親の介護で潰れないために。情報の集め方をまとめてみた

スポンサードリンク



はじめてお越しいただいた方は、お時間ありましたら私の プロフィール もごらんください。



情報を集め、義母の介護で自分がつぶれてしまわないようにする





この夏は義母の要介護認定の認定調査と、サービス担当者会議がありました。

同居の義母は現在、要介護2です。

義母の要介護認定の結果が来た。涙が出た。

ひと段落したので、介護の情報の集め方について私が今までやってきたことをまとめます。

介護は突然やってくる。介護がはじまる前にしておくこと・知っておきたいこと、この記事の続きになります。




=目次=
介護情報の集め方
まずは、市町村窓口か地域包括支援センターへ
厚生労働省 都道府県別 介護事業所・生活関連情報検索
地域包括支援センターでのやり取りで注意していたこと
福祉とわたしと息子
どうすれば介護の情報をもらえるか
知りたい情報をまとめておく
介護経験のある人の話は勉強になる
終わりに

病院 車いす 看護師

介護情報の集め方


まずは、市町村窓口か地域包括支援センターへ


親の介護が必要となったときに、まず相談すべきところは、「市区町村窓口」か「地域包括支援センター」です。

「市区町村窓口」では、要介護認定に必要な書類の配布や申請の受付を行ってくれます。

ただし、さまざまな制度があっても、こちらが調べて申請するという「申請主義」のため、介護する側は自ら知識や情報を得るための努力が必要です。

私ははじめ、それがしんどいと感じていました。

ですがだんだん慣れてきて、むしろ積極的に知ろうと思うようになりました。

また、介護にまつわる専門用語が多くてはじめは戸惑いますが、わからないときは相手にそう伝え、意味がきちんとわかるまで説明を受けるのが大事だというのもわかってきました。

そのうちネットで予備知識を入れてから相談できるようになり、スムーズに話ができるようになっていきました。



厚生労働省 都道府県別 介護事業所・生活関連情報検索


厚生労働省のこのページがわかりやすかったので、前回の記事でご紹介したリンク先をここでも記しておきます。

ただし、少し重たいです。私のようにせっかちな人は、読む時間をずらしたほうがいいかもしれません。

都道府県別 介護事業所・生活関連情報検索はこちら(厚生労働省)


介護サービス情報公表システムは、全国の介護サービス事業所・施設の情報が掲載されているホームページです。

所在地や提供しているサービスの情報から、ご本人だけではなく、ご家族がお住まいの地域の事業者や施設も検索することができます。

介護サービス情報公表システムは「見やすい」「使いやすい」「わかりやすい」システムを目指し、適宜リニューアルを行っており、インターネット初心者や初めて介護サービスを利用される方でも簡単に利用できるシステムとなっています。

厚生労働省 「介護サービス情報の公表制度」より


 

地域包括支援センターでのやり取りで注意していたこと


地域包括支援センターは、2005年の介護保険法改正に伴って創設された公的な相談機関です。

*地域包括支援センターがどこにあるのかわからないときは、市区町村のWebサイトを確認するか、そこの介護保険担当の窓口に電話をすれば、簡単に調べられます。



地域包括支援センターに相談に行ったときは、できるだけ話がずれないよう気を付けました。

息子のときには(重い知的障害がありました)感情面が先に出てしまい、何をどうしたいかうまく伝えられなかったからです。


義母のときには、次のようなことをまとめてから行きました。


●自分は、親の介護で何が不安か
●自分は、親にどんな介護サービスを使ってもらいたいか
●親は、生活面でどんなことに不安があるか
●親は、介護サービスを使うことを了解しているか
●親は、どんな場所で暮らしたいと思っているか




福祉とわたしと息子


先にも書いたように、地域包括支援センターの人には、息子の時も大変お世話になりました。

当時は、息子が成人してからお世話になるかもしれない新施設の見学などにも、担当の人が同行してくださいました。

まだ、この「地域包括支援センター」というものも設置されたばかりでした(2005年の介護保険法改正にて)

