休むときは休む。メリハリをつけた時間の使い方で、後悔しない一日を

スポンサードリンク





はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

      

間違ったメリハリのつけ方


せっかく休めるとわかっている一日なのに、中途半端にダラダラと過ごし、夜になってちょっぴり後悔した。

あるいは逆に、久々に一日休める日だからと豪華な遊びの予定を入れてしまい、かえって疲れた。

こんなことはありませんか?若いころから欲張りだった私は、後者のタイプでした。

1日ダラダラ過ごしてしまって後悔することもありましたが、それよりも、休み方が下手で後悔することの方が多かったです。


 

休む時は休む


そんな私も、年を重ねてだいぶ変わってきました。昔よりも正しく、時間の使い方にメリハリをつけられるようになったと思います。

初孫の誕生で張り切っていることは、このブログでもTwitterでも書いてきました。

力を入れたのは、スッキリした部屋づくりと栄養バランスを考えた食事づくり。

それもだんだん、肩の力を抜いてできるようになってきました。


狭いLDK(キッチン)リフォーム・アフター 4

昨日は朝からパン屋さんへ。三度三度つくっていたご飯づくりも小休止しました。

そのあとは、義母がデイサービスから帰ってくるまで、ゆっくり過ごしました。

最低限の家事だけをし、唯一の楽しみであるエアロビクスも休んで、好きな映画をPCで1本観ました。これがとても良い休息になりました。



欲に振り回されない暮らし


寝る時間を削ってでも、好きなことをたくさんしたかった若いころ。

自分の欲に振り回されていました。

それは障害の重い子を授かってからも変わりませんでした。リウマチになってからは、さらにその欲が強くなったように思います。

2018年 服の断捨離の効果さらに フィットネスウエア・アイキャッチ

でも、無理をしながら欲を満たしてきたことで家の中は散らかり放題でした。

一日の終わりには疲れすぎて眠れなくなることが続き、やがて、夫や子どもだけでなく両親やまわりの人にも迷惑をかけてしまうようになりました。

「親としても妻としても、やるべきことはきちんとやっている。手も抜いていない。だから、あとは好きにしたい」

こんな傲慢な自分の気持ちに気付いたのは、50歳を過ぎて大片付けをしてからです。

遅い!

でも、もっと遅かったよりはマシか…、と自分を許すことにしています。過去は変えられないし。



休む時は休む。動くときは動く。

有限なのはお金より時間なのだと、最近つくづく思います。

今日もぼちぼちがんばります。

シンプルライフに関する記事はブログ村テーマにたくさんあります。こちらも参考にどうぞ。


ブログ村テーマ
捨てても、困らなかったもの

私の人生を変えた一冊

後悔しないモノの捨て方&手放し方

手帳とノートで暮らしを楽しむ




ブログランキングに参加しています。下の2つの四角いバナーをクリックして下さると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます!



書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

原田さよ

整理収納の基本、ものを減らしてゆったり暮らせるようになったこと、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
整理収納アドバイザー1級
生前整理アドバイザー1級
FC2ブログ公式ブロガー

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

最新記事

50代、他人の評価を気にしなくなった理由【手術から1年経って】 Oct 18, 2021
母の要介護認定の結果に、涙 Oct 16, 2021
50代からの片付けは、この効果を知ればうまくいく Oct 15, 2021
50代からの女友達との付き合い方。気を付けている5つのこと Oct 14, 2021
捨てられない頑張った証への思いが、読者さんからのメールで変わりラクになった Oct 13, 2021
片付けられない母が、この言葉で片付ける気になってくれた Oct 12, 2021
定年後の夫に家事をしてもらう!効果があった段取りとは Oct 11, 2021
可憐なあなたにおすすめしたい Oct 10, 2021
ズボラでもできる書類やメールを溜めない工夫 Oct 09, 2021
大活躍、プチプラだけど上質なカットソー 骨格ウェーブ向き Oct 08, 2021

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る