*当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

夫は定年、義母と同居、リビングに私の居場所はない。対策はこの2つ!

///

わが家のリビングは最早リビングではない。けれど。


夫は2021年の6月に定年し、義母とは2018年の4月から同居しています。義母との同居は、訳あって二度目の同居です。

また、夫が定年したといっても再雇用で仕事はしています。ただ99%在宅勤務なので、外出してくれない限りずっと家にいます。

そんなわが家のリビングに、私の居場所はありません。正確にはLDK全体でも居場所がない。実は夫にとっても、リビングは休める場所ではなくなりました。

プロフィールと過去記事 ブログ村

無垢ダイニングテーブル楽天オーダー家具ドイモイ202103
(リビングからみたダイニング、冬の写真です)

今日は、リビングに居場所がなくなっても平気になった私たち夫婦が、どんなふうに暮らしと気持ちを変えてきたかを紹介します。

目次
リビングに居場所がなくても平気になった2つの理由
リビング以外にくつろげる居場所を作った
現実を受け入れた
終わりに

なお、この記事はブログのお友達のユキコさんが書かれた記事に触発されてまとめました。過去にアップした記事に加筆し、写真も新しいものを加えて更新します。
 

リビングに居場所がなくても平気になった2つの理由


●リビングはあきらめ、他の部屋を片づけて、くつろげる自分の部屋を作った
●現実を受け入れた



私はともかく、定年して在宅勤務を続けている夫にもリビングに居場所がない理由は一つ。

義母を呼び寄せて以来、リビングは義母のものになったからです。義母の部屋は1階の6畳和室を少しリフォームして用意しましたが、寝るときしか行きません。



正直にいうと、はじめは義母に「自分の部屋でくつろいでくれたらな…」などと思いました。

でも、義母の年代の人が、個室があっても居間で1日を過ごすのはよくあることだと思ったし、ずっと話し相手をするのが辛いというのは私の都合なので切り替えることに。

それに、LDKのリフォームをしようと決めたのは、義母と同居をはじめても安全に暮らすためでした。

同居しなければ、リフォームなどうちには贅沢だと思っていたので、雨漏りでもしない限りできなかったと思います。

というわけで、リビングに私の居場所はありませんが、今は穏やかな気持ちで暮らせるようになりました。




リビング以外にくつろげる居場所を作った


リビングに居場所がないなら、自分の部屋をもっと自分好みにしよう。

空いた子供らの部屋を片づけ自分の部屋にしたのだから、もっとくつろげるように変えていこうと思い、さらに整理したり好みの家具を置いたりしました。

夫は新たに買った仕事机とチェアのある自分の部屋で、仕事をし休憩をしという毎日です。

寝室 パソコン パワポ作成中

私も同じで、好きな写真やクッションを置いた自分の部屋(もとは寝室で、娘の部屋にしていた)で、ブログを書いたり、依頼してもらった原稿を書いたりしています。

ベッドも買い替えたし、照明もデスクライトも変えました。動画をみて好きなエアロビクスをそっとやったりすることも。

狭いし、時間に制限はありますが、自分の部屋にいるときだけは自由だと思えます。

WEB内覧会で画像を見せていただき、寝室の家具の配置などを決めました。機能的でスッキリした部屋は、見ているだけでも気分がよく憧れます。

ブログ村テーマ
WEB内覧会*寝室




夫が自分の部屋で仕事をするようになってから買ったのは、ニトリの机です。組み立てられたときは嬉しそうに、私に報告しにきました。

夫は出来なくなったことをどうこう言わない人なので、リビングにいられないことに対しても何も言いません。その点は助かっています。夫には小さな不満はありますが、これはたぶんお互い様。



夫が愛用しているニトリの机

[幅120cm]デスクワゴンセット (サーヤ) ニトリ 【玄関先迄納品】 【1年保証】 【新生活】



現実を受け入れた


現実というのは、義母がリビングに朝7時から夜8時までずっといるという現実です。

それを変えようと思わないことにしました。たまに渋ることはあっても、たいてい義母はデイサービスのバスに笑顔で乗ってくれるからです。

デイサービスに行かないと言われたら、本人のリハビリにならないだけでなく、私も義母と距離を置けず辛いですから。



デイサービスがない日は、義母はずっとリビングのソファに座ってテレビを見ながら、小さな机でぬり絵をしたり編み物をしたり。こちらさえ気を付けていれば、機嫌よくしてくれています。

