「自分へのご褒美」が必要ない暮らし◆癒しを求め続けるのはもう終わりにしよう。

スポンサードリンク



はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

この家はちっとも片付いていない。
そう自覚するようになったのは、息子が亡くなってからです。
私はあんな子供だったから、当前のことなのかもしれません。
得意だと言えるのは、好きなことをするための時間をねん出することぐらい。


そう出来ているだけで十分幸せ。
家族それそれが役割を担って働いているとわかってる。
なのにいつも、「ありがとう」や「頑張ってるね」の一言を求めていました。


息子の療育は手詰まり感でいっぱい。
言いようのない寂しさは拭い切れず、報酬が発生しないことだけをしていると思い詰めるようになりました。


そこで私がやり始めたのが、ネットを使っての投資と「自分へのご褒美」と称した日々の散財です。
稼いでは消費するの繰り返し。
たまにならともかく、毎日のように癒しと刺激を求め続けました。
火事をバケツの水で消し続けていたんです。

CIMG7561.jpg

家のことはちゃんとやっている。
そのなかでストレスを発散して次への活力にすることは間違っていない。
強く思い込もうとしました。


でも、根本にある欲求が満たされているわけではないので、また次を求めたくなるんです。
これでは、何も解決していきません。
目の前のガラクタだけ捨てていても、片付くシステムが出来ていなければリバウンドするのと同じです。


その場しのぎで自分を甘やかし続けた結果が、あの汚い部屋だったことは否めません。
息子には本当に可愛そうなことをしてしまいました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
(ブログ村へのリンク画像です)


小さな不満を小さなご褒美で癒すのは、もうやめました。
淡々と片付けて、毎日の「自分へのご褒美」が要らない暮らしやすい家を作るのが先です。
楽しむなら、もっと良い記憶として残るようなものがいい。


夏も後半に入り、疲れもたまってきましたね。
心の中を平らにして、乗り切りたいと思います。
 
【送料無料】収納上手にならなくてもいい片づけのルール

書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク

原田さよ

片付けられなかった経験をもとに、物を減らしてゆったり暮らせるようになった過程や、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

服や雑貨をご提供いただいています

PLSTオンラインストア

オンワードクローゼット、楽天のショップからも一部の商品をご提供いただいています。

最新記事

固定記事|ラクな老後のために【やめたこと、捨てたもの】まとめ Dec 29, 2020
料理を楽に。楽天1000円台で買っている美味しいもの2つ Jan 25, 2021
マスクメイクは崩れにくさ第一!売れ続けるBRILLIAGE フェイスレスポンサー(化粧下地・日焼け止め) Jan 24, 2021
私にもできた!小さい洗面台をスッキリ使う。やめてよかったこと、はじめてよかったこと Jan 22, 2021
結婚した娘との距離感、老いた親との距離感 Jan 20, 2021
年齢を重ねたからこそできるお洒落もある Jan 18, 2021
【やめること】ラクな介護めざして私が超えたいハードル Jan 17, 2021
トラブル?認知症の義母がデイサービスで問題をおこさないようこんな対応をしています Jan 15, 2021
来客用の食器を捨てても困らなかった、私のやり方と考え方 Jan 13, 2021
頑固な高齢の親とのつきあい方 Jan 11, 2021

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る