義母ともめないための押し入れ収納・片付けルール5つ【私がラクするために】

スポンサードリンク



はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

二度目の同居、片付けも収納も慎重になった


一人暮らしだった義母が骨折し引き取ることになって、まもなく1年です。

いろいろありまして、この同居は二度目になります。

今日はそんな二度目の同居に際し、義母の持ち物を収納する場所をどう作ったか、片付けのルールをどう決めたかについて書きます。

結論から言いますと、私がイライラしないですむように準備しました。

私がイライラしない=義母ともめない。そのために、いろいろ迷いましたが押入れや収納はできるだけ広く使わせるように整えました。

今日の断捨離ブログランキング⇒

1階の押入れ (3)

義母の部屋は1階の和室です。1階の押し入れは幅の狭い観音扉タイプなので入れにくいですが、大片付けをして、画像のように6割の収納率くらいにまで下げてありました。

これは同居のためではなく、50歳からはじめた大片付けで、たまたまそうなっていただけです。

同居を決めてからは、ここに入れていた扇風機や私のバッグなどを2階へ持っていったりして、さらに収納場所を空けました。

そのうえで夫用のクローゼット1本と、ダイニングで使っていたお気に入りのチェストを空け、義母の部屋に運び入れました。

現在それらのタンスや押入れは、義母の持ち物でほぼ満杯です。

親の家の片付け 空き家の処分 外回りの草ひき1

一人暮らし。きれい好きで片付け上手、家事だけでなく畑仕事や内職で朝から晩まで動き回っていた義母の人生は、骨折でまたたくまに一変しました。

一度目の同居は息子の障害のことや私の病気のことで上手くいかなくなり、5年半ほどで解消してしまいました。

ですので、20数年ぶりの今回の同居は最初から慎重になりました。
 

義母ともめないために、押入れや収納はできるだけ広く使わせる


軽い認知障害は年相応に出ているものの、まだまだ片付け上手で綺麗好きだった義母の性分は変わっていません。

若いころはそういう家事上手な姑がいるのが凄くプレッシャーでしたが、今はそれを逆手にとっています!

二度目の同居に際し、義母の持ち物を収納する場所や使い方について意識してきたのは次の5つのことです


●義母が収納に使える場所をあらかじめ本人に示しておく

●その収納場所は、事前にできるだけ広くあけておく

●決めた収納場所以外の所に置かれたら、認知障害がすすんだ合図と思って次の手を打つ

●収納が足りないと言ってきたときは、義母の部屋で管理できるよう、その都度ケースや箱などを用意する

●「捨てれば?」とはこちらからは言わない


夫の実家の売却が決まり、義母の持ち物を少しずつ運んできました。

片付け上手ではありますが、やはり80代の義母の服や荷物は2本の箪笥や押入れには収まり切らず、ベッドの下にも箱を置いて入れているようです。

昨日も義母は「ダンボール箱に着ない服を入れて片付けた!」と嬉しそうに報告してきました。

私は心の中で、

「え?この1年、実家から持ってきても着なかったということは、この先もきっと着ないのでは?」

「そのダンボール箱は捨てるためにまとめておいたものよー」

と言いかけましたが、やめました。

私自身も、服の整理には3年以上かかったから、高齢の、それも突然くらしが変わってしまった人に、とても偉そうに言える立場ではないと思ったからです。


私がラクになるために、気持ちも暮らしもゆるめる


同居の前、トイレだけでなく居間までリフォームするかどうかは、ギリギリまで迷いました。

でも、この狭い家で同居すると決めたのは義母が入院してすぐでした。

ですから、義母の部屋を準備して整えるには、じゅうぶんな時間がありました。

すなわち、私が心の準備をするにも余裕があったということ。

この良い条件でウダウダ言うのは、情けないです。

実際には娘の結婚が重なってバタバタしましたから、それが私の気持ちを切り替えるスイッチになっていたのだと思います。


✔自分の部屋に自分のものを収納する
✔2本のタンスと一つの押し入れに、自分のものを自分でしまう


片付け好きな義母がそれさえ守ってくれれば、リビングや玄関に少々ものを置かれても、責めないことにしています。

義母はいずれそういうことも出来なくなります。何年先かはわかりませんが。

心がザワザワしてきたら、私もきっと同じように老いていくと思うことにしています。



片付けで暮らしをラクに。心をラクに。

あれもこれもと思わず、「まあこんなもんかー」と思うようにしながら、今日もぼちぼちがんばります。

テーマにはシンプルライフや片付けに役立つ記事が集まってます。読んでみてください。


ブログ村テーマ
捨てても、困らないもの
私の人生を変えた一冊
後悔しないモノの捨て方&手放し方
手帳とノートで暮らしを楽しむ




ブログランキングに参加しています。下の2つの四角いバナーをクリックして下さると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます!



書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク

原田さよ

片付けられなかった経験をもとに、物を減らしてゆったり暮らせるようになった過程や、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

服や雑貨をご提供いただいています

PLSTオンラインストア

オンワードクローゼット、楽天のショップからも一部の商品をご提供いただいています。

最新記事

【今週のおすすめ】この一品でごはんが楽ちんに!本気で美味しいインスタントお吸い物をこうして食べてます Mar 04, 2020
より楽なシンプルライフへ。捨てるタイミングも変わってきました Apr 15, 2021
親や子供の見守りで困っている人へお伝えしたいこと Apr 14, 2021
古いアルバム写真の整理に着手(1)まずはじめにやったこと【8500枚を10分の1に】 Apr 13, 2021
中がわかりやすい調味料入れ保存容器、おすすめ3つ【ニトリ+100円ショップ等】 Apr 12, 2021
北欧食器、初心者の私が買ってよかった3枚 Apr 10, 2021
疲れた日の夕飯にこれ。楽な中華料理で美味しくヘルシーに Apr 09, 2021
存分に消費してこれたから、物が少ない生活を楽で幸せだと感じられる Apr 07, 2021
23区や組曲、このタイプの春服はもう捨てる Apr 05, 2021
片付けの7つの効果を、年齢を重ねるほど感じるようになった理由 Apr 04, 2021

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る