母の言葉で涙が出た。やる気も出た。

スポンサードリンク



はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。



母の言葉に泣いた夜


おととい、実家の母について記事を書きました。

身体は弱っているものの、頭はまだしっかりしていて大丈夫だと思っていたけれど、さすがにそうも言っていられなくなってきたかなと。

母は80代後半、一人暮らしをしています。

変わっていく母をどう支えるか。要介護認定調査を受けるタイミングや安否確認について考えてみた

そんな、少し心配になってきた母からメールが届きました。夜になってからでした。

泣きました、それを読んで。


ガラケー イメージ


泣いたのなんて、久しぶりです。


いろいろとありがとう。あれから散歩にいってコープと薬局によりました。6かくけいのおはしはありませんでした。イオンのほうへいけたらさがしてきます


文章は少し変えましたがこんな感じのメールでした。



6かくけいのおはし


6かくけいのおはし。

それは、前に会ったときに話したことを母が覚えていて、私のために買っておこうとしたお箸だろうとすぐわかりました。

私は持病でもともと右手が使いにくいです。

普通のお箸では滑ってうまくご飯を食べられないときがあり、四角だったり六角だったりの角ばったお箸のほうが扱いやすいというのを、母に話したのでした。

 

その「六角」という言葉が、記憶に残っていたのでしょうね。

近所とはいえ、母が弱々しい足取りで娘のためにお箸を探して歩いていたと思うだけで、泣けて泣けて。

こんなに年を取っていても母はまだ母親で、私はまだ子供なんだなと、あらためて思いました。



終わりに


その手術をした私の右手ですが、ここ数日はしびれも減ってきて、日に日に回復しているのを感じています。

痛みはまだあるし、可動域も少ないままですが、リハビリをがんばってもっと動かせるようにしたいです。

老いた母に、これ以上心配をかけないように。



いや、もしかしたら母は私のために何かすることで、気をしっかり持とうと思えたかもしれません!

散歩も、目的があるほうがいいと言っていましたし。

と、記事の最後は明るくしめくくることにして、今日も元気を出してやっていきます。

ブログランキングに参加しています。下の2つのバナーをクリックして下さるとうれしいです。応援、いつもありがとうございます。





ブログ村テーマ
親の介護と向き合えば
捨てても、大丈夫だったもの
50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ
50代からのファッション
大人が着る無印とユニクロの服
白髪染め、ヘアカラーについて



書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク

原田さよ

片付けられなかった経験をもとに、物を減らしてゆったり暮らせるようになった過程や、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

服や雑貨をご提供いただいています

PLSTオンラインストア

オンワードクローゼット、楽天のショップからも一部の商品をご提供いただいています。

最新記事

物の少ない暮らし。リバウンドしないため心がけている簡単なこと May 06, 2021
前向きに生きていくために、多少しんどくてもおすすめなこと May 04, 2021
あきらめて良かった23区の服、はじめて良かった情報の整理 May 02, 2021
追記*GW中にしておきたい片付け、おすすめ8つ Apr 30, 2021
冷蔵庫かんたん収納、ジップロックのフリーザーバッグは洗ってそのまま冷凍庫へ Apr 29, 2021
増やしてよかったこと Apr 28, 2021
連休を楽しむ、ラクに作れる清潔感のあるファッションで明るく気持ちよく Apr 27, 2021
はじめての要介護認定、調査の日までに準備しておくこと Apr 26, 2021
どんな服とも合う、シンプルでお洒落なネックレス Apr 25, 2021
まだ間に合う、大人気の「母の日」プレゼントはこれ Apr 24, 2021

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る