*当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

雛人形を処分。人形供養、娘と私がそう決めた理由。

3/30(土)オンライン講座(NHKカルチャー)を開催します。人生後半を身軽に暮らしたい人に向けて、片付けの順番や迷ったときの対処法などを具体的にお伝えする内容です。ぜひご参加ください。

「何歳からでも始められるシンプルライフ」
お申し込みはこちら(NHKカルチャーのサイト)
詳しい内容はこちら(このブログの記事に飛びます)

この記事は本日2本目です。よかったら、1本目の記事もご覧下さい。

「断捨離の効果、さらに実感。あきらめなくて良かった」

人形供養(雛人形)


娘の雛人形を人形供養に出しました。娘は来月の挙式を前に入籍し、先月末この家を出ました。新しい名前になって、夫婦二人、幸せに暮らしています。

正暦寺 人形供養 後ろ姿

人形供養については昨年もこのブログで書きました。その記事に今の私の思いと未公開の画像も加え、具体的にどのように人形供養をしてもらったかを、連載中の『毎日が発見ネット』のコラムで書きました。

本日のブログではそのコラムに書ききれなかったことを書きます。それもあわせて読んで下さると嬉しいです。

『毎日が発見ネット』のコラムはこちらです。ぜひご覧ください。

「いつまで置いておきますか?人形供養、わが家の場合/原田さよ」


人形供養、最後まで迷ったのは娘ではなく私


年を重ねるにつれ、雛人形だけでなく、保管しているいろいろなお人形の管理が負担になってきました。

人形供養という方法があるのは知っていても、思い入れがあって、なかなかはじめの一歩が出せなかったのです。

雛人形の今後については、娘とも夫とも相談してきました。娘はもう充分に思うから供養に出そうと言っていましたし、夫は娘と私が納得しているのならそれでいいと言っていましたが、私は最後まで迷いました。


人形供養に出すのを迷った理由と、決めたあとのこと


娘も夫も納得しているのに、私が人形供養に出すのを迷った理由は2つあります。

ひとつは、無理をして買ってくれたであろう両親に申し訳ないと思っていたこと。

もうひとつは、亡くなった息子がこの雛人形をとても好きで、バラバラに壊れるぐらいよく遊んでいたのを忘れられないこと。

雛人形 フリー素材


人形供養に出すのは結婚式が済んでからでもとか、壊れている部分は修理に出して私が飾れるうちはとか、いろいろ考えてきました。

でも、今を逃すとまたずっと手放すチャンスが来ないと思いました。今はこれで良かったと思っています。

あらためて、雛人形に感謝する気持ちで胸がいっぱいになっています。



人形供養に限らず、人形の扱い(とくに雛人形や五月人形)については、人それぞれ考え方が違うと思います。

私の経験や考え方の変化をそのまま書くことで、人形供養について迷っている人の参考になればと思っています。


わが家の雛人形のもうひとつの役目


わが家の雛人形には、娘を見守る以外にもうひとつ役目がありました。重い自閉症の息子の遊び相手です。
 

ロフト アイキャッチ

雛人形は隠すように、このロフトと屋根裏に収納していました(過去記事の画像です)。あまりにも息子が雛人形で遊んで、壊してしまうからです。

隠しても隠しても、息子は雛人形とそのセットを追い求めて見つけます。

そして見つけると、ロフトの端に並べてはいつまでも眺め、嬉しそうにしていました。ロフトの上から、桃の花や五人囃子の太鼓を投げたりすることも。

娘も幼い頃は怒っていました。

どれだけ言い聞かせてみても、息子にはどうしてもこの雛人形で遊ぶことがやめられず、どんどん壊してしまったからです。

でも娘は、だんだんとそんな兄を理解し、許すようになりました。

雛人形は、そんな娘の成長もきっと見守ってくれていたと思います。

結婚が決まったこのタイミングで供養に出せたことを、私は心から喜んでいます。そして、これからも娘の幸せを願い続けます。

毎日が発見ネットのコラムはこちら。

「いつまで置いておきますか?人形供養、わが家の場合/原田さよ」

ブログランキングに参加しています。下の2つの四角いバナーをクリックして下さると嬉しいです。いつも応援して下さり、ありがとうございます。


2冊目となる書籍を発売中です。人生後半を身軽に暮らしていきたいという人に向けて書きました!年齢を重ねていても片付けが苦手でも、変えていくことができます。30代や60代の人からも「わかりやすかった」という感想をいただいています。手にとっていただけると嬉しいです。
記事:今の暮らしを変えて、人生後半を身軽に楽しく生きる

:::

原田さよ

PVアクセスランキング にほんブログ村人気ブログランキング

考・衣・食・住、すべてをシンプルに。片付けやすい順番や罪悪感のないものの減らし方、家族のだれもがわかりやすい収納、身体も心もラクでいられる家事のやり方について書いています。少ない服でも楽しめる着回しの工夫なども。
ものを減らしてゆったり暮らせるようになりました。自分に使える時間が増えたことが一番嬉しいです。

整理収納アドバイザー
住宅収納スペシャリスト
生前整理アドバイザー1級


くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『エッセオンライン』
『毎日が発見ネット』

最新記事

親の家の片付け、成功のカギは意外なこと Feb 25, 2024
婚礼家具の処分、私がしてきたこと Feb 23, 2024
ああすっきり。50代60代の片付け、先延ばししないための2つのコツ Feb 22, 2024
真似したい、70代お洒落な人 Feb 20, 2024
心が満たされる、楽天お買いものリスト(美味しいもの・家事をラクにしてくれるもの・PR) Feb 19, 2024
やって良かった!古いアルバムの整理。お金がかかっても節目写真館を選んだ理由と片付けの順番 Feb 17, 2024
可愛いだけじゃない、セリア北欧柄のキッチンガードが使いやすい理由 Feb 15, 2024
お知らせ Feb 13, 2024
思い出のものの整理をすすめて大満足、その理由は Feb 11, 2024
60代、友達から学ぶ年金生活の未来 Feb 10, 2024

気になるタグで記事を検索

ページトップへ戻る