子どもとの思い出、捨て時の見きわめ方

スポンサードリンク



はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

断捨離は、自分にとって何が大事かをたしかめることに繋がる


私は大きな家具をいくつも捨ててきましたが、子ども達が幼かったころのものはたくさん残しています。

なぜかと言うと、自分がそのものを介して子供との思い出をかみしめたい時があるからです。

思い出の品物を元気の源にしてきました。後ろ向きな気持ちからではありません。

昨日はその息子や娘が幼かったころの思い出のものを片付け、大きめのミカン箱ひとつぶんくらいのスペースを空けることができました。


(2階にある息子の部屋は日当たりが良いので、花粉が飛び始める時期には洗濯物干し場になります)
部屋干し 2階の様子 (2)


捨て時の見きわめ方


大事にしてきた思い出のものでも手放そうと決める時というのは、具体的な理由ができた時です。

今回は、娘たち家族のぶんの布団を押入れにもっとゆったり収納したいからという理由でした。

この時に思ったのは、子ども達との思い出は、どう捨てるかより、どのようにして持ち続けるかを決めておくと心が軽くなるということでした。


娘の結婚 私が断捨離するもの2


嫁いだ娘が残していったのは、私が「捨てないで」と頼んだものだけです。

大量の不用品もこの5年の断捨離でだいぶ処分できましたから、今の状態でも、娘や息子のものを置いておく場所はあります。

それでも物が減れば、娘夫婦はもちろん、私たち夫婦もラクに過ごせるのはたしか。押入れの布団の出し入れひとつにしても。

「捨てたくなかった古い物でも、具体的な目標が出てきたら罪悪感なく捨てよう」

こう思った時が捨て時で、これを繰り返しているうちに、自分でも物を手放すのが上手くなってきた!と思えるようになりました。



"50代からの断捨離"というテーマで記事を書きはじめました。アクセスの多い記事はこちらです。

・50代からの断捨離(1) 最初にしておいて良かったこと

・大きな家具の断捨離は50代のうちに (検索で読まれています)

・はじめに片付けるなら玄関がおすすめな理由|50代からの断捨離 (3)



子ども達の思い出のものの捨てかた残しかた


片付けてモノを減らそうとするとき、使えるか使えないかではなく、使っているか使っていないかで分けるというのが成功するやり方です。

でも、思い出のものは別あつかい。とくに子どもの思い出のものは。

思い出のものの扱いかたは、次のように変えてきました。


●思い出のものは、出してすぐ見えるようにしておく(飾る)

●飾る場所がないときは、この箱にはいる分だけというようにして限度枠を決めておく

●部屋や収納を広く使いたい具体的な理由ができたら、それを機に減らしていく


空き箱の断捨離 使い方 ダイニング チェスト


自分らしい片付け方は自分にしかわからないし、決められません。

逆に言えば、納得さえ出来ていれば、どんな捨て方をしてもいいし、どんな残し方をしてもいいと思っています。

これからも、気持ちの落としどころを探りながら、悔いも罪悪感も残らない片付けを続けていきます。

 

書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク

原田さよ

物を減らしてゆったり暮らせるようになった過程や、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

最新記事

もう疲れた。好きなことをしよう。 Jul 31, 2021
孫とのかかわり方で気を付けていること Jul 30, 2021
え?そうなの? Jul 29, 2021
家族から離れたいときは Jul 28, 2021
美しい白トップスでシンプルコーデ【MARIED’OR】 Jul 27, 2021
ご報告 Jul 25, 2021
ワクチンの副反応、辛かったので記録しておきます(接種1回目) Jul 22, 2021
快適さらさら、カップ付きタンクトップ【KIREILABOグンゼ】 Jul 20, 2021
憧れる60代ブロガーさんのことと、私の今後と Jul 18, 2021
50代、片付けがサクサク進むようになったきっかけ Jul 17, 2021

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る