*当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

嫁どうし、帰省ファッションについて話し合った結果

///

お盆休み中にも関わらず読みにきてくださってありがとうございます。またもや堅苦しい記事が続いていましたので、今日は気分を変えて書いてみました。

家族はまだ眠っています。隣の和室では、娘夫婦と孫2人がまだぐっすり。今のところ恐れていたことは起きておらず平和です。もうこれでじゅうぶん。

▶さらに腹黒いわたしに。認知症の義母と暮らしつつ、出産後の娘をサポートするには

今日は、帰省中の服装についてまとめました。



帰省ファッションについて、長男の嫁どうして話し合ってみた


娘に、「○○くん(お婿さん)の実家へ帰省するとき、服装で気を付けてきたことはある?」と聞いてみました。私からは、自分の失敗例もまぜて話してみました。

娘も私も長男の嫁。考え方には差があったし、数分の会話でしたが、こんな話ができる日が来たことが嬉しかったです。


目次
帰省ファッション:20代の頃の私の失敗
失敗を経て。若い頃の私の帰省ファッション
アラサーの娘の帰省ファッション
終わりに

8月の服 無印やユニクロやINDIVI  9枚
*私の夏の日常着、これらは今すべてありません。過去記事から引っ張ってきました。


帰省ファッション:20代の頃の私の失敗


私が夫の実家でお盆に着ていた服装。20代の頃の失敗は、デニムでした。

デニムにカットソー、半袖のパーカーを羽織るという格好。

結婚前から夫の家に出入りしていてキッチンにも立っていた私は、すっかり油断していました。お盆といっても特別なことではなく、普段通りでいいと。



ところがお盆初日、夫の実家には、予告なしに親戚がたずねてきました。後で聞くと、これは特別なことではないとのこと。

当然のことながら、親戚の人達はふだん着ではありませんでした。

デニム(それもダメージ加工がしてあった)に半袖のパーカーというとてもカジュアルな服装をしていた私は、あわてて白いエプロンを巻きました。

ダメージ加工のデニムとキラキラベルト

よくよく考えてみれば、夫の実家は代々長兄が受け継いできた家。仏壇にみなで手を合わせ、全員で墓参りにもいく土地柄です。

お盆に親戚が予告なしにやってくるということは昔からあったのでしょう。

それでも義母は、嫁の私の服装について指図することなど出来なかったようで、何も言いませんでした。

いやぁ・・・、いまなら義母の立場もよくわかります。お嫁さんの服装に口を出すことなんて、私にもできなかったでしょうから。でも、親戚の手前、いろいろ考えたはずです。

 

失敗を経て。若い頃の私の帰省ファッション


お嫁さんといっても、その家の家族であることにかわりありません。

ですから、食事のしたくや後片付けをすることを前提に、動きやすいパンツをはいていてもいいと思います。

ただ、年配の人には、デニムは作業着を連想しやすいアイテムでカジュアルに見える。あの土地柄、お盆という期間にはくのは避けるべきでした。

あれ以来私は、お盆やお正月、お彼岸など、親戚の人が来るかもしれないときは、次のような服装でいました。



●綺麗めのカットソーに、デニム以外のパンツやキュロット(今でいう短めのワイドパンツみたいな服です)

●子どもが大きくなってからは、ブラウスやサマーニットに、柔らかい素材のスカートやパンツ(身体を締め付けないからラクと言う意味でも)

●清潔なエプロンは必須

●コットンや麻などの素材なら、汗が目立つようなグレーの服は避ける



手荒れしたくなかったので、ハンドクリームや炊事用手袋も持参しました。「貸してください」とはじめの頃は言えなかったからです。

親の家 ふるさと お盆提灯

アラサーの娘の帰省ファッション


娘の帰省ファッションの考えは以下の通り。



●動きやすい服装。お手伝いしますという気持ちがあるから

●義実家のカジュアルな雰囲気に合わせる(清楚なワンピースなどは着ていかないようにする)

