親の家の片付け。私がしないと決めていること・続けていくこと

スポンサードリンク



はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。


親の家の片付けは続く


今日は、親の家の片付けで、私がしないと決めていること・続けていくことを書きます。

義実家の片付けについてはこんな記事にまとめています。



「いつか片付けるのは私ら兄弟なんだから、もっと捨ててほしいわ」
「これ、いるの?こんなもの、何に使うの?」
「物が多すぎだと思うし、危ない」


なんて酷いことを言ってきたのでしょう!

私は自分の片付け下手を棚にあげ、親を責めていた時期があります。テレビで、片付けや収納の話題がさかんに出るようになった頃でした。

実家は決して汚部屋ではなかったのに、自分のことばかり考えていました。親がそれまでどれほど物を大事にしてきたかなど、まったく考えられませんでした。

 

親の家の片付け。私がしないと決めていること・続けていくこと


80代後半の母は、一軒家で一人暮らしをしています。

義母をデイケアで預かってもらっている間に、実家へ行って母の様子を見てきました。

実家で片付けをするとき、私がしないと決めていることと、続けようと決めていることがあります。


親の家の片付け、しないと決めていること


●母に片付けを急かすこと
●捨てれば?これいるの?という言葉を使うこと


親の家の片付け、続けていること


●片付けながら、母の思いをひとつずつ聞くこと
●片付けを特別なことにせず、ふだんのくらしの延長線上におくこと
●無理をせず、母の気持ちに合わせること



自営業だった私の親の家や建物、田舎で広い家と畑があった夫の実家。

2つの親の家の処分をみてきたなかで、私の思いもだいぶ変わりました。

かかる費用も時間もわかったから「腹をくくれた」、といったほうが正しいかもしれません。

こんなテーマもあります。

親の家の片づけ 住まいブログ・テーマ


親の家の片付け 空き家の処分 外回りの草ひき1

親の家の片付けは、時間をかけて親のペースに合わせながら


今の実家は父が亡くなってから住んでいる家で、元の実家や土地はすでに処分しています。

「おかあさん、前から片付けたいって言ってた服のこと、今日やる?」

今回は、前に行ったときより体調が良さそうだったので、こう誘ってみました。

すると母は目を輝かせて言いました。

「いいの?おねえちゃん(私のことです)時間あるの?」

無理をすると私のリウマチにも悪いので、80代後半と50代後半の母娘というシニア2人で、ぼちぼちと片付けてきました。



親に言ってはいけなかった言葉


「捨ててよ、いらないでしょ、これいるの?何に使うの?」

もうこんな酷いことは思わないし、もちろん言うこともありません。

捨てないことにも、母なりのしっかりした理由があると知ったからです。

たとえその理由が、私から見れば疑問だらけだったとしても。

その物も、思いも、母のものなのです。


親の家の片付け2021年5月 (4)

親の思いを聞く


母は、押入れから出した衣装ケースから、一枚一枚の服を出し、それにまつわるエピソードも一つ一つ話していました。

前の私なら面倒くさがって、適当に聞き流していたと思います。

でも今は、じっくりその思い出話に耳をかたむけています。



母は自分でもわかっているのです、服が多すぎること。

減らした方がいいこと。片付けた方がいいこと。

私はそんな母を昔のように責めず、手放したくない思いを話してもらっています。

そうすることで、ゆっくり自分で決めてくれたらいいと思うようになりました。



この日は衣装ケース3つぶん、服は60枚ほどあったでしょうか。主に秋冬のニットです。

結局、捨てていいと母がいった服は5枚ほど。それを、私がこの家に持って帰りました。

あまりにも母が迷っていた服は、もらって帰りました。「私が冬に家で着るわ、ちょうだいね」と言って。


親の家の片付け2021年5月 (3)

これは、関東に住む叔母がプレゼントしてくれたものだそう。

素敵なんだけどもったいなくて着られないそうです!

虫よけの薬を入れ、たたみなおし、衣装ケースへ戻しました。



終わりに


酷いことを母に言ってしまった事実は、たとえ昔のことであれ消えません。

でも、今からのことは変えていけます。

急かさない。

そのかわり、私も焦らない。

今日はこれだけ出来た、じゅうぶんだ~と思えるよう、これからもゆっくり片付けていきます。

ブログランキングに参加しています。下の2つのバナーをクリックして下さるとうれしいです。応援、いつもありがとうございます。





ブログ村テーマ
50代からの片付け・収納・家事
捨てても、大丈夫だったもの
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
50代からのファッション
大人が着る無印とユニクロの服
白髪ケア・白髪染めについて
断捨離・ブログランキング




書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク

原田さよ

片付けられなかった経験をもとに、物を減らしてゆったり暮らせるようになった過程や、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

服や雑貨をご提供いただいています

PLSTオンラインストア

オンワードクローゼット、楽天のショップからも一部の商品をご提供いただいています。

最新記事

悔いなく手放せる、思い出のものの整理。残し方、減らし方、活かし方(2) Jun 12, 2021
PLST、どんなトップスにも合う夏のボトムス Jun 11, 2021
狭い洗面所をスッキリ使う片づけ方、まとめ Jun 10, 2021
とうとう義母に怒ってしまった!切り替えた方法はこれ Jun 09, 2021
思い出のものの整理。残し方、減らし方、活かし方(1) Jun 08, 2021
【お知らせ】あべのハルカスで片付けセミナーをします Jun 07, 2021
みんなに教えたくなる、家事ラクなお買い物リスト Jun 05, 2021
マスク肌荒れが楽に。マスクインナーが良かったです Jun 04, 2021
わけて安心、写真や動画の保存のしかた Jun 03, 2021
Tシャツが似合わなくなったらこれ。大人っぽくて上品です Jun 02, 2021

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る