2017年に入り50枚程度で落ちつきました)。
旧ブログでは2013年にこんなことを書いています。

さようなら、もう着られない服たち。

どんなに片づけ祭りをしてもその1枚だけは思いきれなかったのですが、今回の記事の下書きをしていた週明け、踏ん切りがつきました。


ハンガーラック
(イメージ画像


~断捨離3年目、捨てる服を見極める基準~

1.古いデザインだと思う服。
2.退色がなくても、毛玉が目立つ服。
3.少なくとも1年は着ていない服。
4.来シーズンも着る?、と迷う服。
5.明らかにサイズが合わないと自覚している服。


~見極め基準、その理由~

1…着用可能でも、古いデザインだと思いながら着ると楽しくないから。
2…生地の劣化のなかで私が一番気になるのが毛玉。
   感情を優先したいので、着用可能か不可能かでは考えないことにした
   また、毛玉を取って手入れして今後も着るか?、といえばそれは億劫でもう無理だから。
3…1年着ていないということは、そのシーズンにも自分にも合わない服になったということだから。
   それまでの断捨離2年で、そういう服はこの先も着ないとわかった。
4…迷う=要らない、だと自分が思っているのを知ったから。
  迷い過ぎる服は、取っておくべき服。たとえ着ないとしても大切な服。
5…サイズが合わなくなっている服、すなわち今よりずいぶん若かった頃の服だから。

つまりその服を、「着用可能かどうか」ではなく、「着たいと思うか思わないか」で決めたということなのです。

CIMG7487.jpg


初めに服の断捨離をしたときは、まだ結婚前の服がわんさかありました。よほど傷んでいない限り、捨てなかったため、300枚近くあったのです。

最初の捨て基準はズバリ、古すぎる服。でも、それさえ迷って、時間がかかりました。

思い出・払ったお金・それらに費やしたエネルギーなど、捨てられなかった理由はどれもこれも執着の類です。

繰り返すうちに、目的もはっきりしてきて、ラクになりました。やっぱり、今の自分が着ていて気持ちいい服装でいたいです。



減らし切ってから買うのも、目的のひとつ。

暮らしも自分の心身も変化していると実感できるのが、断捨離の効果ですよね。

捨てる基準・持つルール、いちど言葉にして確認してみると俯瞰出来ていいと思うので、おススメしたいです。

私の作ったトラコミュです。こちらも参考にどうぞ。
トラコミュ 
服の断捨離・整理収納


書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。
お知らせ記事はこちらです。


kindle版でサンプルページが読めます(PC・スマホ・タブレット)→
楽天kobo(アプリで立ち読みページへ)→
amazon
今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ
楽天
今日からだれでも、片づけ上手。


スポンサードリンク


関連記事



全ての記事とカテゴリ⇒