食器棚にスッキリ食器を収納するポイント|古い思い込みは捨てよう。

スポンサードリンク





プロフィール・ブログ村       

今日は、使いやすくてスッキリ見える食器棚をつくるために気を付けていることを書きます。

食器 白いお皿 イメージ

食器をスッキリと収納するために意識しているポイント


いま、食器棚の収納で気を付けているのは、下の5つのことです。

①収納スペースに入る分だけを持つ。新たに買うなら、そのぶんが入るかどうかたしかめてからにする。

②出し入れしやすい場所には、よく使う食器以外は収納しないようにする。

③扉や引き出しを開けたとき、全ての食器が見えるように置く。

④同じ種類は縦に並べる。

⑤重ねる場合は、なるべく上の空間に「その食器の高さ+手がはいる分」だけの余裕を持たせる。

食器棚 左食器棚 右


古い思い込みを捨てる


食器棚は常に食器とそれ以外のものまで入ってギュウギュウ。ダイニングテーブルやキッチンカウンターの上、押入れや納戸にまで置いていた頃は、食器を捨てるという発想がありませんでした。

割れてもいないのに捨てるなんて出来ないと。

でも、結婚してからため込んできた食器が多過ぎることは、じゅうぶんに感じていました。食器棚だけでなく、キッチン全体が使いにくいのも、きっと食器が多過ぎるからだろうと。

決心して断捨離を続け、今は、この記事に添付している場所以外に食器を収納しているところはありません。



引き出しに食器をいれるという方法も考えたことがありませんでした。

食器棚引き出し ダイソーまな板シート (7)

弟のお嫁さんがしていたのを見て、これは使いやすそう!と思ってやってみました。

彼女のようにお洒落にはできませんが、引き出し収納はひと目で見渡せるため便利です。

上から取るという動作も、右手の使いにくい私にとっては助かるポイントでした。なんでもやってみるものですね。

食器棚を効率的に使えるセリア・無印・ダイソーのおススメ収納ケース3つ

無印良品PP整理ボックスで食器棚引き出し整理収納 (5)


50歳を過ぎて「この暮らしにくい家をなんとかしたい」と決心したときに思ったのは、多過ぎるとわかっているモノは、もう捨てていこうということでした。

私は、思い入れも罪悪感も、一枚一枚の食器に触れているうちに少しずつ変化してきました。

片づけの目標は今も、「管理するモノを減らしたり小さくしたりして、人生後半をラクに暮らす」という単純なもののままです。

参考にしてきたブログ村テーマはこちら。片付けのヒント満載です。

ブログ村テーマ
キッチンの片付け・断捨離・収納
捨てても、大丈夫だったもの。
50代からの片付け・収納・家事

 


書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

原田さよ

整理収納の基本、ものを減らしてゆったり暮らせるようになったこと、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
整理収納アドバイザー1級
生前整理アドバイザー1級
FC2ブログ公式ブロガー

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

PVアクセスランキング にほんブログ村

月1回のペースで片付けセミナーを開催しております。少人数制のため、おひとりおひとりのご質問にもお答えしやすい環境です。
みなさまのご予約をお待ちしています。

*終了しました。1年間、ありがとうございました。次回のセミナーが決まりましたら、またお知らせいたします。2022年6月25日

最新記事

このお手軽だしで普通のおかずもグッと格上げ Jul 05, 2022
若々しく見える髪型、ひし形フォルムのショートヘア【40代50代60代】 Jul 04, 2022
結婚後のくらしは順調ではなかった、けれど Jul 02, 2022
美しい60代ブロガーさん、私の病気、子どもの遺品整理など Jul 01, 2022
人は見た目で決まる Jun 30, 2022
ついていけるか?義母の変化、孫の変化、私どうする? Jun 28, 2022
50代でも遅くなかった、はじめて良かったこともあった Jun 27, 2022
憧れる60代ブロガーさんのことと、私の今後と Jun 25, 2022
洗濯OK夏も安心。プチプラ大人Tシャツと、つば広帽子で楽しもう Jun 24, 2022
結婚した娘とは、距離を取りながら仲良くするのが理想 Jun 23, 2022

気になるタグで記事を検索

利用した着物の出張買取

月別アーカイブ

 

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る