狭いキッチンのリフォーム、ビフォーアフター【抜けない柱・LDK】

スポンサードリンク



はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

怪我をした義母との同居を機に、トイレだけでなく狭かった13.5畳のLDKもリフォームしました。今日はそのリフォームの内容について簡単にまとめてみました。

狭いうえに柱が抜けなかったのをリフォームしたことが特徴ですので、似た環境でリフォームを考えておられる方のなにかの参考になれば嬉しいです。

目次
・LDKをリフォームした理由とその目標
・狭いキッチンとダイニングをどのようにリフォームしたか
・相見積もりは勉強になった
・狭いキッチンのリフォーム、最後まで迷ったこと
・対面キッチンから、L字の壁付けキッチンへ


狭いLDK(キッチン)リフォーム・アフター 4
(アフター)

工期は休みをのぞいて8日。このあとカーテンやダイニングセットなどを購入するつもりですが、それを入れても予算内になんとかおさまりそうです。

参考になったのは「家にまつわるお金の話」というテーマです。

ブログ村テーマ
家にまつわるお金の話



狭いLDKのリフォーム (1)
(ビフォー)
工事が始まる直前に撮りました。奥のチェストの前がダイニングでした。


LDKをリフォームした理由とその目標


キッチンが狭いことは、断捨離をしたのでさほど困らなくなってきたのですが、ダイニングへ行きにくいのは変わりませんでした。この家の間取り上、仕方ないことですが、足の悪い義母も、年老いていく自分たちも、今のままだと使いにくくなるいっぽうだと考えました。

そこで、このリフォームの目標を『動きやすいダイニングとキッチンにする』ということに絞りました。

そのためには、床を広く使えるようにしなければなりません。
 

狭いキッチンとダイニングのどこをどのようにリフォームしたか


狭いLDKのリフォーム。その中心は、対面式のカウンターを囲むようにあった壁を抜き、別の部分に補強を入れてもらい、壁付けのシステムキッチンを設置したことです。

構造上柱は抜けませんでしたし、もっとこうしたかったという気持ちもあります。

でも、キッチンを壁付けにしたことで、ダイニングへは行きやすくなりましたので、わが家のリフォームの目的は果たせたと思っています。

狭いキッチン ビフォー2
(ビフォー。壁の中にあったキッチン)

狭いキッチンのリフォーム 壁を抜いて柱は残す
(アフター。壁を抜いて柱は残す)


相見積もりは勉強になった


大手のリフォーム会社と地元の工務店の2社から、同じ条件で見積もりを取りました。最終的に数十万円の差が出たので、地元の工務店に決めました。

大手と地元の工務店の一番の差は、システムキッチンの値引き率。

また、解体費や床上げの造作費(トイレと廊下の段差を解消・和室の床の間を潰して平らにするなど)、クロスやフローリングの張替費、一日あたりの諸経費と呼ばれるものの設定金額にも、大きな開きがありました。

どちらの担当者さんも良い方でしたが、数十万円の差は大きかったので迷いはありませんでした。

はじめてのリフォームで戸惑うことが多かったものの、会社によってこれほどの違いが出るというのがわかり勉強になりました。

トイレのリフォームについては先に記事を書きました。

狭いトイレのリフォーム実例・使う人も掃除する人もラクに【何を優先するか】
リフォーム トイレ 図面 バナー(1)



狭いキッチンのリフォーム、最後まで迷ったこと


狭いけれど前のキッチンもキッチンカウンターも気に入っていました。断捨離で何も置かないキッチンカウンターを保てるようになってからは、お花を飾る気持ちも取り戻せました。

壁付けにするとキッチンが丸見えになるから、はじめは、なんとか対面式のキッチンを維持できないかとリフォーム会社と相談を重ねていました。システムキッチンを小さいサイズのものにして吊戸棚だけ取るなど。

でも、それだと見通しがよくなるだけで、「動きやすいLDKに」という目標には届きません。

そこで、やはり対面式のキッチンは潰すことにしました。



対面キッチンから、L字の壁付けのキッチンへ


狭いLDkのリフォーム ダイニングから ビフォー
(ビフォー。キッチンカウンターを挟んだダイニング)

狭いLDKのリフォーム・アフター ダイニング側から 1
(アフター)

壁付けのキッチンは20年ぶりです。

賃貸にいた頃は、子ども達が後ろで何をしているかわからず、よく振り向きました。でも、今はそういう心配はありません。

義母は私が食事を作っているとき、いつもこのダイニングテーブルにいて何かしらお喋りをしているからです。

同居がきっかけのリフォームではあるけれど、断捨離で物を減らしていなければ、しなかったかもしれません。

それほどこのLDKは物で溢れていました。

予算も決めるまでの時間も少なかったですが、暮らしやすくなりました。この状態を保てるようにしたいです。

書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク

原田さよ

片付けられなかった経験をもとに、物を減らしてゆったり暮らせるようになった経緯や、少ない服で楽しむ工夫などを綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

服や雑貨をご提供いただいています

最新記事

自分がおばあさんに見えた日、からの復活 Oct 30, 2020
【みなさまへお礼】片付けなくても死なないけど片付けた方が失うものが少なくて済むと知った7年 Oct 29, 2020
【やめてすっきり】NISAもGoToも心ひかれず。だけど満足 Oct 28, 2020
美しい靴 VITANOVAの季節がやってきた【BARCLAY ヴィタノーヴァ】 Oct 27, 2020
料理をラクに!片手でも作れるメニューいろいろ Oct 26, 2020
怖かった義母の被害妄想、このたびは出ず。助かったー。 Oct 25, 2020
ロングカーディガンは流行遅れか定番か Oct 24, 2020
収納下手でも成功した、リビングの簡単すっきり収納のコツ Oct 23, 2020

タグリスト

月別アーカイブ

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る