捨てて良かった家具。処分は一日でも早く、若くて気力があるうちにする

スポンサードリンク


はじめて来て下さった方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

昨日の記事の続きです。

ものが少ない幸せな暮らしを、片付けが苦手でも出来るようになった理由

今日は、捨てて良かったと思えた家具とその理由、罪悪感は理由が明確なら消せると思うことなどについてまとめました。

不要になって、捨ててきた家具


わが家がこれまで捨ててきた家具は次のようなものです。これらは全て、暮らしの変化に伴って処分したり売ったりしてきました。

✔スチール式の2段ベッド
✔木製のベッド
✔重たいリビングテーブル
✔大きすぎるテレビボード
✔スチールラック
✔レコード専用のラック
✔食器棚(2度、捨てています)
✔食品用のラック
✔予備の下駄箱
✔物置き
✔3段BOX
✔ドレッサー
✔学習机

いちばん最近に捨てたのが、亡くなった息子の学習机でした。息子の大きな遺品を処分したのは、これがはじめです。

娘の出産・里帰りが、ひとつのきっかけになりました。迷いましたが、これで良かったと思える日々を今まさに過ごしています。

シンプル思考が力を発揮するとき。過保護になっていたと気付いてから。

学習机を解体して処分 車に積む

学習机の上にあった息子関連の記録・関連書類を、思い切って処分。夫と二人でそれまでの療育の記録を見返し、お互いに残しておきたい部分のみ写真に撮るなどして捨てる準備をしました。

息子の部屋の片付け 書類整理 2

数日後、学習机そのものも解体して処分。車に積んでクリーンセンターへ運びました。

息子の部屋の片付け 書類整理 (10)

遺品の学習机を処分するまでの気持ち


息子は障害の重い子でしたが、両親は節目節目で健常な子とかわらぬ対応をしてきてくれました。

娘の里帰りを前に捨てた学習机も、両親が、息子のためにと買ってくれたものでした。

発語もなく意思の疎通が難しかった息子が、この学習机の椅子に座ることは、結局いちどもありませんでした。

養護学校の教科書や障害児関連の資料を並べてはいましたが、そのうち、私の机として使うようになっていました。

それでも、この学習机を買ってくれた両親の気持ちを考えると、処分するのは迷いました。
 

気力体力判断力のあるうちに、大物を片付けておきたい


息子の学習机を処分しようと決めた一番のきっかけは、これまで書いてきたように、娘が妊娠したことでした。

でも、それだけではありません。

私たち夫婦が、自分で動いて判断できるうちに息子の遺品を減らしていこうと思っていたこととも関係しています。


今の自分の幸せをいちばんに考えていいと思うようになった


娘と孫の部屋を用意するために学習机を処分しましたが、もしかしたら、他にもっと良い方法があったかもしれません。

でもこれを機に、息子の遺品、特に私自身が療育と向き合ってきた膨大な記録を捨てることができたのは良かったと思っています。

自分自身に、一つの区切りをつけることができました。

療育の記録や学習机を捨てたからと言って、息子との23年が消えることはありません。

亡くなった父も老いた母も、この気持ちを説明すれば、学習机だけでなく嫁入り家具も少しずつ捨てている私の考えを理解してくれると信じています。

こんなテーマもあります。

ブログ村テーマ
20歳以上の子どもを持つ親のつぶやき




部屋もものも活かされている状態にしたい


私は50歳の秋に一念発起して大片付けをはじめました。あれからもうすぐ丸6年です。

ずっと嫌で気がかりだったのが、片付けていないせいでものが活かされていないことでした。

今ようやく、使っていない家具がひとつもない状態になり、どの部屋も活きた使い方ができるようになりました。

5年以上かかってしまいましたが、部屋も家具も物も活用できているということが嬉しいです。

2019 息子の部屋を片付けて2

出来るだけ若いうちに不要な家具を捨てておく


最近は、子どもの数が減っていることもあり「もし自分になにかあったとき、子どもに迷惑をかけたくない」と思う人が増えています。私もその一人です。

これは逆に言えば、自分で考え自分で動けるうちに出来るだけものを減らしておいたほうが良い、ということだと思います。

大きくて処分しにくい家具が機能しなくなっているなら、できるだけ早く手放しておいた方がラクなのは確かです。

気力も体力も判断力もあるうちに、自分で(夫婦で)片付けていく。

子どものためでもあるけれど、自分が満足したり安心できたりするためでもあると思います。

シンプルライフに関する記事はブログ村テーマにたくさんあります。こちらも参考にどうぞ。


ブログ村テーマ
後悔しないモノの捨て方&手放し方
捨てても、困らなかったもの
私の人生を変えた一冊
手帳とノートで暮らしを楽しむ





書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク



原田さよ

物を減らしてゆったり暮らすことや、少ない服で楽しむ工夫を綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせ
ブログと関連性のないご依頼にはお返事をしていません。ご了承ください。
プライバシーポリシー
Twitter

参加しているブログランキング
断捨離・ブログランキング
シンプルライフ・ブログランキング
ミニマリスト・ブログランキング
インテリアと収納・人気ブログランキング
50代ファッション・人気ブログランキング

●コラム
『毎日が発見ネット』

●著書「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」についてダ・ヴィンチニュースで書評を書いていただきました(2018.4.3)
『教科書通りのテクニックは卒業! 等身大の自分で暮らすための片付け術』

最新記事

休むときは休む。メリハリをつけた時間の使い方で、後悔しない一日を Mar 23, 2019
義母ともめないための押し入れ収納・片付けルール5つ【私がラクするために】 Mar 21, 2019
考えすぎて動けないときに止めた3つのこと Mar 20, 2019
オンワード美しいスーツで大人の着回し【セレモニーも通勤もお洒落ランチも】手洗いもOK Mar 18, 2019
自分探しはもうしない。50代になっても人として成長したいから心がけているたった一つのこと Mar 16, 2019
無印にあった!パンダ目を直せるクレンジング綿棒、コスメポーチに入れておくと安心だー Mar 15, 2019

タグリスト

月別アーカイブ

お知らせ

検索フォーム

ページトップへ戻る