産後うつを悪く言い続ける義母に対し、私がとった行動

スポンサードリンク



はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

朝から重たいタイトルになりましたが、内容はそうでもありません。

ゆうべ夫が義母に、今回の私の手術や入院のことを説明してくれたので、このことを思い出しました。

さほど暗い話にはなっていないので、どうぞ気軽に読んでみてください。


おむすび1


昔から産後うつはあったはずだが


産後に心理状態が不安定になるのは、だれにでも起こりうることです。

昔はなくてこの時代だからある、というわけでもないと思います。

女性なら理解できるであろうこのことが、義母にはできません。



産後うつではありませんが、私はうつ病で長期の入院をしたことがあります。

そのときは、義母にも実家の両親にもたくさん助けてもらいました。

その恩は、義母が要介護者になった今も、これからも、忘れません。



止まらない義母の被害妄想への対応。私のやり方



ただ、どうしても辛いのが、産後うつを発症した共通の知人の悪口を、義母からたびたび聞かされることです。

私がうつで入院したときも、そのあとも、二人目を妊娠したときも。

また、テレビで産後うつの話が出たときも。

30年以上も経った今でも、義母は私に産後うつへの批判を聞かせます。


 

なぜ、同じ母親・女性という立場なのに、相手を思いやれないのか


なぜ、同じ母親・女性という立場なのに、義母は相手を思いやれないのか。

優しい人なのです、本来の義母は。

なのになぜ?

親の介護と向き合えば ライフスタイルブログ・テーマ

弱い者いじめをする人の心理。よく言われるのは次の3つのことではないでしょうか。


✔劣等感があって実は気が小さい
✔ストレスをためこんでいる
✔ものごとの本質を見極められない


酷いことを書いてしまった。

でも、こうまとめて考えてみると、納得できます。

義母に対して大姑が厳しかったことや、子育てにさんざん口を挟まれて苦労してきたことは、私も最初の四世代同居のときにうっすら感じていましたから。

抑圧されたその義母の感情が、自分より弱い立場の知人に向かっていくのかもしれないと思いました。

そしてその感情は、60年経っても消えない。これはしんどいでしょうね。





息子がかわいいからという気持ちもある


健康な人が息子の嫁ではないことへの不満。

忙しい息子が、嫁の病気のせいで家事や子育てをさせられていて不憫。

つまり、別の女性の話を持ち出すのは、身体が強くない私を遠回しに批判したいとき。

そう気づいたのは、2度目の長期入院をしたあとでした。



嫁姑、もうしかたないと開き直っています


仕方ありません。義母のその感情。

他人の病気を責めるようでいて、実は目の前にいる私(嫁)を見下げたい気持ちは、理解できないこともないからです。

もし私が逆の立場なら、やはり、身体も心も頑丈な人のほうがいいと思ったかもしれませんから。

日記(50歳代)ランキングへ


おむすび2

義母が産後うつを悪く言い続けることに対し、私がとった行動


要介護2になっている義母への私の対応は、変わりません。

私にできることはやったうえで、自分の感情が揺さぶられないよう、心の中でしっかり距離を取っています。


●安心・安全・清潔な暮らしができるよう支える
●身体の状態をみて、健康管理をする
●ほしいと言うものがあれば、用意する
●話しかけられれば、相手をする
●認知症の被害妄想があっても、否定しない



言いたい人には言わせておけばいい。

相手を変えられないのは、認知症であろうがなかろうが同じです。

責任があると思って引き取ったのでお世話は続けますが、私も頑固で融通がきかない。この性格を簡単には変えられないのと同じです。



画像は夫がつくっておいてくれたおむすびです。

これを食べたら、そりゃ頑張ろうと思います。なんてね。

2つのブログランキングに参加しています。それぞれ下の四角いバナーをクリックして頂けると嬉しいです。いつも応援して下さりありがとうございます。





以下、ブログ村テーマ
捨てても、大丈夫だったもの
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ
50代からのファッション
白髪ケア・白髪染めについて


人気の話題はランキングで読むこともできます。

断捨離・ブログランキング
50代ファッション・人気ブログランキング
シンプルライフ・ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク

原田さよ

片付けられなかった経験をもとに、物を減らしてゆったり暮らせるようになった経緯や、少ない服で楽しむ工夫などを綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

服や雑貨をご提供いただいています

最新記事

【みなさまへお礼】片付けなくても死なないけど片付けた方が失うものが少なくて済むと知った7年 Oct 29, 2020
【やめてすっきり】NISAもGoToも心ひかれず。だけど満足 Oct 28, 2020
美しい靴 VITANOVAの季節がやってきた【BARCLAY ヴィタノーヴァ】 Oct 27, 2020
料理をラクに!片手でも作れるメニューいろいろ Oct 26, 2020
怖かった義母の被害妄想、このたびは出ず。助かったー。 Oct 25, 2020
ロングカーディガンは流行遅れか定番か Oct 24, 2020
収納下手でも成功した、リビングの簡単すっきり収納のコツ Oct 23, 2020
苦手なお隣さんとのその後 Oct 22, 2020

タグリスト

月別アーカイブ

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る