家族を捨てたいと思ったらこうして回避する

スポンサードリンク





はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。

      

ダブルケアをしている人の経験談を読んで


今月は義母の要介護認定の認定調査と、サービス担当者会議がありました。

義母の要介護認定の結果が来た。涙が出た。

ひと段落したので、介護の情報の集め方について私が今までやってきたことをまとめようとパソコンを開きました。

そのとき、ふと目に留まったのが、ダブルケアをしている人の経験談です。

子育てしながら親の介護もしている人の話でした。私より若い世代の人です。

そうしたら、ふいに、亡くなった息子との毎日を思い出しました。



この家族から逃げたい。家族を捨てたい。

そんなときは、いちばんしんどかった時期を思い出すことにしています。



重たい話には興味がなかった自分が


世の中には問題を抱えた家族と暮らしている人がたくさんいます。でも、息子を授かるまでの私は、そんなこと全く考えませんでした。

重い知的障害のある子どもとの暮らしは、外に出たくても出られない暮らし。

でも、出ないと何も変わっていかない暮らしです。

心を緩める間がないほど、いつも息子の強度行動障害と発作のことで頭がいっぱいでした。


ひまわり イメージ


そうなってはじめて、平穏な暮らしがいかに貴重で手に入りにくいものだったかがわかりました。

と同時に、状況は違っても、家族のことで悩んでいる多くの親子に思いを馳せるようになりました。




 

無表情な息子が見せた笑顔


重い自閉症だと表情がほとんど変わらない子が多いと思います。

息子もそうでした。パニックになっているとき以外は、ほとんど無表情。言葉もずっと持つことができませんでした。

でも、そんなだからこそ、ごくたまに見せる笑顔は最高に愛しくて、今も忘れられません。

話せない息子が笑うのは、心の底から愉快なときだけなのです。ああリラックスできているんだな、と思えて幸せでした。

障害児の家族ってのもいいかも|家族ブログテーマ



正直、なんども、この子から逃げたいと思いました。

ふつうに暮らしている人たちがうらやましくなることもありました。

でもそんなときほど、あの笑顔を思い出してしまう。



きれいごとでは済まない日々の連続で、この先も美談にはできません。しません。

でも、義母の介護をするようになった今、そのときの経験を少しでも活かせたらいいなと思っています。



終わりに


息子の遺影は、その貴重な笑顔のにしました。

ちょっと斜め向いているのですが、いい一枚なのです。ハンサムなのです。

この記事でヒマワリの画像を使ったのは、息子の葬儀のときいっぱい飾ってくださったからです。元気で若々しい感じがして、ありがたかったです。

早朝からいろいろ思い出して書きました。

さあ、今日もしっかり生きていきます!

ブログランキングに参加しています。下の2つのバナーをクリックして下さるとうれしいです。応援、いつもありがとうございます。







書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

原田さよ

整理収納の基本、ものを減らしてゆったり暮らせるようになったこと、少ない服で楽しむための工夫などを綴っています。
整理収納アドバイザー1級
生前整理アドバイザー1級
FC2ブログ公式ブロガー

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

最新記事

寒い!ユニクロ 秋からの万能アウターといえばこれ Oct 21, 2021
秋の今こそダニ対策、5つの簡単なことだけ続けています Oct 20, 2021
いきなり秋!部屋着にこれをプラスすればさっと出かけられる Oct 19, 2021
50代、他人の評価を気にしなくなった理由【手術から1年経って】 Oct 18, 2021
母の要介護認定の結果に、涙 Oct 16, 2021
50代からの片付けは、この効果を知ればうまくいく Oct 15, 2021
50代からの女友達との付き合い方。気を付けている5つのこと Oct 14, 2021
捨てられない頑張った証への思いが、読者さんからのメールで変わりラクになった Oct 13, 2021
片付けられない母が、この言葉で片付ける気になってくれた Oct 12, 2021
定年後の夫に家事をしてもらう!効果があった段取りとは Oct 11, 2021

月別アーカイブ

 

タグリスト

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る