敏感なわたしの、苦手な人との付き合い方

スポンサードリンク



はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。


この年になっても敏感な性格はなおらないけれど


性格というのは年齢を重ねてもなかなか変えられないものですね。夫や義母を見ていても思うけれど、私自身がとくにそうだと感じます。

「敏感で育てにくい子」と幼いころから言われ続けてきました。

そんな私が、年齢を重ねながら身につけてきた゛苦手な人との付き合い方″について書いてみます。

シニアライフランキングにも参加してみました

人の言動に対していつも勝手に疲れてしまう私が、こっそりやってきた方法です。

コツは、苦手だとか避けているとかいうことを相手に悟られないこと。鉄板のルールですね!




昨日のTwitter。57歳にもなるのに、いまだにこんなことを呟いています。

年齢を重ねても、いろいろあるのですよ~。でも、しんどくなりすぎる前に回避する術はあります!


ダイニング ペンダントライト

苦手な人をかわす方法


●苦手な人から物理的に離れる
●苦手な人と話をしないといけないときは、同意しないで流す



苦手な人から物理的に離れる


学校、職場


同じクラス、同じ職場なら、苦手な人と離れたところにいるようにする。

席が決まっているなら、休み時間だけでも席を立って別の場所へ行く。トイレでも、図書室でも、休憩室でも。



親戚、ご近所、ママ友、趣味友


親戚、ご近所、ママ友、趣味友なら、井戸端会議のような場には長時間いないようにする。

ただし、挨拶だけはちゃんとしておく。後々のために。

「こんにちは~」とだけ言って笑顔で立ち去る。

あとで何か言われているかもしれないが、別のことをして考えないようにする。

 

家族


家族なら、家の中でも離れた場所にいるようにする。

「今、苦手!」と思ったら、その場をさっと離れます。

ただし、トイレへ行くついでにとか、郵便物をとりにいくついでにとかいうフリをしてです。



あからさまに避けていると気付かれてしまうと、家族の場合、家の中に悪い雰囲気が流れて逃げ場がなくなります。

なので、そこは注意します!

要介護2の義母を長時間ほおっておくことは無理ですが、目を離せないわけではないので目立たぬように逃げています。

↓冷蔵庫の陰にかくれて友人にLINEをすることも。「もう参ったよ~」と泣きごとを。

100円ショップ キャンドゥ モノトーンかやふきん (1)


苦手な人と話をしないといけないときは、同意しないで流す


物理的に話さなくていいように距離をとっていても、話しかけられるときはあります。もう逃げられないという環境で。

そういうとき私は、次の2つのことを意識してしんどくならないようにしてきました。



●誰かの悪口を言ってきても「そうですね」と言わず、その人が好きな話へと誘導してかわす

●それでも聞きたくない話をやめてくれないときは、「なるほど」と言って話を変えてみる



昨日のTwitterのように、私も人の悪口を言ってしまいます。

でもリアルでは、かなり仲良くしている相手じゃない限りそんな話はしません。



苦手な人からだれかの悪口を聞かされたときも、「そうですね」とは言いません。

同意したばっかりに、「原田さん””、そう言っていた」と伝わってしまうかもしれないからです。

苦手な人が誰かの悪口を言いはじめたら、その人が興味を持っていそうな別の話に誘導して、雰囲気を変えます。



終わりに


学校、職場、親戚、ご近所、ママ友、趣味の友、そして家族。

私のような世間の狭い人間でも、捨てられない人間関係はありました。

私もきっと誰かから「苦手な人」と思われているでしょう。

年をとればとるだけ荷物が増えるように、複雑な人間関係ができてしまうこともしばしば。そんな人間関係なんてもう捨ててしまいたいと思うときも。



でも、多少ズルいやり方でも人間関係がうまくいくようになると、自信が持てるようになります。

勇気を出して心を開けば、苦手な相手とでもうまくいく場合があると知ったり。

迷いは今もありますが、引いたり押したりしつつ、まずは敏感な自分とうまくつきあっていけるようにしたいです。

2つのブログランキングに参加しています。下のそれぞれのバナーをクリックしていただけると嬉しいです。




ブログ村テーマ
50代からの片付け・収納・家事
捨てても、大丈夫だったもの
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
50代からのファッション&コーデ
大人が着る無印とユニクロの服
白髪ケア・白髪染めについて



書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク

原田さよ

物を減らしてゆったり暮らせるようになった過程や、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

最新記事

夫を家事に参加させるコツ【定年前から】 Aug 04, 2021
憧れる60代ブロガーさんやワクチンの副反応など、先月の振り返りと8月にすること Aug 02, 2021
もう疲れた。好きなことをしよう。 Jul 31, 2021
孫とのかかわり方で気を付けていること Jul 30, 2021
美しい白トップスでシンプルコーデ【MARIED’OR】 Jul 29, 2021
家族から離れたいときは Jul 28, 2021
え?そうなの? Jul 27, 2021
ご報告 Jul 25, 2021
ワクチンの副反応、辛かったので記録しておきます(接種1回目) Jul 22, 2021
快適さらさら、カップ付きタンクトップ【KIREILABOグンゼ】 Jul 20, 2021

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る