捨てられないと迷う夫の背中を押す、最もシンプルな方法

スポンサードリンク

***

大物を捨てたあとの夫の迷い


以前にも書きましたが、夫との結婚生活は決して順風満帆ではありませんでした。

9ヶ月ほど別居していた時期もあります。

でも、さまざまなことを一緒に乗り越えてきた同志のような存在なので、今は互いの気持ちを尊重しながら暮らしていきたいと思っています。

過去記事と私のプロフィール・ブログ村

今日は、捨てたいのに捨てられないと迷っている夫の背中を押すためにしたことを書きます。

富士山 バイク

夫には大型バイクでツーリングする趣味がありました。別ブログの方でも、ときどきご紹介していたと思います。

その大型バイクを、年齢的な理由からあきらめて処分しました。もう6年になります。



あんなに大きな決断をしたにもかかわらず、夫はバイク用のウエアやグローブなどは捨てられないままでした。

バイクのウエアだけで造り付け収納のハンガーがふさがり、上の段・下の段にも関連品がぎっしりなのに。

もともと几帳面で、私から見ると整頓上手な夫。なのになぜ、もう使わなくなったそれらを捨てようとしないのか。

 

捨てたいのに捨てられない理由


使わないものを捨てて、今よく使うものをそこへ収納した方が便利なのは、夫自身がわかっています。でも、捨てにくい。

ではなぜ捨てにくいのか。理由はシンプルで、まだ使えると思っているから。



一方で、バイクは次の乗り手があるとしても、ウエアや小物はそうじゃないのも知っている夫です。

「もう思い出もさほどないし、処分してもいい」と思い始めているのは、そばにいてわかりました。でも、あと一歩が出ないようです。

そこで、夫の気持ちを後押しする方法はないかと考えてみました。



捨てたいのに捨てられない夫の気持ちを後押しする、一番シンプルな方法


家じゅうの物の片付けを先にはじめていた私が、夫の「もう捨てようか…でもなあ」という気持ちを後押しするためにやってみたこと。

それは、私も自分の趣味の物を手放すこと。

「ああ、スッキリした!物はなくても思い出はしっかり残っているよ」というのを伝えることでした。

ミシン イメージ

自分の歴史だなどという理由で置いていた布、型紙などを思い切って捨てました。お人形作りに一時はまっていたので、そのときのも。

子供服の型紙は最後まで迷いました。子育てを頑張っていた証のような気がして。

でも、もういりません。その子はもう、2人の子の母親になっているのですから。



夫の反応


夫に報告しました。少しずつだけど、もうやらない趣味のものを手放したらスッキリしたよと。

効果があったかどうかわからなかったのですが、数日後に夫に変化が。



バイク用のグローブ(手袋)だけを出してきて見える場所へ並べ、一組ずつ手にとりながら、捨てると決められたものを袋へ入れていました。

夫のこの捨て方は、時間はかかります。でも、自分を納得させるには有効な方法だと思いました。

この調子で、夫の部屋のクローゼットがスッキリしていくといいなと思っています。



終わりに


これからも夫の捨て方を理解しながら、応援できる部分はしていきたいです。そして私も。自分の物や担当箇所をしっかり片付けていこうと思います。


産後2人の孫を連れて帰ってきている娘家族との暮らしも、あとわずかになりました。

夫と義母との3人暮らしがまたはじまりますが、みんなが穏やかな気持ちで暮らせるよう、最後までがんばりたいです。

下の2つのバナーをクリックして頂けると嬉しいです。更新の励みになっています。いつもありがとうございます。

シニアライフ人気ブログ、ランキング1位は




ブログ村テーマ
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
50代からの片付け・収納・家事
私の人生を変えた一冊
50代からのファッション
ブログ村ハッシュタグ
#わが家の家計簿
#50代からのシンプルライフ
#義母の介護
#髪が傷まない白髪染め




書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

原田さよ

PVアクセスランキング にほんブログ村

整理収納の基本、ものを減らしてゆったり暮らせるようになったこと、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
整理収納アドバイザー1級
生前整理アドバイザー1級
FC2ブログ公式ブロガー

くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『エッセオンライン』
『毎日が発見ネット』
冷蔵庫の片づけ特集ウエブ版
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号 
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」


月1回のペースで片付けセミナーを開催しております。少人数制のため、おひとりおひとりのご質問にもお答えしやすい環境です。
みなさまのご予約をお待ちしています。

*終了しました。1年間、ありがとうございました。次回のセミナーが決まりましたら、またお知らせいたします。

最新記事

ふわふわポカポカ、暖かく元気になれる色のファッションに挑戦してみた! Dec 10, 2022
娘や孫とのつきあい方、寂しいけど次の段階かな Dec 09, 2022
見つかった肺の病気のその後と、扶桑社の編集者さんのアドバイスで Dec 08, 2022
定年後の夫がどんどん変わってきた、相手に期待しない方がうまくいくようです Dec 07, 2022
50代、友達とのちょうどいい距離感 Dec 06, 2022
辛いとき読むと素直になれるブログ、昨日あったこと Dec 05, 2022
2022年楽天、買って暮らしがラクになったものベスト3【山実ケーブルボックス、IKEA布団収納袋、炭八】 Dec 04, 2022
50代、重いものが辛い。少し変えただけでラクになった食器収納 Dec 03, 2022

気になるタグで記事を検索

利用した着物の出張買取

月別アーカイブ

 

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る