どっちが幸せ?義母と母を比べて考えた週末

スポンサードリンク



はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。


高齢の親の幸せについて、やっと考えるようになった自分


心身共に弱ってきていても、一人で自由に暮らしている母は幸せ?

それとも、息子夫婦と暮らして安心と安全が保障されている義母のほうが幸せ?私は優しくない嫁ですが、それはひとまず置いておき。

もし自分が親の年齢なら、どちらが幸せだと思うだろう。

皆さんは、高齢になってからの幸せについて考えたことがありますか。



母の様子を見に、夫と二人で私の実家へ行ってきました。私の実家は、車で小一時間あれば行けるところにあります。

帰宅して思ったのが、「今が人生でいちばん幸せ」といつも母は言うけれど、本当に幸せなんだろうかということ。

久しぶりに母の涙を見たから、こんなことを思いました。



しばらくしてデイケアから戻ってきた義母を見たときも、同じように思いました。義母は今、幸せなんだろうかと。

私たち夫婦は結婚と同時に同居をはじめたものの数年でダメになり、別居しました。今の同居は、義母のけがをきっかけにはじめたもので2回目になります。

義母との関係性が、この数年で大きく変わりました。

親の介護と向き合えば ライフスタイルブログ・テーマ


実家イメージ画像

義母と母を比べたときに思うこと


高齢者福祉三原則


デンマークの高齢者委員会が定めた「高齢者福祉三原則」をご存知ですか。私は、義母を引き取るまで知りませんでした。

それほど私は、親の介護について具体的に考えずに済む生活をしていたのだと思います。


①自己決定権の維持
②生活の継続性
③残存能力を活性化


「高齢者、本人の」と頭につけて考えるとわかりやすいです。言葉通りですが、ざっくりまとめるとこうなりました。



義母は幸せか


私が、親が元気でいてくれるのはありがたいと実感したのは、義母と2度目の同居をはじめてからです。

たしかに義母は要介護2で、同居している家族からすれば色々としんどい面があります。

本人も、我慢をたくさんしているでしょう。

でも、まだ「自分でやりたいことを決め」「できることは自分でやり」「デイケアでリハビリを頑張ろうと思い」ながら暮らしてくれています。

また、頼めばほぼ何でもしてくれる息子や、日常の暮らしを整えてくれる嫁と一つ屋根の下で暮らしているのは、義母にとって安心で安全なことだと思います。

義母の要介護認定の結果が来た。涙が出た。



ただ、それが幸せなことなのかどうかは本人にしかわかりません。

聞いても、義母はもう答えられないと思います。

悲しいですけど、義母にはそういう具体的ではない話は入っていかなくなっています。


 

母は幸せか


秋に調子が下がっていた母を心配していましたが、あれから徐々に回復し、今回は元気そうで安心しました。

体調が良いと、記憶の取り違えも起きにくくなるのかもしれません。

してほしいことはないかと尋ねると、外回りの木の世話がだいへんだとのことで、出来ることだけやってきました。

変わっていく母をどう支えるか。要介護認定調査を受けるタイミングや安否確認について考えてみた


2020年12月実家にて (2)

手入れを今まで頼んでいた人が体調を崩され、来られなくなったとのこと。

母はもう電話は控えていると言っていました。

2020年12月実家にて (1)

一人で自由に暮らしていても、幸せとは限らない


作業の後、お茶を飲みながら話をしました。

母は、私が送った花刺繍の手帳を見せながら、どんな予定があるか嬉しそうに教えてくれたり、自分より私のリウマチを心配してくれたり。

そのあたりまでは良かったのですが・・・。



「時々、言いようもない寂しさで泣きそうになることがあるの」

「朝、目覚めてカーテンを開けるときや、散歩から帰って夕方になって雨戸を閉めるときね」

大きな目に涙をいっぱい浮かべながら、ふいに母がこう言い出しました。

私は何と返事していいかわからず、いっしゅん固まってしまい、また時々こうして様子を見に来るからとしか言えませんでした。



終わりに


帰宅してからメールをしたら、返事はもういつもどおりの文面で安心しました。けれど、私はまだ複雑な思いのままでした。

なぜなら、老いて不便になったことはあっても、母は幸せだと思って安心していたからです。

同居のために60年以上も住んだ家からこちらへ引き取られてきた義母より、不安なことはあっても自由でいられる一人暮らしの母のほうが。



気丈な母の大きな目にたまっていた涙が忘れられません。

それでも私自身は、自由のほうを取りたいです。もし一人になったとしても。要介護の状態に近くなっても。

いえ、考えるのは、今朝はもうここまでにしておきます。

さあ1日がはじまりました。今日もぼちぼち元気出していきます!

ブログランキングに参加しています。下の2つの四角いバナーをクリックして下さると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます。





ブログ村テーマ
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ
捨てても、大丈夫だったもの
50代からのファッション
大人が着る無印とユニクロの服
白髪ケア・白髪染めについて


人気記事はランキングで読むこともできます。

断捨離ランキング、1位のブログへ
シンプルライフ・ブログランキングへ
50代の生き方・ブログランキングへ
50代ファッション・人気ブログランキングへ



書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク

原田さよ

片付けられなかった経験をもとに、物を減らしてゆったり暮らせるようになった過程や、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

服や雑貨をご提供いただいています

PLSTオンラインストア

オンワードクローゼット、楽天のショップからも一部の商品をご提供いただいています。

最新記事

え?そうなの? Jul 29, 2021
家族から離れたいときは Jul 28, 2021
美しい白トップスでシンプルコーデ【MARIED’OR】 Jul 27, 2021
ご報告 Jul 25, 2021
ワクチンの副反応、辛かったので記録しておきます(接種1回目) Jul 22, 2021
透けずに快適さらさら、カップ付きタンクトップ【KIREILABOグンゼ】 Jul 20, 2021
憧れる60代ブロガーさんのことと、私の今後と Jul 18, 2021
50代、片付けがサクサク進むようになったきっかけ Jul 17, 2021
Amazonで買ってよかった!軽い・保冷保温しっかり・洗いやすい【サーモス真空断熱ケータイマグ】 Jul 16, 2021
掃除機はどこに収納するのがいいか Jul 15, 2021

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る