年末の断捨離には、あえてこんな場所がおすすめ

スポンサードリンク


はじめて来て下さった方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

断捨離「年末にここだけは」


「年末にここだけは」と思って片付けるなら、玄関やリビングダイニング、洗面所やトイレなどの、家族共有で使う場所から選ぶのが定番です。

でも私は、それら定番の場所よりも、「ずっと気になりつつ、あと一歩が踏み出せなかった場所やモノ」のほうが年末の断捨離には向いていると思います。

息子の部屋の片付け 12月連休2


慌てる必要もないけれど、いつかは片付けたいと思っていた部屋やモノ。それらは、一つの区切りになる年末に手をつけてみる。

すると、それまで迷っていて手放せなかったものも、あっさり決心できて捨てられることがあります。

    

 

年末の片付けは、思い出の断捨離から


私は11月の末から12月にかけて、息子関連の書類、絵本、娘との思い出がつまったピアノ教本などをごっそり断捨離しました。

それができたら、去年も今年も結局は使わなかった合い布団や古くて硬くなっていた毛布など、大物もどんどん捨てることができました。

ずっと気になりつつ手をつけられなかった思い出のものの断捨離ができたことで、やる気が出ました。

年末だから勢いが付いたというより、期限があることで気持ちにも区切りをつけやすかったというのが、断捨離がはかどった理由です。


息子の部屋と寝室の片付け・断捨離 12月連休 センターへ


大量の書類は、個人情報の載っているもの以外すべて、紙ゴミとしてクリーンセンターへ運びました。

絵本とピアノ教本は、大学の教科書などを引き取ってくれる宅配買取業者へお願いしました。

片付けていたときの私は、物と思い出とをつなぐことができているような気がして、懐かしい気持ちでいっぱいになっていました。

後悔は一切ありません。

同世代、こんなテーマもあります。

にほんブログ村テーマ
20歳以上の子どもを持つ親のつぶやき



絵本 ピアノ教本 買取に送った2


断捨離は前向きな気持ちでする


息子が亡くなって5年半、来年は七回忌をします。

娘も今年の春先に嫁いで、この家にはもういません。

見守りの必要になった義母との同居も再開したことで、私の日常ががらりと変わった2018年でした。

そんな年だからこそ、後まわしにしてきた「ずっと気になりつつあと一歩が踏み出せなかった場所やモノ」の片付けに着手できたのだと思います。




片付けにくかった場所やもの。区切りを利用して断捨離の一歩目を


年末の断捨離は、「ずっと気になりつつあと一歩が踏み出せなかった場所やモノ」にする。

さっぱりした気持ちで新年を迎えたいけれど、心が落ち着かず、どこをどう片付ければいいかわからないと思っておられる方におすすめしたいです。

完璧に一気にやろうとするより、まずは手をつけてみるぐらいの気持ちで取りかかる方がいいです。

大事なのは、「行動に移す」ことでした。

動きはじめると、それまで頭の中でだけ悶々としていたようなことに、どう向き合えばいいかが見えてきました。

あとひと踏ん張り、がんばります!

ブログ村テーマにある記事も参考にどうぞ。


ブログ村テーマ
持っていなくても困らないもの
捨てても、大丈夫だったもの
私の人生を変えた一冊
手帳とノートで暮らしを楽しむ





ブログランキングに参加しています。下の2つのバナーをクリックして下さると嬉しいです。応援、いつもありがとうございます!



もの、ごと。には暮らしに役立つ記事がいっぱい!

書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク



原田さよ

物を減らしてゆったり暮らすことや、少ない服で楽しむ工夫を綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせ
ブログと関連性のないご依頼にはお返事をしていません。ご了承ください。
プライバシーポリシー
Twitter

参加しているブログランキング
断捨離・ブログランキング
シンプルライフ・ブログランキング
ミニマリスト・ブログランキング
インテリアと収納・人気ブログランキング
50代ファッション・人気ブログランキング

●コラム
『毎日が発見ネット』

●著書「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」についてダ・ヴィンチニュースで書評を書いていただきました(2018.4.3)
『教科書通りのテクニックは卒業! 等身大の自分で暮らすための片付け術』

新着記事

月別アーカイブ

お知らせ

別ブログ 10月7日、更新しました
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る