●他のお嫁さんより目立たない服装にする



娘は「お義姉さん」と呼ばれる立場です。

「お義姉さん」が前に出過ぎないようにしたいから、他のお嫁さんより目立たない服装にしておきたいとのこと。

10ヵ月になっても寝返りをうてず歯も2本しか生えていなかった娘は、30年近く経っても、ゆっくりペースが好きなようです。



終わりに


私は、お婿さんのご実家へ2回、遊びに行かせてもらったことがあります。お祭りがあったので誘ってくださったのです。

立派な客間に通してもらってごちそうを頂きましたが、ご家族そろって陽気で、とてもフレンドリーな雰囲気がして楽しかったです。

ですので、娘が言う「義実家の雰囲気に合わせてカジュアルな服でいく」という意味が、よくわかりました。

私は1回目の訪問のとき…

ワンピースにジャケットを羽織るという、いかにも硬い服装でいきました。次にそんな機会があったら、もっとカジュアルな服で行こうと思ったのでした。



「相手に合わせる、その場に合わせる」

これは帰省ファッションに限ったことではないと思うし、どんな年齢の人にもいえること。ですが、忘れないようにしておくと、お互いがラクに気分よく過ごせると思います。

また、滞在が長ければ外へ一緒に出掛けることもあるかもしれません。予定だけは事前に確かめておきたいですね。

下の2つのバナーをクリックしていただけると更新の励みになり嬉しいです。ありがとうございます。

素敵な60代ファッション 人気ブログランキングへ




ブログ村テーマ
50代からの片付け・収納・家事
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
私の人生を変えた一冊
50代からのファッション
白髪ケア・白髪染めについて
ブログ村ハッシュタグ
#わが家の家計簿
#50代からのシンプルライフ
#髪が傷まない白髪染め




2冊目となる書籍を発売中です。人生後半を身軽に暮らしていきたいという人に向けて書きました!年齢を重ねていても片付けが苦手でも、変えていくことができます。30代や60代の人からも「わかりやすかった」という感想をいただいています。手にとっていただけると嬉しいです。
記事:今の暮らしを変えて、人生後半を身軽に楽しく生きる

:::

原田さよ

PVアクセスランキング にほんブログ村人気ブログランキング

考・衣・食・住、すべてをシンプルに。片付けやすい順番や罪悪感のないものの減らし方、家族のだれもがわかりやすい収納、身体も心もラクでいられる家事のやり方について書いています。少ない服でも楽しめる着回しの工夫なども。
ものを減らしてゆったり暮らせるようになりました。自分に使える時間が増えたことが一番嬉しいです。

整理収納アドバイザー
住宅収納スペシャリスト
生前整理アドバイザー1級


くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『エッセオンライン』
『毎日が発見ネット』

最新記事

本が捨てられない!本の整理のコツと後悔しない手放し方 Apr 06, 2025
こんまり片付けで救われた。食器を捨てるとき今も続けているのはこのやり方 Apr 23, 2024
親のためにお金を差し出せるか、夫婦の金銭感覚の違いをうめるには Apr 21, 2024
買ってよかった春夏の羽織もの、23区マルチ機能シアーショートカーディガン Apr 21, 2024
【片づけ】定年後の夫には期待しない方がうまくいくようです Apr 20, 2024
同居などしなきゃよかった?高齢の義母との暮らし、ラクでいられるよう工夫していること Apr 18, 2024
母の着物の整理、ゴール目前まできて思うこと Apr 16, 2024
ラクで美味しい楽天でリピート中の食べもの Apr 15, 2024
奈良の馬見丘陵公園でひとり遠足を楽しむはずが…母の面会で笑い転げて終わる Apr 13, 2024
春に大活躍、スカーフの簡単な巻き方 Apr 12, 2024

気になるタグで記事を検索

ページトップへ戻る