娘の結婚が決まり、どうしても断捨離できなかったものを捨てはじめました

スポンサードリンク





プロフィールと過去記事はこちら・ブログ村       

来年の春、娘が結婚します。今日は、娘の結婚をひとつの節目として、どうしても捨てられなかったものを手放しはじめたことについて書きます。

~本日の目次~
・50代からの片付け
・断捨離できなかったもの
・これを残して子どもが喜ぶだろうかと考えたとき
・片付けのタイミングを逃さないために

別ブログでも記事を更新しました→ ご報告とお礼

結婚指輪

自宅での結納も終わり、今はほっと一息ついているところです。略式結納については、お客様用の食器はほとんど捨てていたし、座卓もありませんでしたので、いろいろと考えて準備しました。それはまた別の記事で書けたらと思っています。

50代からの片付け


大物の片付けはこの4年で少しずつ進めてきたので、まだ処分できていない古い家具などを捨てることに、それほど不安はありません。

問題は、私の思いが染み込んでいて捨てられない”今は使っていないもの”の片付けです。

今後の人生を考えるときいつも思うのは、「捨てられないと迷う気持ちこそ捨てておきたい」ということでした。

同世代で片付けを頑張っておられる方は、今なにがいちばん気がかりですか。

”50代からの片付け・収納・家事”というテーマを作ったところ、たくさんの記事が集まってきました。こちらも参考にどうぞ。記事を寄せて下さりありがとうございます。 

ブログ村テーマ
50代からの片付け・収納・家事



断捨離できなかったもの


記録することが好きだった私は、部屋が散らかっていてもあとまわしにしたまま、さまざまな”事”について書き記してきました。

手帳はもとより、日記や家計簿、療育記録以外にも、家を購入する時に調べたこと、子どもらの習い事関係で知ったこと、自治会や学校の役をしたときに勉強したことなど、資料とともにファイリングしながらという具合です。

とくに息子の体調の記録はグラフでも残していたため、膨大な量です。

持病の記録(検査数値・投薬の変遷・リハビリで改善した数値)、エアロビクスの毎月の振付けやレッスンごとに着用したウエアまでも、細かく記録してきました。

ただ好きで楽しんで書いていた面もありますが、そうしながらでないと、主婦としても母としても一人の大人としても、うまくやっていけない気がしていました。いつも自信がなかったのです。

ダンボール箱 140×2

先日あらためて、どのくらいの量になるかと見てみたら、140サイズのダンボール箱に入れたとして2箱分くらいでした。

この箱を置いておくスペースは、押入れや物置を片付けてきたので、じゅうぶんあります。

でも、置いておく場所があるからこそ、きっかけがない限り放置してしまう気がします。

ノート類

娘の結婚が決まったとき真っ先に頭に浮かんだのが、それらの”自分で書いたもの”の存在でした。

「いつか役立つかも」と思って処分できずにいましたが、家計簿や療育記録、冠婚葬祭時の記録以外は見返すことがなかったため、気になっていたのです。


これを残して子どもが喜ぶだろうかと考えたとき


もし私が娘の立場なら、母親の残した服や着物や本よりも、こういう手書きのものの方が扱いに困るだろうと思います。

物に対してよりも、私の思いがずっしりと乗っかっているからです。

少しくらいならいいだろうとは思うものの、私に何かあったとき、それらの整理を娘ひとりに背負わせるかもしれないと思うと、いたたまれない気持ちになります。

遅かれ早かれ、けじめをつけていきたかったこと。

気持ちが追いついてきた今がそのときです。

亡くなった息子に関するモノは時間もかかりますので、「今」と思えたときは逃さずに整えていくことにしました。

捨てられなかったけれど捨てたもの|息子の部屋の片付け


片付けのタイミングを逃さないために


日記や家計簿は1冊を残し処分し終えましたが、他の紙ものはまだまだ残っています。

先日やっと捨てたのは、学生時代に書いた小説でした。内容が陳腐だったのはもちろん、古い原稿用紙は色あせていて、なんとも言えない気持ちになりました。

なんでこんなものを後生大事に持っていたのかと。

でも、こうやって今から少しずつでも捨てていければ、片もついていくでしょう。



自分の身体のことや家族のことなど小さな心配ごとはありますが、捨てられなかったこれらの紙ものを処分することできたら、またひとつラクになれると思います。

嬉しいことも待っているし、逃げず焦らず、やっていくのみです。

参考にしてきたブログ村テーマ4つ。よかったらチェックしてみて下さい。

ブログ村テーマ
捨てても、大丈夫だったもの

20歳以上の子どもを持つ親のつぶやき
50代を考え暮らす
私の人生を変えた一冊

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
 

書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

原田さよ

整理収納の基本、ものを減らしてゆったり暮らせるようになったこと、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
整理収納アドバイザー1級
生前整理アドバイザー1級
FC2ブログ公式ブロガー

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

PVアクセスランキング にほんブログ村

月1回のペースで片付けセミナーを開催しております。少人数制のため、おひとりおひとりのご質問にもお答えしやすい環境です。
みなさまのご予約をお待ちしています。

*終了しました。1年間、ありがとうございました。次回のセミナーが決まりましたら、またお知らせいたします。2022年6月25日

最新記事

50代でも遅くなかった、はじめて良かったこともあった Jun 27, 2022
憧れる60代ブロガーさんのことと、私の今後と Jun 25, 2022
洗濯OK夏も安心。プチプラ大人Tシャツと、つば広帽子で楽しもう Jun 24, 2022
結婚した娘とは、距離を取りながら仲良くするのが理想 Jun 23, 2022
この化粧水と乳液は、がんばる主婦の強い味方 Jun 22, 2022
亡くなった子の家具を捨てる前にしたこと Jun 21, 2022
親の家の片付け。私がしないと決めていること・続けていくこと Jun 20, 2022
着物買取、やっと終了、びっくりするほど価格が低い? Jun 19, 2022
ラベリングが苦手な人におすすめ。中がわかりやすい調味料入れ保存容器3つ【ニトリ、100円ショップ等】 Jun 18, 2022
どうすりゃいいのー、孫、道で大泣き Jun 17, 2022

気になるタグで記事を検索

月別アーカイブ

 

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る