バッグ収納で、押入れのデッドスペースを活用する方法

スポンサードリンク





はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

      

押入れの空間利用


グチャグチャだった押入れが片付いたので、私のバッグを収納しました。クローゼットより取りに行きやすい場所に押入れがあるため、ここに収納するのを目標にして片づけてきました。

押入れの断捨離の過程はこちらの記事にまとめています。

→押入れの断捨離の順番、5ステップでスッキリ◆椅子を持ってこないと届かない場所は無い場所と思おう。



使ったのは強力な突っ張り棚。だいぶ昔に買ったものですが、これは捨てなくて良かったです。バッグ付属の袋か、通気口つきのOPP袋に入れて、棚の上に乗せています。

穴付きのOPP袋とは、服などが入っているパリっとした透明の袋のことです。

(参考商品)
クリスタルパック HEIKO/シモジマ OPP袋

たくさんバッグあれば立てなければなりませんが、数が減りましたのでそのまま寝かせておくことができました。 簡単なのは、やっぱり楽でよいです。

押入れ 突っ張り棚


突っ張り棚の長い物を取り付ける際には、奥の二つをまず固定させ、それから手前の二つをグリグリと巻いて押入れの壁に押し付けていく感じでやると、ガタン!と落ちにくいと思います。

広い場所にこういう突っ張り棚を取り付ける際は、できれば家族に手伝ってもらいたいですね。



透明なものはそのまますぐわかるし、右の二つは、袋の色で中のバッグがわかります。

私は色や形で物の位置を覚えるタイプですので、こういうダイレクトで簡単な収納が一番ラクです。



バッグの数を減らすまでと、減らしてから


バッグの断捨離は去年の春ごろに終わりました。

今、娘と共用しているものもあるため、だいたい1年を通して使うバッグは6,7個くらい。このくらいの数でも、シンプルな洋服のアクセントとして使うことも出来るので、捨てすぎて寂しいということはありません。

使いやすい場所にバッグを収納することで、より楽しく気楽に服との組み合わせを考えられるようになると喜んでいます。
 



書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

原田さよ

整理収納の基本、ものを減らしてゆったり暮らせるようになったこと、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
整理収納アドバイザー1級
生前整理アドバイザー1級
FC2ブログ公式ブロガー

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

月1回のペースで片付けセミナーを開催しております。少人数制のため、おひとりおひとりのご質問にもお答えしやすい環境です。
みなさまのご予約をお待ちしています。
2022年1月22日(土)はリビング・ダイニングの整理収納についてお話します。

「片付け入門講座 ~日々の暮らしをスッキリ快適に~」のお申し込みはこちらから

最新記事

50代60代におすすめの美しく歩きやすい靴【神戸ビューフォート】のコンフォートパンプス Jan 18, 2022
亡くなった息子、母としての自分、嫁としての自分 Jan 17, 2022
これはもう手放せない。SUNCRAFT(サンクラフト)のトング Jan 15, 2022
片付けで老後をラクに。物が多すぎて捨てられないとき確かめて良かったこと Jan 14, 2022
今なら間に合う。お金のかからない骨粗しょう症の予防 Jan 13, 2022
50代からの片付け、新たに感じているメリット Jan 12, 2022
トイレ掃除シートが乾かない、アスクルの賢い収納ケース(トイレクイックルもOK) Jan 11, 2022
北欧食器、はじめに買って良かった3種類は Jan 10, 2022
50代からのイキイキした毎日に。寒い日に。「万能中華」が簡単でおすすめ Jan 09, 2022
目標にしたい60代ファッション Jan 07, 2022

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る