【クローゼット】季節外の服をしまうときの注意点と、ラクな収納のルール

スポンサードリンク


はじめて来て下さった方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

今日は、季節外の服をしまうとき注意している点と、自分がラクな収納をどう作っているかについて書きます。

~本日の目次~
・オフシーズンの服をしまうときに心がけていること
・服の収納方法とマイルール
・クローゼット収納。ふだんの服の手入れについて


関連記事⇒ 服の断捨離のはじめ方【実践編その3】今より増やさないためにしていること6つ
関連記事⇒ 服の断捨離のはじめ方【準備編】クローゼットを開ける前にしておくこと

ハンガー1本

オフシーズンの服をしまうときに心がけていること


●湿度から服を守る収納、つめ込まない収納

季節外の服をしまうときに注意したいのは、虫やカビを予防することですので、できるだけ湿気がたまらない状態に近づけておくことが目標です。

クローゼットでいえば、服をつめ込み過ぎないことが、一番かんたんなカビ予防になると思います。

衣類のつめすぎは湿度を保ちやすくなり、それが虫やカビの好む要因のひとつになるとわかっていても、なかなか服を減らせませんでした。

この点だけとってみても、服が減った今はだいぶ楽になりました。

参照記事⇒ 服の断捨離のはじめ方【実践編その2】着ないのに捨てられない服はどうする?



●クリーニング後のこと

シーズン中に一度でも着たら、洗うかクリーニングに出してからしまいます。

クリーニングから戻ってきた服はビニールの袋をすぐに外し、陰干しして薬品のにおいを取ってからクローゼットに戻しています。



●クローゼットの掃除と換気のこと

服を出して軽く拭き掃除をしたら、クローゼットの中に向かって扇風機の風をあてます。その間、陰干しできそうなものは干しておきます。

湿気が少ない日にするのが前提ですが、今日のような雨の日なら、エアコンの除湿機能を効かせて同時進行でするのも良いと思います。

中が乾いたら服を戻して終了です。


服の収納方法とマイルール


ニットなどハンガーにかけると伸びやすいものは畳み、それ以外はハンガーで収納。

たたむときは「わ」が見えるようにし、ハンガーにかけるときは前身ごろが左側にくるようにします。こうすると取りやすく、見た目にもスッキリするように思います。

スカートやボトムスは前中心を中にして半分におり、そのままハンガーへ。(スカート用ハンガーは大きなピンチがついていたので私には使い辛くなり、処分しました)。


クローゼット収納。ふだんの服の手入れについて


すぐ洗わないコートやジャケット、ワンピースなどの場合は、湿気を帯びているので、脱いですぐクローゼットに戻さないようにしています。

湿気やにおいが強く残っていると感じたときは、半日ほど陰干ししてからしまいます。

乾燥した晴天の日には、窓とクローゼットの扉・引き出しを順番にあけるようにして換気を心掛けています。



先月から服の減らし方など、クローゼットの片づけに関する記事を何本か書いてきました。ここまでお読みいただき、ありがとうございました。1階部分の収納がまだ未完成ですが、また整ってきたらアップいたします。

ブログランキングに参加しています。下の四角いバナーを2つクリックして下さると嬉しいです。応援、いつもありがとうございます。

スポンサードリンク

    

 

書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク



原田さよ

物を減らしてゆったり暮らすことや、少ない服で楽しむ工夫を綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせ
ブログと関連性のないご依頼にはお返事をしていません。ご了承ください。
プライバシーポリシー
Twitter

参加しているブログランキング
断捨離・ブログランキング
シンプルライフ・ブログランキング
ミニマリスト・ブログランキング
インテリアと収納・人気ブログランキング
50代ファッション・人気ブログランキング

●コラム
『毎日が発見ネット』

●著書「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」についてダ・ヴィンチニュースで書評を書いていただきました(2018.4.3)
『教科書通りのテクニックは卒業! 等身大の自分で暮らすための片付け術』

新着記事

月別アーカイブ

お知らせ

別ブログ 10月7日、更新しました
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る