*当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

もっと早く捨てれば良かった家具。残すか捨てるか迷ったときの判断ポイント

3/30(土)オンライン講座(NHKカルチャー)を開催します。人生後半を身軽に暮らしたい人に向けて、片付けの順番や迷ったときの対処法などを具体的にお伝えする内容です。ぜひご参加ください。

「何歳からでも始められるシンプルライフ」
お申し込みはこちら(NHKカルチャーのサイト)
詳しい内容はこちら(このブログの記事に飛びます)

介護のことやら娘のことやら家族ネタばかり書いていましたので、今朝は片付けのこと、最近手放した家具について書きます。


本日の目次
▶50代からの片付け。「捨てるか、残すか」迷ったときに考えるポイント
▶捨てると決めたラタンの家具。義母が買ってくれたものでした…
▶ラタンの家具を捨てる決め手となった理由は
▶おわりに


家具についてはこの記事がよく読まれています。ありがとうございます。

▶亡くなった息子のタンス解体、今の思い、これからのこと

50代からの片付けラタンの家具を捨てた202210
小さい車に買い換えたので入れにくかったですが、ばらしておくと運ぶときもラクでした。
息子の部屋ベビーダンスを捨てる前の片付け (1)文字入り

50代からの片付け。「捨てるか、残すか」迷ったときに考えるポイント


●持っていると、暮らしが便利になるか

●持っていると、気分が上がるか

●持っていると、安心するか

●持っていると、癒されるか


「捨てるか、残すか」迷ったときに考えるポイント。これらをまとめると、「何のために、それを持っているか」、「それは自分にとって役立つのか」となります。迷ったら、まず私はこれらに当てはまるかどうかで考えてきました。

次に考えたのが、手入れがしやすいかどうか

 

捨てると決めたラタンの家具。義母が買ってくれたものでした


先日クリーンセンターへ持ち込んだのは、亡くなった息子の部屋で使っていたラタンの家具です。

あのとき夫が「自分の部屋で使うかもしれない」とのことで、ラタンのチェストのほうは保留になっていました。でも、話し合って処分することに。

実はこのラタンのチェストは、最初の同居のときに義母が買ってくれたものなのです。30数年前のもの。



過去記事と私のプロフィール・ブログ村

私たちは結婚後すぐ同居したものの数年でダメになり、近距離別居を20数年。いろいろあって5年前にふたたび同居をはじめました。

当時の私たち夫婦には買えなかった、ちょっとよいラタンのチェスト。義母はもうこのラタンのチェストのことは忘れていたので、正直ホッとしています。



50代のうちに捨てておいて良かったと思えた

捨てると決めたときはまだ罪悪感があったし、思い出もたくさん残っているとわかっていました。

でも、今はスッキリしています。もっと早く捨てても良かったと思うくらいに。

年々、大き目のものを捨てるのがおっくうになってきました。60代まであと半年。体力だけでなく、判断力も決断力もだんだん衰えてきていると感じます。

こういうものがまだまだ出てくると思いますが、片付けの経験が活かされるはずだと信じています。



ラタンの家具を捨てる決め手となった理由は


ラタンの家具は、風合いがあるし表情が変化していく楽しみがありました。

でも、どうしても編み目のところに埃がたまりやすかったです。また、うちのラタンのチェストは引き出しにレールが付いているタイプではないため、出し入れするとき気を遣わねばなりませんでした。

そういう使い勝手の面の不便さが、「好き」「風情がある」という思いを上回ったので、処分しようと決めました。



おわりに


みなさんはいかがですか。ちょうどいい大きさの収納家具を使わないまま置いてありませんか。片付けて中は空っぽにできたから、いつかのために置いておこうと思ったものの、出番がなかなかないというような。

もし何年も使わず置いたままになっているなら、いちどどうするか考えてみるのがおすすめです。



それは今、自分の役に立っているか。邪魔になってきていないか。いつか使うとしても手入れが大変なものではないか。

この点がクリアできていれば保管しておけばいいし、そうでないなら手放すことを考えていい時期に来ています。

片付けにちょうどいいシーズンです(一年じゅう言っている気もしますが!)、ぜひお家の中を見直してみてくださいね。とくに、少しでも若いうちに片付けた方が良さそうなものを。

バナーをクリックして頂けると更新の励みになり嬉しいです。いつもありがとうございます。

シニアライフ・人気ブログランキングへ




ブログ村ハッシュタグ
#50代からの片付け
#わが家の家計簿
#家族関係
#義母の介護
#大人が着る無印とユニクロの服
#髪が痛まない白髪染め
#50代の美容と健康




2冊目となる書籍を発売中です。人生後半を身軽に暮らしていきたいという人に向けて書きました!年齢を重ねていても片付けが苦手でも、変えていくことができます。30代や60代の人からも「わかりやすかった」という感想をいただいています。手にとっていただけると嬉しいです。
記事:今の暮らしを変えて、人生後半を身軽に楽しく生きる

:::

原田さよ

PVアクセスランキング にほんブログ村人気ブログランキング

考・衣・食・住、すべてをシンプルに。片付けやすい順番や罪悪感のないものの減らし方、家族のだれもがわかりやすい収納、身体も心もラクでいられる家事のやり方について書いています。少ない服でも楽しめる着回しの工夫なども。
ものを減らしてゆったり暮らせるようになりました。自分に使える時間が増えたことが一番嬉しいです。

整理収納アドバイザー
住宅収納スペシャリスト
生前整理アドバイザー1級


くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『エッセオンライン』
『毎日が発見ネット』

最新記事

この服はもうダメ。ユニクロや自由区など冬の終わりに捨てた6枚とその理由 Feb 28, 2024
【ダイソー】ごちゃつくタオルハンカチの収納を可愛くラクに、クリアトレー仕切り4 Feb 27, 2024
50代、実家は空き家のまま。罪悪感でいっぱいですというメールへのお返事 Feb 26, 2024
親の家の片付け、成功のカギは意外なこと Feb 25, 2024
婚礼家具の処分、私がしてきたこと Feb 23, 2024
ああすっきり。50代60代の片付け、先延ばししないための2つのコツ Feb 22, 2024
真似したい、70代お洒落な人 Feb 20, 2024
心が満たされる、楽天お買いものリスト(美味しいもの・家事をラクにしてくれるもの・PR) Feb 19, 2024
やって良かった!古いアルバムの整理。お金がかかっても節目写真館を選んだ理由と片付けの順番 Feb 17, 2024
可愛いだけじゃない、セリア北欧柄のキッチンガードが使いやすい理由 Feb 15, 2024

気になるタグで記事を検索

ページトップへ戻る