夫や子どもを片づける気にさせるシンプルな方法

スポンサードリンク



はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

「なんで私ばかり家の中を片づけなければならないの?」と思ったことはありませんか?私はあります。

家族それぞれ立場も考え方も違うのだから家のことは私がすべき…とは思うものの、ひとりでガラクタの中に埋もれて黙ったまま片づける日が続くと、心が真っ黒になってしまうことがありました。

そんな私の片づけを、家族が嫌がらずに手伝うようになったいきさつについて書きます。

きっかけはひと言でいうと、片づいていなくて困っているのは誰か?という点に気付いたことでした。


家族が片づけを手伝うのは当たりまえだと思っていました


散らかった部屋や物置は、夫や娘に頼んで一緒に片づけることもありました。夫や娘は嫌な顔もしませんでした。

ただ、日にちがなかなか決まらない、決めていてもサッサと進まないということが多かったです。

「なぜ?どうして?」という思いを、私は家族に伝えました。そのころは、片づけたいモノがあまりにも多過ぎてかなり焦っていました。

でも、私が片づけに向けているのと同じくらいのエネルギーを家族にも持っていてほしいというのは誤りだと気づきました。

なぜなら、私が思うほど家族は片づいていないことに困っていなかったからです。


片づいていなくて困っているのは私


家が散らかっていることで困り果てていたのは私です。

片づいていないことで夫や娘も不便さを感じていたかもしれませんが、家事をする主役である私が、片づいていない家の中でいちばん困っていました。

片づいていないと自分も家族も探し物が増えます。

それだけでなく、掃除に時間がかかったり、買い物の無駄も増えたりと、家事の手間を増やす元となっていました。

このことは家族も知っていました。


片づいたら良いことがあると知ってもらう


片づけをはじめたころに読みあさった本には、「出したら戻す」「使う近くに戻す場所をつくる」という事が書いてありました。これはたぶん片づけの基本です。

私は主婦を25年以上やってきたにもかかわらず、いちどもそんなことを考えたことがなかったと気づき反省しました。

そこでまずは一人でやってみて片づけの成果を出し、それを見せてから、家族に手伝ってくれるよう頼むことにしました。

片づければ便利になるとわかれば、それまでより協力的になってくれるだろうと考えたのです。


リビングや洗面所など、家族共有で使う場所を片づけた


私が片づけたかったもののナンバー1は洋服で、片づけたかった場所のナンバー1はキッチンでした。

でも、家族が「片づいていると便利だ」と思うのは、キッチンよりもリビングや洗面所だと考えました。

なぜなら「お母さん、○○はどこ?」と聞かれる場所は、たいていリビングか洗面所だったからです。それほど我が家のリビングや洗面所はゴチャゴチャしていました。

*リビングの片づけ記事はこちらのカテゴリから読んで頂けます。

*洗面所の片づけのまとめ記事はこちらです
⇒「捨て過ぎてわかった収納のゴール。洗面所が使いやすくなりました」


食器棚引き出し 衛生用品 タオルハンカチ (2)
(出かける前にこの引き出しから、ハンカチやマスク、ポケットティッシュ、使い捨てカイロなどを持っていけるようにしてみました。これは食器棚の引き出しなのですが、ここに入っているものは、キッチン・リビング・ダイニング・廊下収納にまでバラバラに置いてあったものでした)。


少しずつリビングや洗面所が片づき暮らしやすくなってきてからは、家族もいっそう協力してくれるようになりました。

すると私も、相手に期待する気持ちより、自分自身がスッキリして嬉しいという気持ちの方が上回るようになってきました。

片づいていると気持ちいいからか、多くを望まなくなってきたのです。



リビングの片づけはこのテーマが参考になりました。

ブログ村テーマ
リビングのこどもスペース



家族とともに片づけたいときは


まだこの家のなかには手をつけられないでいる場所やモノがたくさん残っています。想像しているだけで元気が吸い取られそうになるときも。

だから家族に手伝ってほしい思いはあります、やはり。

心がザワザワするときは、次の3つのことを考えるようにしています。

●片づかないことで誰がどう困っているのか。
●結果を急ごうと欲張っていないか。
●片づけで重視したいことは何か。見た目なのか使いやすさなのか。それは家族みんなが共有できる思いか。



家族を片づける気にさせる方法は、「片づいていると気持ちがいい」ということを一緒に体験すること。これに尽きると思っています。

片づけがラクになる工夫が読めるテーマ。参考にどうぞ。

ブログ村テーマ
捨てても、大丈夫だったもの
WEB内覧会*リビング
50代を考え暮らす



ブログランキングに参加しています。四角いバナーをクリックして下さると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
 


書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク

原田さよ

片付けられなかった経験をもとに、物を減らしてゆったり暮らせるようになった過程や、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

服や雑貨をご提供いただいています

PLSTオンラインストア

オンワードクローゼット、楽天のショップからも一部の商品をご提供いただいています。

最新記事

トラブル?認知症の義母がデイサービスで問題をおこさないようこんな対応をしています Jan 15, 2021
来客用の食器を捨てても困らなかった、私のやり方と考え方 Jan 13, 2021
頑固な高齢の親とのつきあい方 Jan 11, 2021
みんなに教えたくなる美味しいもの。巣ごもり生活にもぴったり Jan 09, 2021
片付け下手でも緊急事態宣言であわてない。トイレットペーパーや食材のストック方法 Jan 07, 2021
キッチン快適!キャンドゥの白黒キッチンスポンジとかや織ふきん、おすすめです Jan 06, 2021
【固定記事】50代、もう着てはいけなかった服 Jan 04, 2021
苦手でもできた【書類の断捨離】紙も情報もためないコツ Jan 03, 2021
ブログに欠かせなくなった意外なもの Jan 02, 2021
帰省中ですか?長男の嫁は辛い。でも迷いを手放していく1年にします!今年もよろしくお願いします。 Jan 01, 2021

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る