キッチンで生ゴミを捨てやすいようにする方法

スポンサードリンク



はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

キッチンを片づけてモノを減らしたあと、ゴミの捨て方と、捨てやすくするための収納方法を少しずつ変えてきました。

この夏は、キッチンで出るニオイ問題も私の動き方も改善してきたと感じていますので、今日はその報告です。

キッチンを含め、私の片づけはすべてハードルが低いです。先日こんな記事も書きました。

捨て上手は片づけ上手。まずは「出して・減らして・戻す」を続けてみる

3段衣装ケース3aikyattijpg

ゴミ箱に入れる前に、ニオイの元を減らしておく方法


生ごみは、小さいポリ袋に入れてしっかり口を閉じ、勝手口を出てすぐの場所(日が当たりません)に置いてあるゴミ箱に入れていました。

ただこれだけだと、週2回の収集日までにどうしてもゴミ箱の中でニオイが発生しますので、少しでもそれを減らせるようにしたいと考えました。

そこで、肉や魚の入ったトレーを綺麗に洗ってから捨てたり、むいた野菜の皮を干してから捨てるようにしてみました。効果はすぐ感じられるようになって、喜んでいます。

気持ちに余裕があれば外へ干しますが、たいていトレーはシンク上に吊るして干し、野菜の皮は古新聞の上に広げ、キッチンカウンターの上で干しています。

勝手口のすぐ外に大きいゴミ箱があるので、乾いたらそこへ入れます。

キッチンのゴミ箱


キッチンの中で生ゴミを捨てやすいようにするシンプルなこと


生ゴミがにおわないようこまめに捨てるためには、シンクの後ろにある食器棚下に入れていたゴミ袋類のストックを、シンク周りに持ってくる方がラクだと考え、移動させました。

①生ごみ用の袋は小さいサイズのものにして、ゴミが出たらそのつど捨てる。
②ゴミが出たらすぐ使えるようにするため、小さいポリ袋をシンク下に収納。ポリ袋の収納に使ったのは冷蔵庫用のストッカーです。



キッチンを、あきらめずに片づけていく


すべての悩みを完璧に解決することはできなくても、今そのとき気になっていることだけなら、めんどくさがりの私にも変えていけそうなことは他にもまだありそうです。


まず、モノを減らす。

残っている悩みを解決するために、行動を変える。

行動しやすいように、収納も変える。


せまくて暗いキッチンですが、少しでもラクに使えるよう、あきらめずに試しながら片づけていきたいと思います。

関連する記事はこちらのテーマでも読めます。参考にどうぞ。

ブログ村テーマ
キッチンの片付け・断捨離・収納

狭くてもすっきり暮らす! スモールスペース
これは便利 「キッチン収納術」
 

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ 

書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク

原田さよ

片付けられなかった経験をもとに、物を減らしてゆったり暮らせるようになった過程や、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

服や雑貨をご提供いただいています

PLSTオンラインストア

オンワードクローゼット、楽天のショップからも一部の商品をご提供いただいています。

最新記事

【今週のおすすめ】少しでも若いうちに服の片付けをはじめてラクになる(服の減らし方と効果まとめ) Mar 29, 2021
人気のストレッチパンツ、綺麗でプチプラ、家事服にぴったり Apr 20, 2021
少ない収納でも使いやすく。狭いリビングを片付けた順番を書いてみた【収納】 Apr 18, 2021
狭いリビングを広く使う、片付けた順番を書いてみた【断捨離】 Apr 17, 2021
古いアルバム写真のデジタル化へ(2)次にしたのはスケジュールを組むこと【8500枚を10分の1に】 Apr 16, 2021
より楽なシンプルライフへ。捨てるタイミングも変わってきました Apr 15, 2021
親や子供の見守りで困っている人へお伝えしたいこと Apr 14, 2021
古いアルバム写真の整理に着手(1)まずはじめにやったこと【8500枚を10分の1に】 Apr 13, 2021
中がわかりやすい調味料入れ保存容器、おすすめ3つ【ニトリ+100円ショップ等】 Apr 12, 2021
北欧食器、初心者の私が買ってよかった3枚 Apr 10, 2021

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る