*当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

高齢の母のプライドと不安、私の本音、これからは…

3/30(土)オンライン講座(NHKカルチャー)を開催します。人生後半を身軽に暮らしたい人に向けて、片付けの順番や迷ったときの対処法などを具体的にお伝えする内容です。ぜひご参加ください。

「何歳からでも始められるシンプルライフ」
お申し込みはこちら(NHKカルチャーのサイト)
詳しい内容はこちら(このブログの記事に飛びます)

ただ愚痴を書いて自己解決しているだけかもしれません。それにもかかわらず、ご訪問いただき、ありがとうございます。

今日は孫の幼稚園お迎えのあと、夕方ごろまで孫守りです。気持を切り替え、楽しみつつ頑張ってきます。

▶いきさつはこちら

実家イメージ

母のキッチンが使いにくい理由


ときどき、一人暮らしの母の様子を見に実家へ帰っています。

義母がデイサービスに行っている間に往復できる距離だったり、夫が日曜に義母を見ていてくれたりするのはありがたいのですが、行くとぐったり疲れてしまいます。

なぜ短い滞在時間なのに疲れてしまうかというと、料理や後片付けがしづらい台所だからです。



母は、若いころから完璧主義で綺麗好きでした。老いた今も、家はほどほどに片付いているように見えます。

実家 シンク下 イメージ
*今日の画像はいずれもフリー画像です


でも、私が母に代わってお昼ご飯を作ろうとするたび、作業がはかどらず気疲れします。

片付いているように見えても、実際は道具があちこちに収納されているうえに、使わないものもいっしょにしまわれているためです。

いくら見た目はきれいでも、そういう状態だと使いづらい。その時ほしいものを、サッと出せないのです。



シンク下がとくに使いにくい状態になっています。

邪魔なものをまずよけて、それから欲しいものを取って、またその邪魔なものを戻して、扉や引き出しをしめるという具合。

でも、母は、それが当たり前になっていて、不便さに気付きません。
 

使いにくいキッチン、私にも言えることだから


考えてみれば、これは以前の私にも言えることでした。

当たり前になってしまっているから、不便さに気付かないというようなことがたくさんありましたから。



「おかあさん、これは、こっちにある方が便利じゃないかな」

母に対してこんなふうに言うと、頑固でプライドの高い母を傷つけてしまいます。だから今までは遠慮して言いませんでした。

でも、今回は言いました。しゃがんで前のものをどけないとお盆やお鍋が取り出せないというのは、誰より母がしんどいと思ったからです。



高齢でも、キッチンは母の領域


私の提案は、却下されました。残念。

「変えられると、迷ってわからなくなるから」と。わからなくなるのは、今の母にとってもっとも辛いこと。現実を突きつけられるように感じるのでしょう。



処分するのが嫌なら、せめて広いキッチンの別の場所へ移動したほうがいい。使うものこそ、出し入れしやすい場所に収納する方がいい。

そう思ったのですが、やはり場所を移動させることに抵抗があるようです。

キッチンは母の領域。たとえ高齢であっても、いえ高齢だからこそ、言い方に気をつけねば。



言い方を工夫してみました


そこで、声のかけ方を変えてみました。少しずついらないものを移動したり処分したりできるよう。母が納得しやすいよう。


●寄付を募っている団体が近所にあるから、いらないお盆はそこへもっていってみるね

●しゃがんだり、台を持ってこないと取れなかったりすると、足腰が辛いでしょう?

●処分は私が持って帰ってするから、心配しなくていいよ

●ついでに掃除しておくね、捨てたあとの汚れが気になるでしょう



終わりに


母はもう80代後半。足腰が弱り、耳が遠くなり、目も見えづらくなっています。

それでも料理をするのが好きだと、先日も言っていました。これは、喜ぶべきこと。私にとっても母にとっても。

気持ちに寄り添いながら、少しづつでも片付けをすすめていきます。それが、母の状態を保つことにつながると信じたいです。

2つのバナーをクリックして頂けると嬉しいです。更新の励みになっています。いつもありがとうございます。


シニアライフランキング1位のブログは?


ブログ村テーマ
50代からの片付け・収納・家事
シンプルで豊かな暮らし
大人が着る無印とユニクロの服
ブログ村ハッシュタグ
#50代からのシンプルライフ
#髪が傷まない白髪染め
#わが家の家計簿

2冊目となる書籍を発売中です。人生後半を身軽に暮らしていきたいという人に向けて書きました!年齢を重ねていても片付けが苦手でも、変えていくことができます。30代や60代の人からも「わかりやすかった」という感想をいただいています。手にとっていただけると嬉しいです。
記事:今の暮らしを変えて、人生後半を身軽に楽しく生きる

:::

原田さよ

PVアクセスランキング にほんブログ村人気ブログランキング

考・衣・食・住、すべてをシンプルに。片付けやすい順番や罪悪感のないものの減らし方、家族のだれもがわかりやすい収納、身体も心もラクでいられる家事のやり方について書いています。少ない服でも楽しめる着回しの工夫なども。
ものを減らしてゆったり暮らせるようになりました。自分に使える時間が増えたことが一番嬉しいです。

整理収納アドバイザー
住宅収納スペシャリスト
生前整理アドバイザー1級


くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『エッセオンライン』
『毎日が発見ネット』

最新記事

親の家の片付け、成功のカギは意外なこと Feb 25, 2024
婚礼家具の処分、私がしてきたこと Feb 23, 2024
ああすっきり。50代60代の片付け、先延ばししないための2つのコツ Feb 22, 2024
真似したい、70代お洒落な人 Feb 20, 2024
心が満たされる、楽天お買いものリスト(美味しいもの・家事をラクにしてくれるもの・PR) Feb 19, 2024
やって良かった!古いアルバムの整理。お金がかかっても節目写真館を選んだ理由と片付けの順番 Feb 17, 2024
可愛いだけじゃない、セリア北欧柄のキッチンガードが使いやすい理由 Feb 15, 2024
お知らせ Feb 13, 2024
思い出のものの整理をすすめて大満足、その理由は Feb 11, 2024
60代、友達から学ぶ年金生活の未来 Feb 10, 2024

気になるタグで記事を検索

ページトップへ戻る