片付けられない母が、この言葉で片付ける気になってくれた

スポンサードリンク





プロフィール・ブログ村       

親の家の片付け。言葉のかけ方


日曜日は実家へ行って、母の様子をみてきました。

「片付けたい、片付けたい」

母はここ数ヶ月、しきりにこう言うようになっていたため、その日も30分ほど手伝いました。長時間はもう無理なので、いつもこのぐらいです。

今日は、片付けたいというわりに片付けられない母が、私の言葉かけを変えたことで前向きにものを手放してくれた話を書きます。


次のようなことに気をつけたら、うまく行きました。

●親とそのものとの思い出に、耳を傾ける

●本当はどうしたいかを、親本人に気付いてもらえるような言葉をかける




親の家の片付け。言わないほうが上手くいく言葉
親の家の片付けより先に、自分の家の片付けを終えよう
親とそのものとの思い出に、耳を傾ける
本当はどうしたいかを、親本人に気付いてもらえるような言葉をかける
終わりに



親の家の片付け。言わないほうが上手くいく言葉


親の家の片付けを親と一緒にするとき、言わないほうが上手くいく言葉というのがあります。


「これ、要るの?何に使うの?」

「なんでこんなに物が多いの」

「もう捨てようよ」


私も昔は言ってしまっていました。これがかえって親のやる気を削いでしまうとも知らず、自分の気持ちだけを押し付けて。



実家の母は、ものすごく物をためこむタイプの人ではありません。

廊下も居間も寝室も、年齢のわりにはきれいに整頓されている方だと思います。

ただ、納戸や押入れやタンスのなかは奥に何があるのかもうわからない状態で、ほしいものをすぐ出せないときがあるようでした。それはキッチンでも仕事部屋でも同じでした。

だから本人も、なんとかしたい、片付けたいと思っていたのでしょう。


親の家の片付けより先に、自分の家の片付けを終えよう


生前整理の考え方では、親の家の片付けより先に、自分の家の片付けを終えなさいというのがあります。


「こんなもの残しておいてどうするの?」

私自身がいま、着物の整理を何日もかかってしているので、もしこんな言葉を言われたらとても辛いというのがわかります。

自分を納得させるために必死なところへ、有無を言わさないような正論を言われるのは辛い。



これは、親のほうも同じです。

追い込むのはよくないです。本人はちゃんと「片付けたい」と思っているので、寄り添うのがベター。

こちらはけっこう忍耐力がいりますが、慣れてくるとその効果のほうに目がいきます。親がものを手放す気になってくれるという効果です。

 

親とそのものとの思い出に、耳を傾ける


日曜の母の家の片付けでは、た~くさん出すだけ出して一つずつ確かめても、母は結局ほとんどのものを元に戻していました。


「ごめんね、おねえちゃん(私のことです)、やっぱりこれは捨てられないわ。残しておいても仕方ないってわかってるんだけど」

「これはおとうさんが○○していたときの」

「こっちは○○おばさんがくれたもの」

「これ、みんなで旅行に行ったときのね。おねえちゃん、覚えてる?」



一つ一つを手にとりながら話す母の言葉を、私は相づちをうちながら聞きました。

結局はほとんどのものを元に戻すことになりましたが、私はもうそれでいいと思っています。少しでも片付いたし。母が嬉しそうだったし。

安全でさえあればじゅうぶんです。これは妹も弟も、同じ考えです。


親の家の片付け 実家の片付け イメージ

本当はどうしたいかを、親本人に気付いてもらえるような言葉をかける


「今日はここまでにしようよ」といったとき、母が2足の靴を両手に持ってぽつんとひとこと言いました。

「あとどのくらい生きられるかわからないのに、私は馬鹿ね」と。



一足は黒でヒールが5cmくらいあるパンプス。もう一足はウオーキングシューズでした。

あわてて私は母の言葉を遮り、こう言ってみました。



「どっちの靴が好き?」

「ヒールの高い靴はとても綺麗だけど、こけたら怪我をするから心配だな~」

「どちらかを残すなら、散歩でもはけるそっちの靴がいいかもね。それを履いて歩いてくれると嬉しいな~」

親の家の片付け 玄関 イメージ

これらの言葉は、母に届いたようでした。母は、ヒールの高い黒いパンプスのほうを手放すと言ったのです。

「お母さんが危ないから」というのももちろんいいと思います。

ですが、「私がそうしてくれると安心だから」「嬉しいから」という声掛けが良かったみたいです。

たかが1足、されど1足。



●捨てるものを探すのではなく、好きなものを探してもらう

●親の立場で考えてもらえるよう促す(娘が安心するなら、喜ぶならと)



終わりに


いつまでこれが通用するかわかりません。母の認知症の状態もゆるやかにすすんでいますので。

でも、母の思いにできるかぎり寄り添いながら、親の家の片付けをすすめていきたいと思っています。それが私自身のためにもなると信じて。

2つのブログランキングに参加しています。それぞれ下の四角いバナーをクリックして頂けると嬉しいです。いつも応援していただき、ありがとうございます。

シニアライフ人気ブログ、ランキング1位は




ブログ村テーマ
50代からの片付け・収納・家事
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
私の人生を変えた一冊
50代からのファッション
白髪ケア・白髪染めについて
シンプルライフ・ブログランキング




書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

原田さよ

整理収納の基本、ものを減らしてゆったり暮らせるようになったこと、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
整理収納アドバイザー1級
生前整理アドバイザー1級
FC2ブログ公式ブロガー

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

PVアクセスランキング にほんブログ村

月1回のペースで片付けセミナーを開催しております。少人数制のため、おひとりおひとりのご質問にもお答えしやすい環境です。
みなさまのご予約をお待ちしています。

*終了しました。1年間、ありがとうございました。次回のセミナーが決まりましたら、またお知らせいたします。2022年6月25日

最新記事

美しい60代ブロガーさん、私の病気、子どもの遺品整理など Jul 01, 2022
人は見た目で決まる Jun 30, 2022
ついていけるか?義母の変化、孫の変化、私どうする? Jun 28, 2022
50代でも遅くなかった、はじめて良かったこともあった Jun 27, 2022
憧れる60代ブロガーさんのことと、私の今後と Jun 25, 2022
洗濯OK夏も安心。プチプラ大人Tシャツと、つば広帽子で楽しもう Jun 24, 2022
結婚した娘とは、距離を取りながら仲良くするのが理想 Jun 23, 2022
この化粧水と乳液は、がんばる主婦の強い味方 Jun 22, 2022
亡くなった子の家具を捨てる前にしたこと Jun 21, 2022
親の家の片付け。私がしないと決めていること・続けていくこと Jun 20, 2022

気になるタグで記事を検索

利用した着物の出張買取

月別アーカイブ

 

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る