連休中の片づけ、おススメはクローゼットのこんな場所

スポンサードリンク





はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

      

ゴールデンウイーク前半、クローゼットのこんな場所を片づけました


3.jpg


娘が出勤日だった連休のはざまに、夫の部屋に備え付けのクローゼットの上段を片づけました。

ここは狭くて体を入れにくく、かつ、私の背よりも高い位置に上段があるため、気になっていたのですが手つけないままでした。

ふだんは出来ないこういう場所こそ、連休を利用して片付けるのにもってこいだと思います。そう考え、夫に”予約”もしておきました。

こんな順番で片付けました。

クローゼットの下に置いてあるコロ付きのBOXなどを前へ出す。

下にかかっているハンガーの服を出して、ベッドの上へ広げる。

クローゼット内に椅子を入れ、上段に乗っているモノを夫が取り、私に渡す。

私はそれを下におろして広げる。

これを数回くりかえし、降ろしたモノに触れたりして、置いておくかどうかを決める。

捨てると決めたモノをまとめる。

掃除して、他のモノをクローゼットへ戻し、終了。


ハンガーにかかった服を戻すとき、「これ、もういらないな」と夫が3着ほど断捨離しました。これは期待していなかったことなのでラッキーでした。

クローゼットの上段2

乗せていたのは娘の教科書や参考書の一部、スイミングや塾のバッグ、初期のピアノの楽譜、おままごとセットなどでした。

なぜ夫の部屋のクローゼットにあったかというと、ここが元々娘の部屋だったからです。娘本人は、「もう要らないし捨てる」と言っているのに、私が捨てられずに置いていました。

成人していても娘は娘。子どものモノの方が、自分の思い出のモノより捨てにくかったです。


がんばりすぎない片づけ


うちはこの場所の片づけで約30分。クローゼット内の掃除まででOKとし、捨てに行くのは次の日にしました。

また、他の気になっている場所の片づけもついでに・・・と、欲張らないことにもしました。

なぜ欲張らなかったかというと、もし「せっかくの休日が片づけでつぶれたうえに、疲れた」とか、「あちこち片づけたくなって、結局はどこも中途半端に終わった」とかいうことになってしまうと、マイナスの気持ちが残るからです。

マイナスの気持ちが残ると、次の片づけが遠のきます。そうならないようセーブするのも、片づけを続けるコツだと思っています。

連休も後半に入っています。よかったら、高いところに置いてある重たいモノや気になるモノを、家族や友人の手を借りてササッと片づけてみてくださいね。

ブログ村テーマ
捨てても、大丈夫だったもの。

50代を考え暮らす
服の断捨離 ・ 整理収納
押入れ~クローゼットの収納
 

書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

原田さよ

整理収納の基本、ものを減らしてゆったり暮らせるようになったこと、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
整理収納アドバイザー1級
生前整理アドバイザー1級
FC2ブログ公式ブロガー

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

月1回のペースで片付けセミナーを開催しております。少人数制のため、おひとりおひとりのご質問にもお答えしやすい環境です。
みなさまのご予約をお待ちしています。
11月27日は押入れ・納戸の整理収納についてお話します。

「片付け入門講座 ~日々の暮らしをスッキリ快適に~」のお申し込みはこちらから

最新記事

ご報告とお知らせ Oct 24, 2021
ゆうべ怒りが爆発しそうに。私の、怒りを収める順番と方法 Oct 22, 2021
寒い!ユニクロ 秋からの万能アウターといえばこれ Oct 21, 2021
秋の今こそダニ対策、5つの簡単なことだけ続けています Oct 20, 2021
いきなり秋!部屋着にこれをプラスすればさっと出かけられる Oct 19, 2021
50代、他人の評価を気にしなくなった理由【手術から1年経って】 Oct 18, 2021
母の要介護認定の結果に、涙 Oct 16, 2021
50代からの片付けは、この効果を知ればうまくいく Oct 15, 2021
50代からの女友達との付き合い方。気を付けている5つのこと Oct 14, 2021
捨てられない頑張った証への思いが、読者さんからのメールで変わりラクになった Oct 13, 2021

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る