できるかな?笑ってする介護

スポンサードリンク



はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。


義母と私のいつもの会話


「最近、耳が遠くなったようや」

これが義母の口癖。昨日も私の問いかけに真顔でこう返していました。聞こえないから返事ができないという、いわばアピールです。

実際には、もし聞こえていたとしても、もうちゃんと頭に入っていかないことが増えています。

「耳はずいぶん前から聞こえにくくなっているみたいですよ」とは言えません。



「そうやねぇ、ちょっと聞こえてないかなと思う時はあるかな。でも年をとれば、みんなそんなもんですよ」

という、あまり意味のない会話。

もう100回はしてきたかもしれません。いいのかな、これで?



私は、去年からはじまった義母の被害妄想にすっかり怖気づいています。

もう本当のことを伝えても、お互いのためにならないと思っていました。

義母の要介護認定の結果が来た。涙が出た。


大人のぬり絵 美しいぬり絵4 介護認知症予防

ちいさな物忘れがまた増えてきた


そんな義母ですが、トイレの電気の消し忘れが増えたと思っていたら、最近は、水道の蛇口の閉め忘れも出てきました。

単にきっちり閉めていないというのではありません。

ジャージャー水を出したままリビングへ戻ってきて、ふつうにぬり絵をしているのです。



節約こそ主婦のつとめ


戦前生まれの人なので、電気代や水道代の節約は主婦のつとめだと考えて譲りません。これは実家の母も同じです。

そうとう暑くてもエアコンをいれない。

そうとう寒くてもストーブをつけない。

「しんどくなったら何んにもならないからね」と言って、私や夫がスイッチを入れてまわるという日常でした。

 

お互いに負担のかからないやり方を探して


正直いうと、めんどくさいです。

だから、タイマーをかけて義母に気づかれないようエアコンが稼働するようにしました。

いつのまにかエアコンが入って快適になっているのですが、義母はそれに気が付かないのです、もう。

こんなやり方でいいのかどうか疑問です。

でも、本人にも私たち夫婦にも負担がかからないベターな方法だと思って続けています。



プライドの高い要介護者に使うことば


そんな義母が、水道の蛇口の閉め忘れをするようになり、どうしたものかと考えました。

伝えるにしても、どう言えばいいやら。

「下の世話をさせているわけじゃない」と言い張るような、プライドの高い人です。

このあたりが難しいところ。

義母はふつうにトイレを使えていると、自分では信じています。



ですから、黙って私や夫がそのつど蛇口を閉めに行けばいいか…とも思いました。

そのほうが楽ですから。それに、怒らせてしまうと、あとがしんどいです。

ですが、しょっちゅうだと、こちらも辛い。



ケアマネさんに相談してみた


そこで、ケアマネさんに相談してみました。するとあっさりこんな返事がきました。

「言ってあげてください。そのまま」。

「おかあさん(義母のこと)は、まだ今ならわかりますから」。


洗面台


「でもまた、悪く取って泣いたりしないでしょうか…」と私。

「大丈夫、大丈夫。お嫁さんのことを頼りにしているので、子供のように言うことを聞くと思います」とケアマネさん。



終わりに


私には、なにかにつけ「義母がまた悪い方へ取るのではないか」とびくびくする癖がついていました。

悪い方へ取っていたのは、義母ではなく私だったという笑えないはなしですよ。

というわけで、気持ちをサクッと切り替えます。

また義母が水を出しっぱなしにして出てきたら、軽く声をかけてみます。なんとかなるさ。

ブログランキングに参加しています。下の2つの四角いバナーをクリックして下さると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます。





以下、ブログ村テーマ
親の介護と向き合えば
捨てても、大丈夫だったもの
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ
50代からのファッション
大人が着る無印とユニクロの服
白髪ケア・白髪染めについて



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク

原田さよ

片付けられなかった経験をもとに、物を減らしてゆったり暮らせるようになった過程や、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

服や雑貨をご提供いただいています

PLSTオンラインストア

オンワードクローゼット、楽天のショップからも一部の商品をご提供いただいています。

最新記事

これを春先のアウターに決めた理由。骨格診断から考えてみました! Feb 27, 2021
敏感なわたしの、苦手な人との付き合い方 Feb 25, 2021
孫へのプレゼントは勝手に買わない。初孫、2歳になりました~! Feb 24, 2021
時間を上手に使うために決めている、2つのシンプルなこと Feb 23, 2021
夫に片付けを手伝ってもらいたい時はこうする Feb 22, 2021
50代母親の卒業式スーツ、おすすめはこんなタイプ【23区 トリアセダブルジョーゼット】 Feb 21, 2021
これだけはやる。押入れや布団に湿気がこもらないよう、毎日ちょっと気を付けていること Feb 20, 2021
やっぱり無印の春ニットは使いやすい。自分らしくいられる春コーデで元気に前向きに Feb 19, 2021
介護になっても嫁と姑。でも上手くやっていくことはできる Feb 18, 2021
年齢を重ねても新しいことにチャレンジしよう【Zoom、やってみました】 Feb 17, 2021

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る