断捨離が嫌われた本当の理由

スポンサードリンク





はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

      

一人暮らしをしている母が転んで怪我をしました。
三回忌(私の息子の)を目前にした昨日、来れないという連絡があってはじめて知り、行ってきました。
室内で転んだのは今年に入って2回めです。


母は怪我をしても、自ら知らせてくることはまずありません。
今回も、法事が無ければ言ってこなかったと思います。
弟や妹も頻繁に実家へ行ってくれてますし、私の身体を気遣ってのこともあるでしょう。
でも、知らせて来ないのがそれだけの理由ではないのだとわかってきました。


息子が亡くなって半年もしないうちに私があの部屋を片付け始めたことを、母が複雑な思いで見ているのを知っていました。
「今じゃなくてもいいんじゃないの?」
「何故、急ぐの。」
こう言われても、私は止めることが出来ませんでした。
この部屋を片付けなければ息子の死とは向き合えないと、強く思っていたからです。


自分のことしか見えないまま片付けてきた私は、年老いて変わってゆく母の現実を見ようとしませんでした。
母の怪我は、年齢からすればあって当たり前のこと。
そう思いながらも、心のどこかで「この母なら大丈夫」だと決めつけていたのです。


綺麗好きだったのに体の自由が効かなくなっていく。
目の前で、自分のいうことも聞かず黙々と片付けていく娘を見ていた気持ちは、どんなだったでしょう。
実家の床には、それまではなかったような物がたくさん積まれていました。

CIMG8144.jpg


「問題が起きたら、愚痴を言うのではなく解決策を探りなさい。」
「何故そうなったかを考えなさい。」


幼い時からこう叩き込まれてきた私は、母のこの厳しさが嫌でした。
けれども、その教えが活きる場面はたくさんありました。
息子の三回忌が終わったら、もう一度実家へ行ってきます。
 


書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

原田さよ

整理収納の基本、ものを減らしてゆったり暮らせるようになったこと、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
整理収納アドバイザー1級
生前整理アドバイザー1級
FC2ブログ公式ブロガー

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

月1回のペースで片付けセミナーを開催しております。少人数制のため、おひとりおひとりのご質問にもお答えしやすい環境です。
みなさまのご予約をお待ちしています。
2022年1月22日(土)はリビング・ダイニングの整理収納についてお話します。

「片付け入門講座 ~日々の暮らしをスッキリ快適に~」のお申し込みはこちらから

最新記事

亡くなった息子、母としての自分、嫁としての自分 Jan 17, 2022
これはもう手放せない。SUNCRAFT(サンクラフト)のトング Jan 15, 2022
片付けで老後をラクに。物が多すぎて捨てられないとき確かめて良かったこと Jan 14, 2022
今なら間に合う。お金のかからない骨粗しょう症の予防 Jan 13, 2022
50代からの片付け、新たに感じているメリット Jan 12, 2022
トイレ掃除シートが乾かない、アスクルの賢い収納ケース(トイレクイックルもOK) Jan 11, 2022
北欧食器、はじめに買って良かった3種類は Jan 10, 2022
50代からのイキイキした毎日に。寒い日に。「万能中華」が簡単でおすすめ Jan 09, 2022
目標にしたい60代ファッション Jan 07, 2022
娘の家族との付き合い方、新たなステージへ Jan 05, 2022

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る