妹へのわだかまりが消えた瞬間

スポンサードリンク



はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。



妹と私とのあいだにあった、見えない溝


先日の通院で、偶然、妹と会いました。

「おねえちゃん!」と、いつものように低く静かな声でこう呼びかけられて。

会うのはお正月以来です。まさかこんなところで会うとは思っておらず、びっくりしました。

あれから数日たって、私の中にずっとあった妹への遠慮や恐怖心のようなものの正体がわかりました。57歳になってようやくです。

別ブログの方で先に短い記事をアップしました。よかったらご覧ください。


総合病院のロビー
*フリー画像


その日の私は膠原病内科と整形外科で受診、その合間に検査というスケジュールでクタクタでした。

朝から行って夕方にやっと終わり、さあバスの時間までどうしましょう…とぼんやり外を眺めていたときに声をかけてきたのが妹でした。

妹はすぐ、「送っていくよー」と言ってくれました。




 

わだかまりが消えた瞬間


妹との関係


もともと私たち姉妹は、頻繁に会うような付き合いかたをしてきませんでした。

仲が悪かったわけではありません。むしろお互いを認めあい、子供のころから喧嘩をすることもなくここまできました。

性格が違うので、ぶつかる要素もなかったのです。



重い自閉症だった息子に、妹は独身の頃からよくしてくれていて、ずっと感謝してきました。

私が逆の立場なら怖がってしないような世話もしてくれたので、尊敬していたほどです。

ぶっきらぼうな面がある妹ですが、子供好きで、ボランティア活動にも学生のころから熱心に取り組んでいました。



変化


ただ、そんな私たちの関係もだんだん変わってきました。

必要なこと、たとえば実家の母のことなどについては連絡しあっていますが、昔はしていた何気ない話は、もうわざわざLINEを使ってまでしなくなりました。

年を重ね子供たちが大きくなるにつれ、自然と。

なにより、結婚以来ずっと仕事中心できた妹と私とでは、あまりにも生きている世界が違いすぎたからだと思います。



わだかまりの正体


いえ、私の方が勝手にそう感じて、距離を置くようになっていたのかもしれません。

「仕事がいちばん」といつも言い、結婚後もずっと家族に助けられながらその仕事を続け、子供も育て、家も買い、という妹のことを、知らず知らずのうちに羨ましく思うようになっていました。

もちろん妹のキャリアは、本人の覚悟と努力があってこそ得られたものです。

でも私にはそんな妹の生き方が眩しかったです。



「おねえちゃん、私は専業主婦じゃダメなんよ。専業主婦がダメってことではなく」

こんなエピソードも入れた記事を以前アップしました。長文ですがよかったら読んでみてください。

専業主婦じゃダメか。ずっと専業主婦の私が、やめたことと支えにしていること


イメージ 花

さらに年齢を重ねて、今


そんなふうにちょっと距離を置くようになっていた関係が、先日の偶然の出会いで、一気にもとに戻った感じです。

姉妹ならではのことでしょうか。

妹の車でわが家まで送ってもらう間に、いろいろなことを話すことができました。

じっくり話すことが出来なかったぶん、お互いの家の中で起こっていた細かなこと。

お互いマスクのまま、窓を開けて換気しつつという状況だったし、わずかな時間だったけれど、濃くて意味のあるものになりました。



終わりに


大きな総合病院の玄関先でばったり。

ふだんなら妹は職場のリハビリ病院のほうにいたはずが、たまたま用があってこちらの病院へ来ていたとのこと。それも数年ぶりに。

こんな偶然があったのは、何かに導かれてのことではないかと思うほどでした。

そして数日たって、私が妹に対して漠然と抱いていた思いに気付いたのでした。

それは、わだかまりやら愛情やらがごちゃ混ぜになった思いでした。

身近な人にこそ素直に接するようにしよう。

あらためて、そんなことを思っている朝です。

ブログランキングに参加しています。下の2つのバナーをクリックして下さるとうれしいです。応援、いつもありがとうございます。





ブログ村テーマ
捨てても、大丈夫だったもの
50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
50代からのファッション
大人が着る無印とユニクロの服
白髪染め、ヘアカラーについて


人気の話題はランキングでも読むことができます。

断捨離ブログ・人気ランキング
50代ファッション・人気ブログランキング
シンプルライフ・ブログランキング





書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク

原田さよ

片付けられなかった経験をもとに、物を減らしてゆったり暮らせるようになった過程や、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

服や雑貨をご提供いただいています

PLSTオンラインストア

オンワードクローゼット、楽天のショップからも一部の商品をご提供いただいています。

最新記事

物の少ない暮らし。リバウンドしないため心がけている簡単なこと May 06, 2021
前向きに生きていくために、多少しんどくてもおすすめなこと May 04, 2021
あきらめて良かった23区の服、はじめて良かった情報の整理 May 02, 2021
追記*GW中にしておきたい片付け、おすすめ8つ Apr 30, 2021
冷蔵庫かんたん収納、ジップロックのフリーザーバッグは洗ってそのまま冷凍庫へ Apr 29, 2021
増やしてよかったこと Apr 28, 2021
連休を楽しむ、ラクに作れる清潔感のあるファッションで明るく気持ちよく Apr 27, 2021
はじめての要介護認定、調査の日までに準備しておくこと Apr 26, 2021
どんな服とも合う、シンプルでお洒落なネックレス Apr 25, 2021
まだ間に合う、大人気の「母の日」プレゼントはこれ Apr 24, 2021

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る