リビング収納についてはこんな記事も書いています。未読の方はぜひご覧ください。

2023年リビング
(2023年秋、ダイニングからリビングを見た様子です。義母に危なくないように、リビングのラグは敷かず、重たいリビングテーブルは処分しました)


「さよさーーん、ちょっとおりてきてー」

2階にいる私を、義母はよく大きな声で呼びます。でも、ずっと見ていなければ危ないという状態ではまだないし、階段の上り下りは私にとってもいい運動になっているので、不満はありません。

義母は一人暮らしをしていたとき、起きてから寝る前まで居間で過ごしていましたから、その習慣を変えないほうが私にとってもいいはず。高齢になってから習慣を変えるのは、ストレスになりますから。

変化に対応できる方が変わればいいだけです。



義母はもっと話し相手をしてほしいと思っているかもしれませんが、私も夫も適度に距離を置かないとやっていけないというのが本音です。

みんなが少しずつ我慢して、ゆずりあって、平和に暮らすのがいちばんだと思います。

*キャスターはロックできますが、キャスター付きテーブルは危ないかもしれないとご指摘があったため商品リンクは外しました。ご指摘いただき、ありがとうございます。

終わりに


シニア3人になったわが家の、リビングの話を書きました。ベストを追うのをやめ、何を優先するのがベターかを考えると、上手くいくように思います。

わが家が優先したのは、義母が機嫌よくいられることでした。結局は、そのほうが私も夫もラクです。

これからも何がベターかを考えたり、変われるほうが変わったりして、穏やかな気持ちで暮らしていきたいです。

ブログランキングに参加しています。2つのバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ 

ブログ村ハッシュタグ
#50代60代からの片付け
#リフォーム費用
#義母の介護
#プレ年金生活


読者登録バナーもご利用ください。更新のお知らせが届きます。

シニアライフ人気ブログのランキングへ

2冊目となる書籍を発売中です。人生後半を身軽に暮らしていきたいという人に向けて書きました!年齢を重ねていても片付けが苦手でも、変えていくことができます。30代や60代の人からも「わかりやすかった」という感想をいただいています。手にとっていただけると嬉しいです。
記事:今の暮らしを変えて、人生後半を身軽に楽しく生きる

:::

原田さよ

PVアクセスランキング にほんブログ村人気ブログランキング

考・衣・食・住、すべてをシンプルに。片付けやすい順番や罪悪感のないものの減らし方、家族のだれもがわかりやすい収納、身体も心もラクでいられる家事のやり方について書いています。少ない服でも楽しめる着回しの工夫なども。
ものを減らしてゆったり暮らせるようになりました。自分に使える時間が増えたことが一番嬉しいです。

整理収納アドバイザー
住宅収納スペシャリスト
生前整理アドバイザー1級


くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『エッセオンライン』
『毎日が発見ネット』

最新記事

本が捨てられない!本の整理のコツと後悔しない手放し方 Apr 06, 2025
こんまり片付けで救われた。食器を捨てるとき今も続けているのはこのやり方 Apr 23, 2024
親のためにお金を差し出せるか、夫婦の金銭感覚の違いをうめるには Apr 21, 2024
買ってよかった春夏の羽織もの、23区マルチ機能シアーショートカーディガン Apr 21, 2024
【片づけ】定年後の夫には期待しない方がうまくいくようです Apr 20, 2024
同居などしなきゃよかった?高齢の義母との暮らし、ラクでいられるよう工夫していること Apr 18, 2024
母の着物の整理、ゴール目前まできて思うこと Apr 16, 2024
ラクで美味しい楽天でリピート中の食べもの Apr 15, 2024
奈良の馬見丘陵公園でひとり遠足を楽しむはずが…母の面会で笑い転げて終わる Apr 13, 2024
春に大活躍、スカーフの簡単な巻き方 Apr 12, 2024

気になるタグで記事を検索

ページトップへ戻る