食器の断捨離は、この3ステップを踏んで後悔ゼロ。

スポンサードリンク





プロフィールはこちらから・にほんブログ村

      

手前の方しか使えていなかった食器棚が、断捨離3年目にしてようやくスッキリしました。
今日は、キッチンにあって捨てにくかったものの代表格、食器の”捨て方”と、”捨てる基準の決め方”についてまとめてみました。
下の3つを、順番に説明しています。


1.食器を、「今」基準で3つのグループに分ける。
2.1年以内に使っていない食器を、さらに3つに分ける。
3.思い出があって残しておきたいもの以外は、手放すか捨てる。
☆お手本になるキッチン(台所)を見ておく。




1.食器を、「今」基準で3つのグループに分ける。

まずは全ての食器を出し、下の3つに分けます。
出す前に、食器を広げる場所と分けるゾーンを決めておきます。


1.今使っているもの。
2.この1年で一度でも使ったことがあるもの。
3.最後に使ったのがいつか思い出せないもの。使っていないとわかっているもの。



2.1年以内に使っていない食器を、さらに3つに分ける

上の「3.最後に使ったのがいつか思い出せない食器(1年以内に使っていないもの)」を下の3つに分けます。
使っていないとわかっていても、すべてを捨てなくていいと思うんです。ただ、その前段階として、この3つに分けてみる作業は必要だと思います。


1.捨てるもの。
2、寄付するか、売るもの。(”リサイクル食器”と地域名を入れて検索すると出てきます。)
3.あまり使わないが、思い出があるので残しておくもの。


マグカップ


3.思い出があって残しておきたいもの以外は、手放すか捨てる。

「この1年では使っていないが、思い出があるから残しておく」以外の食器は、こういう基準をもとに手放すことに決めました。
(リサイクル食器の対象にできるものがなかったので、私はそれらをすべて不燃ごみとして出しました。)


1.欠けてはいないが、明らかにデザインが古臭い。
2.5客セットだったのが2つしか残っていないなど、揃っていないという理由で使わなくなった。
3.頂きものだけれど、好きではなくて奥へおしやっていた。



まとめ


食器棚をすっきりさせて使いやすくするのが目的だというのを思い出しながら眺めていると、迷うこともなくなっていきました。
と同時に、めったに使わなくて大切な食器だと思うなら、ときどきでも出してきて手入れしようと決めました。
使いやすく機能美を兼ね備えた食器棚めざし、さらに片づけていきたいです。
 


書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

原田さよ

整理収納の基本、ものを減らしてゆったり暮らせるようになったこと、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
整理収納アドバイザー1級
生前整理アドバイザー1級
FC2ブログ公式ブロガー

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

月1回のペースで片付けセミナーを開催しております。少人数制のため、おひとりおひとりのご質問にもお答えしやすい環境です。
みなさまのご予約をお待ちしています。
2022年1月22日(土)はリビング・ダイニングの整理収納についてお話します。

「片付け入門講座 ~日々の暮らしをスッキリ快適に~」のお申し込みはこちらから

最新記事

うつ病を発症した経験から得た、親の認知症への対応 Jan 24, 2022
急に母の認知症がすすみ、途方に暮れる。でも私にできることが3つある Jan 23, 2022
時間がなくてもきっとできる。忙しくて片付けられないときの片付け方 Jan 22, 2022
物が少ないと、収納のスキルが不要になってくる。片付けのハードルが大きく下がる Jan 21, 2022
書類をラクに整理したい人におすすめ【どっさり個別フォルダー ナカバヤシ】整理収納 Jan 20, 2022
ああ予想できない。介護の問題を、スッキリ解決するためには Jan 19, 2022
50代60代におすすめの美しく歩きやすい靴【神戸ビューフォート】のコンフォートパンプス Jan 18, 2022
亡くなった息子、母としての自分、嫁としての自分 Jan 17, 2022
これはもう手放せない。SUNCRAFT(サンクラフト)のトング Jan 15, 2022
片付けで老後をラクに。物が多すぎて捨てられないとき確かめて良かったこと Jan 14, 2022

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る