服の断捨離のはじめ方【準備編】 クローゼットを開ける前にする3つのこと

スポンサードリンク





はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

      



3年かけて断捨離し、300枚以上あった服は現在フォーマルを含め50枚ほどになっています。ブレザー箪笥1本と和箪笥の引き出し3段ぶんは空になり、娘に譲りました。

今月は、服の整理(減らしつつ、これ以上増やさない)方法について、どのような順番で行うのがラクだったかをいくつかに分けて書いていこうと思います。


季節外の服とフォーマル3人分

今日はその2本目。服の整理をする前日にしておくとラクなことについて書きます。

1本目はこちら⇒ 服の断捨離のはじめ方 【迷いを減らすタイミング】


服の断捨離をはじめる前にする3つのこと


クローゼットを開けて服の整理をする前日までにやっておきたいことは3つあります。


①片づける日の家事をできるだけ前の日の夜までにしておくこと
②服を減らす目的を確認しておくこと
③出した服を広げる場所を用意しておくこと




整理収納の基本はいつも同じです。

ただ、そのものの量がとても多い場合は、事前に心づもりをしておくことが大切になってきます。


服の整理収納のきほんイラスト
 

①片づける日の家事をできるだけ前の日の夜までにしておくこと


私の1回目の服の整理は2011年の今ごろで、300枚以上あったなかから15着程度しか減らせませんでした。

でも、ギュウギュウ詰めだったクローゼットから15着を選んで抜いてという作業だけでも、けっこう疲れてしまいました。

20年以上も捨てられずにいた服ですから、なかなか思い切れず、まず頭が疲れるのです。まだまだ服を減らしていく覚悟が足りませんでした。



体もですが、元々ダメ主婦な私は頭が疲れると家事をするのが嫌になってしまいます。その日も洗濯物をたたむのもお米を研ぐのも億劫になってしまい、ダラダラと時間がかかりました。

出来上がった夕飯が美味しいはずもありません。

このとき思いました、「次に服を片づけるなら、せめて夕飯は作っておいてからにしよう」と。



以来、服に限らずですが、まとめて片づけようと思ったときは、片づける日の前の夜に、夕食を用意して冷蔵庫へ入れ、掃除と洗濯も出来る範囲ですませておくようにしました。

こうすることで、当日は片づけに集中できたし、そのあともラクでした。一日であれもこれも出来なくなっていると自覚したのも、この頃です。




②服を減らす目的を確認しておく


クローゼットを整理していて途中で嫌になっても、服を減らす目的をはっきりさせておくと、また頑張ろうと思えるものです。

これは、はじめて行った片づけセミナーで、先生から教わったこと。(←旧ブログの記事へ飛びます)

そうはいっても、はじめのうちは、「目的?そんなのわからない。ただもう、多過ぎるから減らしてスッキリしたいだけ」などと、なかば自棄になって片づけていました。



でも、イライラしながら黙々と片づけているだけでは、モノが減っているのにスッキリしないのです。つまり楽しくない。

楽しくないと続かないから、途中で手を止め、先生のおっしゃるように服を減らす目的を考えてみました。


52歳 秋服の断捨離


私はこのとき2つ目的をあげました。

ひとつは、服を減らしてクローゼットに余裕をもって服を入れ、換気や掃除をしやすくすること。

もうひとつは、服を減らし切ったと思えたら、罪悪感なく新しい服を買うこと。



着ない服が多過ぎるままだと自覚しながらする買い物なんて、全く楽しめませんでした。

でも体型も変わり年もとり、着て楽しむ服が本当に少なくなっていたのも事実。

だから、ただ減らして管理をラクにするだけではなく、「買う」楽しみも持ちたいと思いました。



目的はなんでもいいと思いますが、具体的にあげる方が片づけがすすむと思います。

たとえば、クローゼットを処分して部屋を広く使うとか、ファッションの傾向をガラッと変えて残りの人生を楽しむ!とか。



③服を広げる場所を用意しておくこと


押入れを片づけようとしたとき、予想以上にものが多く、出してきたものを広げる場所が足りませんでした。その結果、片づけが思ったところまでできず非常にストレスを感じました。

それ以来、ものを広げる場所を先に決めてそこを片づけておくというのを忘れないようにしました。

服であれば、グチャグチャになるのは嫌でしたから、広めに場所を確保しました(ベッド2台分と、床にも広げられるよう100均でシートを買って準備)。


クローゼットを空にして


笑われるかもしれませんが、私は服を片づけるまえに、目を閉じてスカスカになったクローゼットや行きたかったお店で服を試着している自分をイメージしました。

これ、けっこうやる気を維持するのに役立ちます。よかったら一度やってみてください。

目を閉じて、目的が達成されたときの部屋や自分を想像する。



服の全てを出してきて広げ、要不要を分けるというやり方は、私ぐらいの年齢になってくるとキツイです。

だから一回でやりきろうとしないでいいと思います。

この辺りも含め、次は、実際に服を減らしていく過程について書こうと思います。


書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

原田さよ

整理収納の基本、ものを減らしてゆったり暮らせるようになったこと、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
整理収納アドバイザー1級
生前整理アドバイザー1級
FC2ブログ公式ブロガー

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

最新記事

寒い!ユニクロ 秋からの万能アウターといえばこれ Oct 21, 2021
秋の今こそダニ対策、5つの簡単なことだけ続けています Oct 20, 2021
いきなり秋!部屋着にこれをプラスすればさっと出かけられる Oct 19, 2021
50代、他人の評価を気にしなくなった理由【手術から1年経って】 Oct 18, 2021
母の要介護認定の結果に、涙 Oct 16, 2021
50代からの片付けは、この効果を知ればうまくいく Oct 15, 2021
50代からの女友達との付き合い方。気を付けている5つのこと Oct 14, 2021
捨てられない頑張った証への思いが、読者さんからのメールで変わりラクになった Oct 13, 2021
片付けられない母が、この言葉で片付ける気になってくれた Oct 12, 2021
定年後の夫に家事をしてもらう!効果があった段取りとは Oct 11, 2021

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る