*当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

空き箱を捨てられない人向けの片付けのやり方

3/30(土)オンライン講座(NHKカルチャー)を開催します。人生後半を身軽に暮らしたい人に向けて、片付けの順番や迷ったときの対処法などを具体的にお伝えする内容です。ぜひご参加ください。

「何歳からでも始められるシンプルライフ」
お申し込みはこちら(NHKカルチャーのサイト)
詳しい内容はこちら(このブログの記事に飛びます)

今日は、空き箱を増やさない、捨てる、減らす、という話を書きます。

しっかりした空き箱や綺麗な空き箱、残していませんか?それは親の家の話だけでしょうか?私は残してありました。しかも大量に。

ベッドやテレビボード、食器棚や学習机など大きな家具を捨ててきたにもかかわらず、大量にあった空き箱はなかなか捨てられませんでした。

小さいものほど「いつでも捨てられる」という気持ちもありました。


目次
捨てられない空き箱を使ってみた
捨てられない空き箱が発生するような買い方をやめる
箱を空き箱にしない習慣を


空き箱

捨てられない空き箱を使ってみた


そもそも空いた箱を置いておくのは、何かに使えるかもと考えるから。

「何かに使えるかも」と思って置いておくとキリがないとわかってからはやめましたが、それまで置いてあった箱が捨てにくかったです。

そこで「何かに使ってみる」ことにしました。ここにあったらいいなと思うところに空き箱を置き、収納や区切り用のケースとして。


空き箱の断捨離 使い方 冷蔵庫でトレー代わりに

平たい空き箱を、冷凍庫上段の平たいトレー部分で、単に区切るだけのために置いてみたり(冷蔵のほうだと何かをこぼしたときくっついてしまいそうです)


空き箱の断捨離 使い方 ダイニング チェスト

夫と私が共有している義母の入院ノートや資料を、まとめて入れる箱にしてみたり。



あとは、小さなゴミ箱や野菜用の入れ物にするなどして使えないこともないのですが、そちらはもう空き箱よりは空いた紙袋のほうが使いやすいからやりません。

袋の方が柔らかいので融通がききます。役目が終わってからも捨てやすい。


洗面所 バスマット ()
(洗面所で紙袋をゴミ箱として使い、消費しています)。


柄や色が好みでしっかりした箱のいくつかは、小物入れにしていたこともあります。

でも、もうそんなにたくさんはいりません。

 

捨てられない空き箱が発生するような買い方をやめる


あえて残しておいた箱というのは、頑丈なものではありませんか?捨てようと思ってもつぶしにくい硬い箱。

そういう処分に困るような硬い箱のものは、買わないようにするのが吉。

靴を買うときに入っている箱などもけっこう硬いものがあるので、レジで清算のとき「箱無しでもって帰ります」と言うようにしています。最近は向こうから聞いてくれるので助かります。


空いた缶 捨てにくかった

最近は、捨てにくそうな箱(缶も)に入ったお菓子も買わないようになりました。大好きなのですが。

通販で何かを買うときも、できるだけまとめると箱も一つで済みます。当たり前のことだけど、私はすぐ忘れるので心にとめています。



箱を空き箱にしない習慣を


箱を空き箱にしないために、入ってきたらすぐ開いて捨てられるよう、ハサミやカッターを使いやすい場所に置いておくのもいいと思います。

わが家は、玄関・洗面所・ソファー横のラック、冷蔵庫のそばにも置いています。

どこで箱を宅配の箱を開くか、誰が開くか、というのを考えると、ハサミやカッターの置き場所も決めやすいです。


下駄箱 玄関 ファブリックパネル (1)

文房具 (6)



終わりに


簡易包装が推奨されるようになった今も、”包む文化”は日本に根付いたままだと思います。

お付き合いもゼロ、通販も利用しない、という生活はもはや考えられません。

ですので、空き箱をためこまないためには、”断る”ことや”買い物の仕方に気をつけること”に加え、”すぐ捨てる”習慣を身につけるのも大切です。

ブログランキングに参加しています。下の2つのバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

シニアライフランキング1位のブログは?


2冊目となる書籍を発売中です。人生後半を身軽に暮らしていきたいという人に向けて書きました!年齢を重ねていても片付けが苦手でも、変えていくことができます。30代や60代の人からも「わかりやすかった」という感想をいただいています。手にとっていただけると嬉しいです。
記事:今の暮らしを変えて、人生後半を身軽に楽しく生きる

:::

原田さよ

PVアクセスランキング にほんブログ村人気ブログランキング

考・衣・食・住、すべてをシンプルに。片付けやすい順番や罪悪感のないものの減らし方、家族のだれもがわかりやすい収納、身体も心もラクでいられる家事のやり方について書いています。少ない服でも楽しめる着回しの工夫なども。
ものを減らしてゆったり暮らせるようになりました。自分に使える時間が増えたことが一番嬉しいです。

整理収納アドバイザー
住宅収納スペシャリスト
生前整理アドバイザー1級


くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『エッセオンライン』
『毎日が発見ネット』

最新記事

50代60代、そろそろ収納は安全でわかりやすい形へ変えていく Oct 31, 2023
この服はもうダメ。ユニクロや自由区など冬の終わりに捨てた6枚とその理由 Feb 28, 2024
【ダイソー】ごちゃつくタオルハンカチの収納を可愛くラクに、クリアトレー仕切り4 Feb 27, 2024
50代、実家は空き家のまま。罪悪感でいっぱいですというメールへのお返事 Feb 26, 2024
親の家の片付け、成功のカギは意外なこと Feb 25, 2024
婚礼家具の処分、私がしてきたこと Feb 23, 2024
ああすっきり。50代60代の片付け、先延ばししないための2つのコツ Feb 22, 2024
真似したい、70代お洒落な人 Feb 20, 2024
心が満たされる、楽天お買いものリスト(美味しいもの・家事をラクにしてくれるもの・PR) Feb 19, 2024
やって良かった!古いアルバムの整理。お金がかかっても節目写真館を選んだ理由と片付けの順番 Feb 17, 2024

気になるタグで記事を検索

ページトップへ戻る