孫へのプレゼントは勝手に買わない。初孫、2歳になりました~!

スポンサードリンク



はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

今日は孫へのプレゼントで私が決めていることと、ちょっとした本音も書いてみます。

でも、孫が可愛いという最終的な思いは同じです!


積み木 イメージ

孫へのプレゼントを買うときのマイルール


先日、孫が2歳になりました。

その数日前に、娘の好きな子ども服のお店へ一緒に行ってきました。

「孫へのプレゼントを買うときのマイルール=勝手に買わない」、こう決めています。



これまで孫へのプレゼントは、娘やお婿さんのリクエストを具体的に聞いて選んできました。

もし私が逆の立場なら、そうして欲しいからです。

祖父母の立場で好きなものを選んで買ってあげることを否定しているのではありません。

愛情の示し方が違うだけのこと。正解なんてありませんから。

シニアライフランキングに参加してみました



初誕生は、お婿さんの希望で木製の積み木。

初節句は、娘の希望で淡い色の着物のお雛様。

クリスマスや子供の日など他のイベントのときも、今どんなものが欲しいかを聞いて決めてきました。



期間限定のことです。

祖父母側からの思いの押し付けにならないようにしつつも、こちらも楽しませてもらえるよう、折り合いをつけつつ交流していけたらいいなと思っています。

 

2歳の孫へのプレゼント、娘の希望は


娘は欲しいものがあるていど決まっていたようで、お店のなかにいたのは10分ほどでした。

それでも、久しぶりにキッズ服をたくさん眺められて楽しかったです。

今はキッズ服と言っても大人のデザインとあまり変わらなくて感心しました。

娘が子供のころもよく一緒に買いに行きましたが、もう忘れてしまいました。





プティマインは、NARUMIYA ONLINE(ナルミヤ)のブランドのひとつ。トレンドを意識しつつも子どもらしさもちゃんとプラスしてあるキッズブランドです。

娘や孫と一緒にお店に入ってみた印象は、おしゃれなのに日常使いできるデザインで、価格もそんなに高くなく手に取りやすいなというもの。


★お洒落
★おとな可愛い
★値段が高くない
★生地や縫製がしっかりしている


現実的な娘が好きそうな、こんな条件が揃っていると感じました。

ベビーからキッズへ移り、動き回りやすいデザインというのも条件に入ってきますね。

今までずっとベビー服ばかり見てきたので、キッズ服を見て歩けたのは新鮮で嬉しかったです。



(画像をクリックするとお店のページへ飛びます)




あと、男の子のもカッコいいうえに大人っぽくて可愛かったです。息子の頃のことを思い出しました。

亡くなった息子はすぐ一人でどこかへ行ってしまう子だったので、黄色や赤色などの服をよく着せていたのです。

お値打ち価格で、こんなカッコよくて可愛いのがあるなんてすばらしいです。




私、嬉しがっていますね。

あんなふうに外に買い物に出るのも久々だったので、あの日の勢いのまま書いています。



孫へのプレゼント、私の本音は


つい、孫が好きそうなおもちゃを見ると「これ、喜ぶだろうな」「プレセントしたいな」と思ってしまいます。

でも勝手に買うのはやめています。

おもちゃって、かさばるのです。おもちゃの収納に悩みはじめていた娘の顔が目に浮かびます。



去年、コロナ禍の直前にひな人形を買いに行ったときも、娘が選んだのは私が思っていたよりもずっとコンパクトで現代風のものでした。

せっかくだから良いものをとチマチマ貯金してきた私は、ちょっぴり寂しかった。出来るだけ立派なものをと思っていたのです。

でも、それは私のエゴ。

ちょこんと嬉しそうにお雛様の前に座っている孫の写真を見ていたら、私の気持ちなんて吹き飛んでしまいました。



孫がもう少し大きくなったら、本人の希望を聞いてプレゼントしてみたいです。

そのうち、電子マネーでスマホへひゅっと送る(贈る)時代になりそう!

それもまたよし。





終わりに


孫とのこともですが、娘たち夫婦との関係もまだ始まったばかりです。

迷いがないわけではありませんが、喜んでもらえたら嬉しいという思いは変わりません。

そのためにも、その都度さらっと話ができる距離感を保って付き合っていきたいです。

2つのブログランキングに参加しています。下のそれぞれのバナーをクリックしていただけると嬉しいです。




ブログ村テーマ
50代からの片付け・収納・家事
捨てても、大丈夫だったもの
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
50代からのファッション&コーデ
大人が着る無印とユニクロの服
白髪ケア・白髪染めについて



書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク

原田さよ

片付けられなかった経験をもとに、物を減らしてゆったり暮らせるようになった過程や、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

服や雑貨をご提供いただいています

PLSTオンラインストア

オンワードクローゼット、楽天のショップからも一部の商品をご提供いただいています。

最新記事

敏感なわたしの、苦手な人との付き合い方 Feb 25, 2021
孫へのプレゼントは勝手に買わない。初孫、2歳になりました~! Feb 24, 2021
時間を上手に使うために決めている、2つのシンプルなこと Feb 23, 2021
夫に片付けを手伝ってもらいたい時はこうする Feb 22, 2021
50代母親の卒業式スーツ、おすすめはこんなタイプ【23区 トリアセダブルジョーゼット】 Feb 21, 2021
これだけはやる。押入れや布団に湿気がこもらないよう、毎日ちょっと気を付けていること Feb 20, 2021
やっぱり無印の春ニットは使いやすい。自分らしくいられる春コーデで元気に前向きに Feb 19, 2021
介護になっても嫁と姑。でも上手くやっていくことはできる Feb 18, 2021
年齢を重ねても新しいことにチャレンジしよう【Zoom、やってみました】 Feb 17, 2021
ブログ収益などの確定申告を終えて Feb 16, 2021

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る