せまい洗面所を片づける順番とコツ【断捨離バージョン】

スポンサードリンク



はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

洗面所を快適に使うために


我が家は、築18年の建売住宅。北向きの洗面所には小さな窓が一つありますが、狭くて暗いしまだまだ寒いです。

扉の中にはどっさり物があるとわかっていたので、入るだけでいつも気が重くなるような洗面所でした。

その洗面所を少しでも快適に使えるよう断捨離してきた内容と、モノを減らしてから工夫した収納についてまとめてみます。まずは、断捨離編を書きました。

今回はこの順番で書いています。
●洗面台の上下に何をどれだけ置いているか確認してみる
●捨てるものと使い切るものとを分けて考える
●モノをためこまないために〇〇〇を洗面台に置く

次回は収納のことを書きます。
●自分も家族も続けられる収納システムを作る
●使った収納グッズあれこれ(無印・セリア)
●見えているものの色を揃えていく
●モノの色を抑えすぎて失敗。現在はこんな洗面所です


Web内覧会のテーマでは機能的な洗面所の様子を見ることができます。

ブログ村テーマ  
WEB内覧会*洗面所


洗面台の上下に何をどれだけ置いているか確認してみる


洗面所自体が狭いため、ここに入れているのは細いラック1台と洗濯機だけです。あとは、足元にある洗濯カゴひとつと体重計です。

ですので我が家の場合、洗面所を片づける=洗面台を片づける、となります。

まずは、洗面台の上と下にあるものを、すべて一枚のシートの上に広げてみました。

広げる時は、全てのモノが見えるよう重ねずに置くことと、同じ種類のものどうしを近くに置くよう意識しました。こうすれば、何がどのくらいあるかだけでなく、何をいつも多く買ってしまうかもわかります。

小さい洗面台に沢山のモノが入っていたことにびっくりしましたが、なんとか、どんな種類のモノがどれだけあったか確認できました。


捨てるものと使い切るものとを分けて考える


モノを出して広げたとき一番に思ったのは、せめて使っていないものは処分したいということでした。

それとやはり、たとえ狭くても洗面所で使うものは洗面所に収納したいということ。

でも、収納家具を増やせば一層せまくなるし、グッズを駆使してたくさん収納しても私には使いこなせないと思いました。

そこでやはり、モノの絶対量を減らそうと考えました。

洗面所 洗剤

中途半端に残っていた洗剤類を使い切る

使いかけたものの気に入らず保管していた洗剤や頂きものの洗剤が数本ありました。

こういうものは、どこかでリセットしなければなかなか減りません。

確認するために広げたけれど、そのまま洗面台の下におさめてしまうと、結局は今お気にいりの方ばかり使います。ですので、収納せず表に出しておき、先に使うことにしました。

古いタオルを捨てる。サイズを小さくする

洗濯の手間を軽くしたくて、段階的にタオルを1種類にしてきました。家族に了解を得てからです。

バスタオルやスポーツタオルと言われる大きめのものは、未使用品であればリサイクルショップへ。使いかけのものは、掃除などで使い切りました。

いま使っているフェイスタオルは、9割がたヒオリエのもの。価格のわりに質が良くて気に入り、リピートしはじめて3年になります。

(送料無料)日本製 ホテルスタイル フェイスタオル (タオル直販店 ヒオリエ/日織恵)

おススメフェイスタオル クラッシー 洗濯前 (3)
この画像は、ヒオリエのフェイスタオル クラッシーのほうです。


掃除用においている古い歯ブラシを使い切ってしまう

私は、古くなった歯ブラシを掃除用にしたくて、捨てずに何本も置いておくクセがありました。このクセが厄介でした。

今なら、古い歯ブラシ1本捨てるのになぜ悩む?と思いますが、その頃はすぐ決められませんでした。なににこだわっていたのか自分でもわかりません。

一度の掃除で使うのは1本でしたから、どんどんたまります・・・。



これを解消するには、歯ブラシを使ってする掃除の回数を増やすか、一回の掃除に使う歯ブラシの本数を増やすか、歯ブラシを交換する頻度を低くするか。もうどれでも同じじゃないの?という選択肢しか思いつきませんでした。

それでも、なかなか減らせませんでした。

疲れました、とても。でもこの経験があったので、もう古いものは目をつぶってでも捨てようと決めました。


ためこんでしまったホテルのアメニティグッズを処分する。捨てる。

隙間ラックのひきだし一つと洗面台下の一角を占領していた、アメニティーグッズ。

小さいブラシや髭剃りは、いったい何本あったでしょう。それらをどけて場所が空けば、ここに入れたい物を2階から持って降りられるので、思い切って処分しました。

化粧品やシャンプー類の小さいのは、中味を捨ててから処分です。未使用とはいえかなり古いものだったので、こちらも思い切りました。


モノをためこまないために〇〇〇を洗面台に置く


2洗面台

詰め替え用の洗剤やシャンプーだけでなく、粗品などで頂いたタオルや小さなソープ類もすぐ開封できるよう、ハサミを洗面台におきました。

粗品などは予期せぬ時に入ってくる場合もあります。

それをそのまましまい込むと私はまた忘れてしまうから、もらったらすぐ開封して使うようにしています。ハサミがさっと取れる場所にあると、これがおっくうになりません。

捨てるのも増やさないようにするのも時間がかかりました。でも、まずはここまで減らしたことで、片づけのハードルは下がりました。

次の記事はこちら→【収納】せまい洗面所を片づける順番とコツ、無印や100均グッズを使って


 



書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク

原田さよ

片付けられなかった経験をもとに、物を減らしてゆったり暮らせるようになった経緯や、少ない服で楽しむ工夫などを綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

服や雑貨をご提供いただいています

最新記事

ロングカーディガンは流行遅れか定番か Oct 24, 2020
収納下手でも成功した、リビングの簡単すっきり収納のコツ Oct 23, 2020
苦手なお隣さんとのその後 Oct 22, 2020
ユニクロ、捨てなくてよかったファーリーフリースフルジップジャケット Oct 21, 2020
お隣さんにイラつく自分をどうしたか Oct 20, 2020
手術が終わりました Oct 19, 2020
古い家具でも売れる?リサイクル店で知った現実 Oct 17, 2020
PLST、大人が着る秋のふだん着 Oct 15, 2020

タグリスト

月別アーカイブ

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る