頑固な高齢の親とのつきあい方

スポンサードリンク





プロフィール・ブログ村       


うるさい高齢の親


米寿を迎える母は、今も一人暮らしをしています。

無口で頑固で、よく言えば、周囲に流されず強い人です。反面、融通が利かず冗談も通じにくい。

ざっと思いつくところをあげてみると・・・


・自分だけでなく家族にも厳しい
・愛情は言葉やお金ではなく躾で示す派、礼儀第一
・若いころから一度も白髪を染めたことがない


よく、高齢になってから頑固になったという話を聞きますが、うちの場合はすでにそうだったので付き合いかたには慣れている方かもしれません。

頑固と言っても種類はさまざま。もっと頑固な人もいらっしゃると思うけれど。

認知症の症状からくるものでないなら、頑固な高齢の親との付き合い方のポイントは、否定しない・嫌なことがあっても笑顔で受け流す、このあたりでしょうか。



そんな母は、今もやはり頑固なままです。

周りからはどう見えていたかわかりませんが、私はこの母が煙たくて仕方ない時期がありました。

友達の家に遊びに行った時にお会いしたお母さんがたが朗らかに見えて、うらやましかったものです。

実家の椿1

高齢の親が見せる、近所への気遣い、娘への気遣い


風邪ぎみだとメールの返事に書いてきた母の様子を見に、灯油を1缶持って行ってきました。

ついでに、庭の掃除を少しだけしてきました。

私は年明けから同居の義母のご機嫌がいまひとつで憂鬱だったため、ただ黙々としているだけの作業が気持ちよく感じました。

寒いなかでも身体を動かしていると気分がスカッとしてくるから不思議ですね。

どっちが幸せ?義母と母を比べて考えた週末


実家の椿2

高齢の母がする、お隣りへの気遣い


実家の庭はとても狭いですし、掃除といってもしれているのですが、放っておくとあっという間に枯葉が落ちてたまってきます。

椿の花がぽとぽと落ちる時期でもあるため、それも枯れ葉といっしょにお隣の庭に飛ばされていくことがあり、母は気がかりなようでした。

「気になるのよ、葉っぱのことでお隣に迷惑をかけちゃってるから」と。

数年前、若いご夫婦がお隣の家を改築して引っ越してこられたのでした。

私がそういう椿の花や葉っぱを拾っていると、後から母が出てきていろいろと言います。


 

高齢の母がする娘への気遣い


「お姉ちゃんは(私のことです)、手が痛いんだから無理しちゃだめ」。
「手袋をちゃんとしたらどう?軍手を持ってくるわ」。
「その体勢は腰に良くないでしょ」。


私がリウマチで手術をしたことを母には知らせていませんが、こういうことを何度も言ってきました。

手術が終わりました

私としては、風邪気味なうえに腰痛もちの母が、強烈な寒さのなか割烹着のまま出てきたことの方がよっぽど心配でした。

もうそろそろ、私の言うことを聞いてくれてもいいのではないかなぁ・・・


「寒いからおかあさんは家に入っていて」
「私の手は大丈夫よ、ほら、手首にサポーターもしているし」
「それに、軍手をすると細かい葉っぱを拾いにくいから」


いったん私はこう返事したのですが、母の耳には全く入っていないようでした。

母は宣言どおり、奥から軍手を持ってきて差し出してくれました。耳が遠いから私の言葉が聞こえていなかったのではありません。

母のなかでは、自分が正しい、娘が心配、という気持ちが揺らがないのです。

私は黙って差し出された軍手をはめ、葉っぱを拾い続けました。



今あるものに目を向けて、高齢の親の気持ちを尊重する


老いても母が、身近にいる人のことを考えて行動するのは、悪いことではありません。

あと数年で60代になる娘の身体を心配したり、お隣の若いご夫婦への迷惑を考えたり。

でも、「高齢で一人暮らしをしているのだから、まわりのことより、自分のことをもっと心配していてください」という思いが、やっぱり私の中から消えません。

ときどき同居の義母と比べてしまい不安になることがあるのです。いえ、比べるのは良くないですね。無意味です。



帰りの車の中でいろいろ考えました。

私は、あるものに目を向けるのが下手なのかもしれません。

頑固な高齢の親といえば、冒頭で書いたように認知症のためにそうなっている人のケースもこれまで何度か聞いてきました。でも、母の場合はまだそうではないように思いました。



あいかわらず「自分が正しい」と譲らない母でも、一人でなんとか元気に暮らしていること。

こうして顔を見に行ける距離のところに住んでいること。

それを私は、もっと素直に喜ぼうと思います。



終わりに


母がその地域で暮らしているかぎりは、ご近所づきあいにも気を配る主婦であるということに変わりはありません。

いくつになっても親は親だし。

それが、一人暮らしをしている母の支えになっているかもしれないし。

できることは続けつつ、私なりに距離を置きながら見守っていきます。

さあ1日がはじまりました。今日もぼちぼち元気出していきますよ~

ブログランキングに参加しています。下の2つの四角いバナーをクリックして下さると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます。


書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

原田さよ

整理収納の基本、ものを減らしてゆったり暮らせるようになったこと、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
整理収納アドバイザー1級
生前整理アドバイザー1級
FC2ブログ公式ブロガー

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

PVアクセスランキング にほんブログ村

月1回のペースで片付けセミナーを開催しております。少人数制のため、おひとりおひとりのご質問にもお答えしやすい環境です。
みなさまのご予約をお待ちしています。

*終了しました。1年間、ありがとうございました。次回のセミナーが決まりましたら、またお知らせいたします。2022年6月25日

最新記事

美しい60代ブロガーさん、私の病気、子どもの遺品整理など Jul 01, 2022
人は見た目で決まる Jun 30, 2022
ついていけるか?義母の変化、孫の変化、私どうする? Jun 28, 2022
50代でも遅くなかった、はじめて良かったこともあった Jun 27, 2022
憧れる60代ブロガーさんのことと、私の今後と Jun 25, 2022
洗濯OK夏も安心。プチプラ大人Tシャツと、つば広帽子で楽しもう Jun 24, 2022
結婚した娘とは、距離を取りながら仲良くするのが理想 Jun 23, 2022
この化粧水と乳液は、がんばる主婦の強い味方 Jun 22, 2022
亡くなった子の家具を捨てる前にしたこと Jun 21, 2022
親の家の片付け。私がしないと決めていること・続けていくこと Jun 20, 2022

気になるタグで記事を検索

利用した着物の出張買取

月別アーカイブ

 

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る