NHK「プロフェッショナル」を観て思う、遺品整理の罪悪感の消し方

スポンサードリンク



はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

先日私は、誕生日を迎えました。5月は、娘の誕生日があったり、息子の命日があったりで、毎年いつもと違う心の揺れを感じます。

一気に暑くなっていくこの時期は体調も例年良くなくて、しんどいです。だから私は、春が一年で一番苦手です。

でも、新緑が昨日の雨に濡れて輝く今日のような日は、気分がシャキッとしています。

今日は、NHK「プロフェッショナル」を観て思う遺品整理の罪悪感の消し方について、私が実際にやってきたことを書きます。

関連記事

NHK『プロフェッショナル』を観て、遺品の扱いについて思い出したこと、今していること


ゆうべはNHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』を観ました。

納棺師である木村光希さんの仕事への向き合い方について紹介された内容でした。

おしゃれが大好きだったお母さんを最後はきれいな姿で送りたい。果たせなかった親孝行をしたい。

そんなご家族たちの納棺までの心の動きも、ていねいに描かれていました。



重い知的障害を持っていた息子が亡くなり、納棺してもらったのもちょうど5月の今頃でした。だから、引き込まれるように番組を観ました。

ありありと思い出しました。

棺におさめられた息子と私たち家族を交互に見ながら、「息子さんが一番好きだったものを、一緒に収めてあげて下さい」と言われたこと。

夫が「これです」と差し出したのが、息子の大のお気に入りだったコアラのぬいぐるみだったこと。

それをそっと、息子の顔の横に置いて下さったこと。

本当は、私はそのぬいぐるみを残しておきたくて、棺に入れてほしくなかったこと。それを言えなかったこと。

ぬいぐるみ おもちゃ 寄付 (3)
(亡くなったあと息子のおもちゃを徐々に整理していた時の画像です。これは海外へ寄付している団体へ送りました)
 
あれから6年経ちました。

今は、息子の一番のお気に入りを棺におさめてもらって良かったと、心から思っています。


遺品整理の目的をはっきりさせると、罪悪感は減っていく


遺品を整理するのは苦しいです。

すべてを残しておこうとはじめは思っていましたし、そうしてきましたが、ライフスタイルの変化や自分の老いを感じるようになったこの1,2年は、意識して捨てたり寄付をしたりして、減らしてきました。


●息子の部屋を娘たち家族が帰ってきたとき泊まる部屋に。初孫と娘の里帰りのとき使う部屋にする、という目的がはっきりした

●遺品の手入れが、体力的に年々しんどくなってきた

●思い出のものであっても、それら全てを置いておけば、いずれ娘一人に負担をかけるのは目に見えている



私が案じている娘の負担とは、物理的経済的なことよりも、心理的な負担です。

罪悪感はまだありますが、遺品を減らしていく理由や目的がはっきりしてきたので、私たち夫婦は息子のものの整理をもう一度やり直しているところです。

息子の部屋 遺品整理2019年4月2
年に2回ていど、タンスから息子のものを全て出して広げたり、風にあてたりしています。これもだんだん、しんどくなってきました。


手放してよかったと思える本当の理由


息子の一番のお気に入りがもう残っていなくても、思い出の品ものは他にたくさんあります。

よく言われているように、「もの」がなくても亡くなった家族を思い出せるというのも確かなのだと、この6年でわかるようになりました。

また、先に書いたように、まだまだたくさんある遺品を、私たち夫婦が元気で判断力もあるうちにもっと減らしていこうという思いもあります。



でも、棺に息子1番のお気に入りの黄色いコアラを入れてもらって良かったという本当の理由は、別のところにあります。

もしあの黄色いコアラのぬいぐるみが私の手元に残っていたら、あまりにも息子の存在を強く感じすぎて、いつまでも苦しかったろうということ。

このように、ものを手放してだいぶ経ってから納得できる場合も多いです。

罪悪感はそのつど変化していくし、いつまでも心に残って苦しむとは限りません。大丈夫です。


息子の部屋の片付け 書類整理 2


物も時間も活かす片付け


「死が、人を生かす」

ゆうべのNHKの番組『プロフェッショナル』のなかで出ていた言葉です。

私にはまだそこまでは思えませんが、物を介して気づかされることが多いのは確かだという実感はあります。



息子の死をきっかけに、家じゅうの大片付けをはじめて6年経ちました。

物を活かす。時間を活かす。

今の私が、この先の片付けで常に意識していたいのはこの2つになりました。

5月もあと少し。体調はイマイチですが、今日もぼちぼち頑張ります!

ブログランキングに参加しています。下の2つの四角いバナーをクリックして下さると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます。




ブログ村テーマ
捨てても、困らなかったもの
障害児の家族ってのもいいかも
私の人生を変えた一冊
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
親の家の片づけ
50代からのファッション
21日でよい習慣を身につける
手帳とノートで暮らしを楽しむ





書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク

原田さよ

片付けられなかった経験をもとに、物を減らしてゆったり暮らせるようになった過程や、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

服や雑貨をご提供いただいています

PLSTオンラインストア

オンワードクローゼット、楽天のショップからも一部の商品をご提供いただいています。

最新記事

年齢を重ねたからこそできるお洒落もある Jan 18, 2021
【やめること】ラクな介護めざして私が超えたいハードル Jan 17, 2021
トラブル?認知症の義母がデイサービスで問題をおこさないようこんな対応をしています Jan 15, 2021
来客用の食器を捨てても困らなかった、私のやり方と考え方 Jan 13, 2021
頑固な高齢の親とのつきあい方 Jan 11, 2021
みんなに教えたくなる美味しいもの。巣ごもり生活にもぴったり Jan 09, 2021
片付け下手でも緊急事態宣言であわてない。トイレットペーパーや食材のストック方法 Jan 07, 2021
キッチン快適!キャンドゥの白黒キッチンスポンジとかや織ふきん、おすすめです Jan 06, 2021
【固定記事】50代、もう着てはいけなかった服 Jan 04, 2021
苦手でもできた【書類の断捨離】紙も情報もためないコツ Jan 03, 2021

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る