服の断捨離のはじめ方 【迷いを減らすタイミング】

スポンサードリンク





はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

      



3年かけて断捨離し、300枚以上あった服は現在フォーマルを含め50枚ほどになっています。クローゼットの1本は空になり、娘に譲りました。

⇒ 「シンプルライフの服装。断捨離3年目で、捨てるルールはこう変わりました」

今月は、服の整理(減らしつつ、これ以上増やさない)方法について、どのような順番で行うのがラクだったかをいくつかに分けて書いていこうと思います。

今日はその1本目。下の順番で書いています。


●服の減らし方の失敗から学ぶこと
●服の整理をはじめるなら春先がいいと思う理由
●服を減らす目的は自由


整理収納の基本はいつも同じです。

ただ、そのものの量がとても多い場合は、事前に心づもりをしておくことが大切になってきます。


服の整理収納のきほんイラスト



服の減らし方の失敗から学ぶこと


私は、着るか着ないかだけでは決められず、服を減らす段階でかなり悩んできました。

でも、婚礼ダンスはどれも満タン、家に備え付けのクローゼットもギュウギュウ。収納する場所がないからと衣装ケースを買い足してまで着もしない服を手入れだけし続ける生活に、嫌気がさしていたのも事実でした。

意味のない衣替えに、時間とエネルギーをどんどん吸い取られているように思いはじめたのです。この憂鬱な気持ちがたまりにたまって、「いよいよ服の整理をしないと、体力も気力も持たない」と奮起しました。

でもこの時の服減らしは失敗でした。



バブル時代のスーツやワンピース、コートなど15着あまりを捨てたのは、2011年、娘が大学生になりこの家を出ていったあとの4月です。

15着程度だから、全体量からしたら一部。まだまだ古い服はたくさん残っていました。でも、大昔の服を手入れし続けてきた私にとっては、思い切った減らし方でした。

溢れかえる服に振り回されることから、少しでも逃れたい一心です。



でも、この負のエネルギーだけを頼りにした急な減らし方は、その時の私には合っていませんでした。

理由はズバリ、捨てたスーツやコートがあとから惜しくなったから。

まだまだバブル期の服に染みついていた「良い時代の思い出」に、執着していたのです。



このあとしばらく、服の整理をしませんでした。まだまだ服は多いままだったため、手入れもラクにはならず、重たい気持ちだけが残りました。

この時の失敗があるので、2013年から本腰を入れた片づけでは、自分が納得できる理由と方法をゆっくり選びながらモノを減らすようにしてきました。

服については特に、「なぜ減らしたいのか」「服を減らしたあとどうしたいか」を確認できてから片づけようと決めていました。

逆に言えば、動機や目的があいまいなまま服の断捨離をはじめないようにしたということです。

3段衣装ケース

「服の断捨離・整理収納」は私が管理人をしているテーマです。多くの記事をブロガーさんがアップして下さっているので、ぜひ参考になさってください。

にほんブログ村テーマ
服の断捨離・整理収納



 

服の整理をはじめるなら春先がいいと思う理由


服の断捨離をはじめるなら春先がいいと思う理由は2つです。

ひとつは、年度替わりで世間が切り替えモードに入っているため、その立場になくてもやる気を出しやすいこと。

もうひとつは、今なら「この冬に着なかった服は来年も着ない」と納得しやすいこと。



重たくてかさばる「着ることもないのに捨てられない」冬服を、来年も本当に着るのか?と冷静になれる。

重たくてかさばる服から減らすことで、達成感も得やすくなる。

暖かくなり切った5月以降になると、1年間着なかった冬服だとわかっていても、「たまたまこの冬は着なかっただけで、来年は寒さが厳しくなって着るかも」などと思ってしまう可能性があります。

これは、どこまでも服と自分の思い出にしがみついていた私の経験です。

クローゼットを空にして

服を減らすタイミングは、本当はいつでもいいのかもしれません。春先じゃなくてもいいし、季節の変わり目じゃなくてもいい。

ただ、何百枚もある服を持ち続けられないのは事実なので、踏ん切りをつけやすい時期を探すのも一手だと思っています。


服を減らす目的は自由


服を整理したい・減らしたいと思っているみなさんは、そのあと何をしたいですか。

古い服を捨ててクローゼットに余裕ができれば、たしかに服の手入れだけでなく掃除もラクになります。

でもそれ以上に私が嬉しかったのは、今の自分に合う服を見極める覚悟ができてきたことと、さらに減らして新しい服を買うという選択もできるようになったことです!

目的は自由に設定していいと思います。

服を減らし、クローゼットにあるどの服もまんべんなく着ることができるようになると、暮らしが変わるだけでなく、生きること自体ラクになります。

大げさに聞こえるかもしれませんが、私は実感しています。

これからも、自分に残っている体力や気力を信じて、迷いを手放しながら片づけていきたいです。


書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

原田さよ

整理収納の基本、ものを減らしてゆったり暮らせるようになったこと、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
整理収納アドバイザー1級
生前整理アドバイザー1級
FC2ブログ公式ブロガー

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

月1回のペースで片付けセミナーを開催しております。少人数制のため、おひとりおひとりのご質問にもお答えしやすい環境です。
みなさまのご予約をお待ちしています。
11月27日は押入れ・納戸の整理収納についてお話します。

「片付け入門講座 ~日々の暮らしをスッキリ快適に~」のお申し込みはこちらから

最新記事

ご報告とお知らせ Oct 24, 2021
ゆうべ怒りが爆発しそうに。私の、怒りを収める順番と方法 Oct 22, 2021
寒い!ユニクロ 秋からの万能アウターといえばこれ Oct 21, 2021
秋の今こそダニ対策、5つの簡単なことだけ続けています Oct 20, 2021
いきなり秋!部屋着にこれをプラスすればさっと出かけられる Oct 19, 2021
50代、他人の評価を気にしなくなった理由【手術から1年経って】 Oct 18, 2021
母の要介護認定の結果に、涙 Oct 16, 2021
50代からの片付けは、この効果を知ればうまくいく Oct 15, 2021
50代からの女友達との付き合い方。気を付けている5つのこと Oct 14, 2021
捨てられない頑張った証への思いが、読者さんからのメールで変わりラクになった Oct 13, 2021

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る