義母とわたし。家事に意見され辛かったとき試して効果があったこと

スポンサードリンク





プロフィール・ブログ村       

思いをすぐ言葉にして伝えようとする義母と、人の評価が気になって言葉に出さない私。

こんな私たちが、義母の骨折を機にいちど失敗した同居を再開しました。まもなく5年目に入ります。義母は現在、要介護2です。

今日は、そんな義母と私の「もったいない」の違いをどう解決してきたかについて書きます。

私は先日、こんな記事も書きました。

▶ もう逃げよう、良い嫁も良い妻もやめて、今だけ逃げよう

home.jpg

結論から書くと、それは簡単でした。私が難しく考えすぎていただけでした。

「おかあさん、私に任せてもらえませんか」とはっきり伝えたら、義母はあっさり納得してくれました。

言い方しだい、タイミングしだいだったのです。背景にある義母の思いにも気づくことが出来ました。



目次
義母と私の「もったいない」の差
「もったいない」の差がストレスになったとき、やって効果があったこと
 ▶なぜ私が辛いかを考えてみた
 ▶伝え方の工夫
もうひとつ、わかったことがありました
終わりに



今の義母は、この記事に書いた頃と同じではありません。

でも、一気に変わってしまったわけでもありません。これは同居しているからこそわかることだと思います。

いろいろあって逃げ出してしまうこともある私ですが、トータルではまあまあ平和に暮らすことができていると喜んでいます。

 

義母と私の「もったいない」の差


いちどめは失敗したものの、今度はもうお互い年も取ったし、なんとかなるだろうと思っていました。ケアマネさんや福祉課の人と相談しつつ、念入りに準備してきたという思いもありました。

でも、いざ同居をはじめてみるとそう上手くはいきませんでした。




私がしんどかったのは、「もったいない」の基準の違いでした。

当時はまだ要支援1の状態でしたから、家事にも私がすることにも、義母は言いたいことがいっぱいあったのでしょう。これはもう仕方ないことだとわかっているつもりでした。

でも、小さなことでも積もれば大きくなってしまいます。私も主婦を30年近くしてきたので、意見されるのは辛かったです。



●リビングや廊下の電気をつける時間帯の差
●エアコンの設定温度の差
●歯ブラシを換えるタイミング
●雨戸を開け閉めするタイミング

たとえばこれがみんな違いました。家じゅうのタオルやパジャマを毎日洗いたい嫁と、そうでない姑というのもその例です。


リフォーム リビングドア

「もったいない」の差がストレスになったとき、やって効果があったこと


なぜ私が辛いかを考えてみた


価値観が違うのはあたりまえだと思っていました。こんなささいなことなど、流せばいいと。なのに落ち込んでしまうのはなぜか?

それは私が、自分の考えを義母にいっさい言わなかったからです。

嫁の私が反抗するなんてとんでもないと思っていました。もうこれが昭和の考え方なのでしょうね。



伝え方の工夫


結婚してから、義母に、面と向かって反抗したことがありませんでした。でも、それをやめてみました。

伝えるとき気を付けたことは2つあります。


●言う時間は、義母の調子が良い午前中
●言い方の工夫としては、短い言葉で理由をいっしょに伝えること



「○○だと思うから、私はもったいないと思いませんよ~」と軽く、でもはっきり伝えてみました。理解してもらえないかも…と思うのもやめて。

すると義母は予想に反して、「ああ、そう。わかった」とあっさり。

どこまで理解してくれたかは疑問ですが、言ってみて良かったです。こちらの気持ちを伝えられただけでも、私はかなりスッキリしました。


フェイスタオル多数

もうひとつ、わかったことがありました


今はもう要介護2の状態になっているので、4年前のようにはいきません。義母が出来なくなっていることも増えています。

でも、なにもかも我慢して言わないというのはやめています。言葉やタイミングを選びさえすれば、まだ分かってくれると信じて。



この4年でもうひとつ、わかったことがありました。それは、義母が私の家事にあれこれ言う本当の理由です。

「もったいない、もったいない」と言ってきたのは、単に会話したいだけ、会話のとっかかりがほしいだけだったのでは?と。



80代半ばで突然知らない土地へ引っ越してきた義母にとって、デイサービスで会う人やスタッフさん以外、話し相手は私と夫しかいません。

家でも話したい。構ってほしい。自分をもっと見てほしい。

だから、目の前でしている私の家事を話題にするのではないかと気付きました。

とは言え、それに全てつきあっていると私が消耗してしまいますので、上手く折り合いをつけながらつきあってきました。もうこれさえ、遠い昔の話になってしまいました。



終わりに


同居はたしかにしんどいです。自由な時間も少ない。でも、義母の小さな変化に早めに気付けるのは良いことだと思っています。

なぜそうなってしまうか?に早めに気付くことができるので、介護サービスのプラン変更にも反映しやすく、お互いが悪い状態になるのを防ぐことができると思っています。



伝えることと流すことを、分けて考える。自分も守りつつ、相手も守る。

はじめから難しく考えるのではなく、良いと思ったことはやってみます。やってダメなら、次の手を考えます。

きっと大丈夫。なんとかできるという自信がこの4年で身につきました。

下のバナーをクリックしていただくと更新の励みになり嬉しいです。いつもありがとうございます。

 

シニアライフ人気ブログ、ランキング1位のブログは



ブログ村ハッシュタグ
#50代からの片付け
#50代からのシンプルライフ
#わが家の家計簿
#50代からのファッション
#髪が痛まない白髪染め



書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

原田さよ

整理収納の基本、ものを減らしてゆったり暮らせるようになったこと、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
整理収納アドバイザー1級
生前整理アドバイザー1級
FC2ブログ公式ブロガー

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

PVアクセスランキング にほんブログ村

月1回のペースで片付けセミナーを開催しております。少人数制のため、おひとりおひとりのご質問にもお答えしやすい環境です。
みなさまのご予約をお待ちしています。

*終了しました。1年間、ありがとうございました。次回のセミナーが決まりましたら、またお知らせいたします。2022年6月25日

最新記事

このお手軽だしで普通のおかずもグッと格上げ Jul 05, 2022
若々しく見える髪型、ひし形フォルムのショートヘア【40代50代60代】 Jul 04, 2022
結婚後のくらしは順調ではなかった、けれど Jul 02, 2022
美しい60代ブロガーさん、私の病気、子どもの遺品整理など Jul 01, 2022
人は見た目で決まる Jun 30, 2022
ついていけるか?義母の変化、孫の変化、私どうする? Jun 28, 2022
50代でも遅くなかった、はじめて良かったこともあった Jun 27, 2022
憧れる60代ブロガーさんのことと、私の今後と Jun 25, 2022
洗濯OK夏も安心。プチプラ大人Tシャツと、つば広帽子で楽しもう Jun 24, 2022
結婚した娘とは、距離を取りながら仲良くするのが理想 Jun 23, 2022

気になるタグで記事を検索

利用した着物の出張買取

月別アーカイブ

 

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る