キッチンにあった「目隠しカーテン」を断捨離したら、驚くほどスッキリしてきました。

スポンサードリンク





はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

      

「撮影して画像で見ると、どこがどう片付いていないかわかります。」片付け本などでよく目にする言葉ですよね。
断捨離で物は減ったと思っていたのでやってみました。
「物は少なくなったけど、なんだか汚い」というのが第一印象でしたので、理由を考えてみました。



■LDKの写真を見て「物は少ないが、なんだか汚い。」と感じた理由。
 『突っ張り棒+カーテン』という組み合わせが3か所。
 見ていてザワザワしました。


■何故、目隠しカーテンを外せなかったか。
 <半独立型のキッチンへの入り口>
  中が見えないようにしておけば散らかってても気が楽だと思い込んでいた。

 <家電ラックの中段>
  細々したものが入ったバスケットを表から見えないようにして安心したかった。

 <ダイニングとリビングの間の壁どうし>
  部屋の中をさらに仕切れば、冷暖房費を節約できると思ってた。


キッチン


■ザワザワした理由。
 「何が何処にあるかを記憶する」ことが、年々怪しくなってきているんです。 
 目隠しカーテンは、何かと都合が良いと信じて使ってきたのですが、今はその奥に何があるか見えていないことが不安だとわかりました。
 

■目隠しカーテンと突っ張り棒を外してみました。
 最初は少し落ち着かなかったんですけど、圧迫感のようなものがなくなりスッキリしました。
 バスケットの中身がちら見えするのが気になったので、前より高い位置に置き、視線から外れるようにしてみました。


記憶力も体力も衰えていると実感している今は、ものがダイレクトに見えている方が私にとっては重要だとわかりました。
LDKがスッキリしてきて、気持ちがラクになりました。
自分の変化に合わせた収納を、今年も勉強していきたいと思います。
 

ブログ村テーマ  持っていなくても困らないもの

書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

原田さよ

整理収納の基本、ものを減らしてゆったり暮らせるようになったこと、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
整理収納アドバイザー1級
生前整理アドバイザー1級
FC2ブログ公式ブロガー

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

最新記事

50代、他人の評価を気にしなくなった理由【手術から1年経って】 Oct 18, 2021
母の要介護認定の結果に、涙 Oct 16, 2021
50代からの片付けは、この効果を知ればうまくいく Oct 15, 2021
50代からの女友達との付き合い方。気を付けている5つのこと Oct 14, 2021
捨てられない頑張った証への思いが、読者さんからのメールで変わりラクになった Oct 13, 2021
片付けられない母が、この言葉で片付ける気になってくれた Oct 12, 2021
定年後の夫に家事をしてもらう!効果があった段取りとは Oct 11, 2021
可憐なあなたにおすすめしたい Oct 10, 2021
ズボラでもできる書類やメールを溜めない工夫 Oct 09, 2021
大活躍、プチプラだけど上質なカットソー 骨格ウェーブ向き Oct 08, 2021

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る