片付けられない主婦を卒業、こんな順番でやってきました

スポンサードリンク





プロフィールはこちらから・にほんブログ村
      



私は見栄っ張りなので、片付けが下手な主婦であることを隠したまま暮らしてきました。

恥ずかしかったのですよ、外ではちゃんとした人に見えるよう飾っていましたから。外見も行動も。

そんな私が息子の死をきっかけに一念発起して、家じゅうの片付けを開始。

2014年には、旧ブログからこちらへ移って片付けの記録をしはじめました。

今日は、そんな私が、どのように考え方や行動の仕方を変えながら片付けてきたかをざっくりまとめてみました。


片付けられない主婦を卒業、こんな順番でやってきました


●まず取り掛かったのが、目の前にあるガラクタの処分

●何をよく使っているか、使用頻度をたしかめてみる

●一か所に集中して片付け、小さな達成感を積み重ねる

●捨てにくい物のなかでも、区別する・優先順位をつける

●思い出の品と向き合う


収納について考えるのはひとまず置いておき、物を減らすことに集中しようと決めてとりかかりました。

使っていないものはもう必要ないとわりきり、使用頻度をたしかめてみたのです。



●まず取り掛かったのが、目の前にあるガラクタの処分


まず、明らかなゴミを着実に捨てていくことにしました。

なにをしたかというと、粗大ごみの日を忘れないようスマホで設定して自分に知らせるようにしたこと。

よく出しそびれていたので、まずは、自治体が引き取ってくれる日にしっかり出していく。

当時はまだ、粗大ごみの収集が無料でしたからこれを逃すのはもったいないと。



かさばる物や重たい物から先に片付けはじめたのは、体力の衰えと、日々競争していると実感するようになっていたからです。

あるていどガラクタの処分が済むと、焦らなくなってきました。

壁面収納 1


●何をよく使っているか、使用頻度をたしかめてみる


次に取りかかったのが、使ってはいるけれど、さほど使っていないものをどうするか考えることでした。

頻繁に使うものとそうでないものをごっちゃに入れていたので、使いにくかったです。



よく使うものほど、使いやすい位置に。

そうでないものは、その奥に。

気づいたのは、片付けはじめてからでした。

これは箪笥でもそうだし、食器棚でもそうでした。全ての場所に通じることです。


ロフト・屋根裏べやの断捨離完了


また、人生後半を思い、高い所暗いところ狭いところには、なるべく収納しないですむように片付けてきました。

スペースがあるからといって、物を置かない。大きなものも買わない。


押入れ 2016年3月24日
衣類の断捨離2



●一か所に集中して片付け、小さな達成感を積み重ねる


当たり前ですが、やる気が続かないとやれません。

そのために必要なのが、すっきりしたという達成感です。

大物の片付けをしつつ、小さな片付け、たとえば机の引き出しやレシートの整理などをして「ああ、すっきりした」という気持ちを味わいながら、次の片付けにつなげてきました。

 

●捨てにくい物のなかでも、区別をする・優先順位をつける


明かなゴミを処分し、使用頻度で分けて物を残していくと、いよいよ捨てにくいものの片付けです。

この段階にくると、迷うことが多くなりました。

そこで、残すものと捨てるものを選ぶ順番を、もういちどたしかめながら整理してみることに。



①今使っているから、残す

②今いらないが、必ず使うとわかっているから残す

③使っていないし、今後も使わないとわかっているから処分する(捨てる・売る・譲る)

④使わないけれど捨てない(大事にする)


机の断捨離1
これ、何かわかりますか?捨てるのにだいぶ時間がかかりましたよ~



●思い出の品と向き合う


④の使わないけど捨てないものというのは、主に思い出の品でした。

思い出の品は捨てにくいですが、そのものを手に取ってスラスラと思い出話ができないようなら処分していいと決めてやってきました。

また、寄付先を探すということもしました。これは時間をかけて決めてきました。







終わりに


何度か書いていますが、私は片付けが下手なのに、計画を立てたがる傾向が強かったです。

もちろん、段取りを考えるのは大事。エネルギーの節約にもなるでしょうから。

ただ、それに時間を割きすぎて疲れてしまい、実行に移せないことも多々ありました。

「やーめた!」

片付けはじめても計画通りにいかなくなり、こうなっては、意味がありません。



計画はざっくり。でも、達成感は見えるようにしておく。

これが、苦手な片付けをあきらめずに続けてこれた理由です。

さあ1日がはじまりました。今日も元気を出していきます。




書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

原田さよ

整理収納の基本、ものを減らしてゆったり暮らせるようになったこと、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
整理収納アドバイザー1級
生前整理アドバイザー1級
FC2ブログ公式ブロガー

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

月1回のペースで片付けセミナーを開催しております。少人数制のため、おひとりおひとりのご質問にもお答えしやすい環境です。
みなさまのご予約をお待ちしています。

「片付け入門講座 ~日々の暮らしをスッキリ快適に~」のお申し込みはこちらから

最新記事

固定記事:50代からの片付けは、この効果を知ればうまくいく Oct 15, 2021
50代60代のお肌を明るく見せてくれる【Cashmee】のカシミヤストールで、気持ちも明るく Jan 25, 2022
うつ病になった経験から得た、親の認知症への対応 Jan 24, 2022
急に母の認知症がすすみ、途方に暮れる。でも私にできることが3つある Jan 23, 2022
時間がなくてもきっとできる。忙しくて片付けられないときの片付け方 Jan 22, 2022
物が少ないと、収納のスキルが不要になってくる。片付けのハードルが大きく下がる Jan 21, 2022
書類をラクに整理したい人におすすめ【どっさり個別フォルダー ナカバヤシ】整理収納 Jan 20, 2022
ああ予想できない。介護の問題を、スッキリ解決するためには Jan 19, 2022
50代60代におすすめの美しく歩きやすい靴【神戸ビューフォート】のコンフォートパンプス Jan 18, 2022
亡くなった息子、母としての自分、嫁としての自分 Jan 17, 2022

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る