話が逸れていてすみません。こうしてキーを打っていると懐かしくて。

こんなテーマも作っています、興味のある方はご覧ください。

家族ブログテーマ
障害児の家族ってのもいいかも


今は仕組みが変わっているかもしれません。

でも、現場へ行ってアドバイスをもらえたのはありがたかったです。

一人暮らしをしている実家の母も、もし危なっかしくなってきたら、まずここへ相談することになると思います。




どうすれば介護の情報をもらえるか


知りたい情報をまとめておく


「どうすればそんなふうに案内してもらえますか」というメールを、以前いただいたことがあります。

「遠慮せず、断られてもいいと思いつつ何でもお願いしてみました」というお返事をしました。

自分であるていど調べておいてからにすると、スムーズに話ができると思います。


●リハビリに熱心な施設はどこですか・見学はできますか
●新しい施設が出来るそうですが、いつ頃どこにできますか
●本人がデイサービスへ行くのを嫌がったときは、どうすればいいですか


向こうから何かを提案してくださることはないという前提で動いたほうがいいです。

私は、厚かましいぐらいの気持ちで情報を取りに行っていました。




介護経験のある人の話は勉強になる


費用の面はネットで調べればたくさん役に立つ情報が出てきますので、自分で調べられます。

施設ごとに違う費用については、担当のケアマネさんが決まってから比べたり考えたりしても遅くありません。

ただ、介護を誰がするかについては、アドバイスはもらいにくいと思います。

私は、どんな例があるか、介護専門サイトなどのQ&Aコーナーを参考にしてきました。

また、冒頭のツイートのように、介護経験のある友人たちの話も聞かせてもらっています。

実際に経験している人たちの話は現実的でわかりやすく、参考になります。




終わりに


まだまだ親の介護は始まったばかり。この先どのように変わっていくかもわかりません。

だからこそ、独りよがりにならないよう視野を広げておきたいです。

そして、取れる情報は貪欲に取りにいき、できるだけラクで後悔のない介護をしていきたいと思っています。

ブログランキングに参加しています。下の2つのバナーをクリックして下さるとうれしいです。応援、いつもありがとうございます。

 


シニアライフランキングの人気記事へ



ブログ村テーマ
捨てても、大丈夫だったもの

手帳とノートで暮らしを楽しむ

私の人生を変えた一冊

貯金、貯蓄、家計、お金に関すること

50代からのファッション

白髪染め、ヘアカラーについて



人気の話題はランキングで読むこともできます。

断捨離・ブログランキング

50代ファッション・人気ブログランキング

シンプルライフ・ブログランキング

50代の生き方・ブログランキング







書籍を出版いたしました。モノも迷いも手放して暮らしをラクに。

スポンサードリンク

原田さよ

片付けられなかった経験をもとに、物を減らしてゆったり暮らせるようになった経緯や、少ない服で楽しむ工夫などを綴っています。
FC2ブログ公式ブロガー。

●くわしいプロフィール
お問い合わせはこちらへ
プライバシーポリシー
Twitter
●コラム
『毎日が発見ネット』
●掲載誌
雑誌「毎日が発見」2017年6月号、2019年9月号
●著書
「今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」

服や雑貨をご提供いただいています

最新記事

やめてみた。狭いリビングが整ってきたきっかけ Sep 30, 2020
古くても着ていい服。判断しているポイントはこれ Sep 29, 2020
これは快適!ごちゃつく靴下の収納がダイソー仕切りつきケースでスッキリ Sep 28, 2020
秋に映える可憐なアクセサリー、長く使えるTIFFANY ビーンデザインペンダントほか Sep 27, 2020
カッコいい50代の生き方をついつい真似したくなるが Sep 25, 2020
義母を捨てて一人になりたいと思った Sep 23, 2020
大人気の洗えるマスク、男性用も買ってみた Sep 21, 2020
4連休中におすすめの片付けや家事 Sep 19, 2020

タグリスト

月別アーカイブ

お知らせ

前のブログです。今もときどき更新しています。
『家も自分も好きになる暮らし』

検索フォーム

ページトップへ戻る